地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< バルセロナの食べ歩き方:エルチェ(Elche)その3 | TOP | とっても素敵な出会いがありました:岡部明子さんとグラシア地区を歩く >>
スペインの新築・賃貸住宅のドキュメンタリー (Callejeros: Alquilado, Viernes 13 de febrero a las 22h30, TV Cuatro)
先週の金曜日の夜(2月13日)の事だったのですが、何気なくテレビ(スペインチャンネル:Cuatro)を見ていたら、バルセロナとマドリッドの新築・賃貸住宅関連のドキュメンタリーを放送していました。(Callejeros: Alquilado, Viernes 13 de febrero a las 22h30)

個人的にスペインの住宅事情にはとっても興味があるので、当ブログでは事ある毎に新築住宅価格や賃貸住宅価格の推移などをレポートしてきたんですね。(バルセロナの住宅問題バルセロナの住宅事情2バルセロナ賃貸住宅価格事情と新築価格事情バルセロナ賃貸住宅価格事情その2:地中海ブログ)

それによると、去年の第二四半期(4,5,6月, 2008)の特徴は賃貸住宅価格の上昇でした。前年の同時期比で10%の上昇を示していました。上昇の理由は、スペイン不動産業の崩壊(世界経済危機よりも前)に伴って、それまでバブルの様相を呈し、飛ぶように売れていた新築住宅がさっぱり売れなくなった事に起因すると考えられていました。あまりにも馬鹿げた住宅価格(実質価格の30%増し:EU調査委員会のレポート)と、国民の間に広がった停滞感が住宅を「買う」という選択よりも「借りる」という選択の方にシフトさせたんですね。

今回のドキュメンタリーでは世界同時経済危機後の、スペインを取り巻く住宅事情がレポートされていたのですが、ココに来て状況は又一変していると言う事が報じられていました。

今回の経済危機によって、国民が新築住宅に手を出さなく(出せなく)なっているのは、多分何処の国も状況は同じだと思うのですが、スペインが他の国と一線を画するのは、スペインでは経済危機に入る前は経済的バブル状況が続いており、それを引っ張っていたのは不動産業だったと言う事だと思います。当時はそれこそ破竹の勢いで新築住宅がどんどんと建設されていたんですね。しかしながらその後、経済危機が訪れ、皆、高い買い物は避けるようになりました。

その結果、今の状況はと言えば住宅余り状態。新築を建てたのは良いけど、買い手がさっぱり無いという状況です。そんな中、不動産屋が講じた手段は、それら新築を賃貸にして少しでも収入を得ようという、正に背水の陣的戦法。更にその後、その賃貸住宅を購入したい人には特別価格で売るという、スーパー特別セールまで展開する不動産屋も現れる程。それほど、スペイン不動産業は切羽詰まっていると言う事です。

さて、このような新築住宅余り状況が引き起こしたのは、興味深い事に大量の賃貸住宅の供給でした。その結果、驚くべき事にスペインの賃貸住宅価格が下がってきています。そのドキュメンタリーに登場していた不動産屋によると、平均約20%下がっているとか。一昨年や去年までだったら、2部屋+居間+キッチン+バスルームでそれなりの大きさ(60-90平方メートル)の物件を探そうと思ったら、1200-1500ユーロは当たり前だったのが、最近、1000ユーロを切っても、このクラスの物件が出てきています。

今年の第一四半期の発表はまだ先の事になると思うのですが、ちょっとすごい事になってそうな予感がします。
| バルセロナ住宅事情 | 21:25 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
去年の4月にマラガ、スペインに家族で行った時、地中海沿いに立つ予定の
コンドの購入を決めました。今、残りの頭金を支払っている途中ですが、、しばらく前に今年の12月末に完成予定だったはずが遅れているというメールが
入ったきり、その後ウエブサイトのほうもアップデートされていません。すべてにおいて、スペインは動きがスローですが経済的にも金融危機の影響を受け
建設中のコンドなどが進んでないような動きがある中、離れているのもあって
不安で仕方ありません。スペインにお願いしている弁護士もいるのですがこれまた対応が遅く、、信用が出来るような、出来ないような、、。まめに行って
自分の目でチェックするしかないのでしょうか?ちなみにCalaceite residencial(Grupo el Fuerute)in Torrox,Malaga です。

| topi nagase | 2009/05/27 9:46 PM |
topi nagaseさん、こんにちは。
正直言って、僕のカバー範囲外の事なので、全く分からないというのが正直な所なのですが、やはりこういう場合は弁護士に頼るしか無いと思います。弁護士の方はスペイン人でしょうか?もしご不安なら在スペインの日本人弁護士に相談するとか、もしくはスペインの大手事務所に頼むかした方が良いのではないか?と思われます。

ハッキリ言って、スペイン人はいい加減です。特に日本にお住まいの方にとっては信じられないくらいいい加減な事を言ったりしたりします。

故に信用できる弁護士に頼む事が大変重要だと思われます。そうなると、やはり大手弁護士会社とか同じ日本人弁護士という事になると思われるのですが・・・。

申し訳ありませんが、これくらいしかアドバイス出来ません。
| cruasan | 2009/05/30 2:49 AM |
コメントする