地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 仕事納めとヨーロッパのクリスマス | TOP | ローマ(Roma)旅行2008その2:サン・ピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro)その1:プロジェクトの壮大さの後ろに見える人の影 >>
ローマ(Roma)旅行2008その1:アクセッシビリティ評価
前回のエントリで予告したように、昨日の朝からローマ(Roma)に来ています。
イタリアです。
「ルネサンス、情熱」です。
2年振りのローマの休日です!

前回来た時は滞在期間が3日と短かったので、主要な観光名所を駆け足で回るという、まあなんとも忙しい日程でした。というのも僕はローマをなめていたんですね。「ローマ時代の遺跡なんて見たってなー」とか、「宗教画なんてマドリッドのプラド美術館で死ぬ程見たしなー」とか、かなり生意気な事を考えていました。そんな僕の鼻を見事にへし折ってくれたのがラファエッロ(Raffaello Sanzio)でありベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)だったんですね。彼らの作品を目の当たりにした時の衝撃は今でも昨日の事のように覚えています。

この街って「全ての道はローマに通じる」とか偉そうな事言ってるけど、偉そうな事言うだけの事は確かにある。なんたって1500年の歴史を誇るかつてのローマ帝国(Roman Empire)の首都であり、カトリックの総本山、バチカン市国(State of the Vatican City)がありますからね。ヨーロッパに住んでいるとイヤと言う程思い知らされるのがキリスト教の力であり、その浸透力。日常生活の根幹を担っているのがキリスト教なのですから。そしてそれらが生み出した芸術の数々・・・そんな星のかけら達が至る所に散りばめられている街、それがローマです。

と言う訳で2回目にも関わらず非常に楽しみな旅になりそうです。

まあ、とりあえず何時ものように都市アクセッシビリティ評価からいってみたいと思います。ローマの主要空港であるレオナルド・ダ・ヴィンチ空港(フィウミチーノ空港(Fiumicino))から市内までは電車かタクシーでアクセスする事になります。今回僕は空港⇔テルミニ駅(Termini)間を結んでいる直通列車(Leonardo Express)を利用する事にしました。

飛行機を降り税関カウンターを出て列車のターミナルを探すが・・・案内板が無い?ちょっと焦る(汗)。10分程ウロウロしたけど、結局見つけられず仕方無く係員の人に道を聞く。どうやら飛行機が着いたロビーが連絡通路からはちょっと離れた所だったのと、ローマで使用されている列車マークが列車に見えなかったのが原因。

この間、約20分。案内板の件もあるけど、空港出口からターミナルまでがちょっと離れてて分かりにくいかなとは感じました。

なにはともあれ、テルミニ駅までのチケットを購入して列車に乗り込む。電車は約30分おきに出ているようですが、料金は一人11ユーロ。これは高い!フランクフルトが15分おきで所要時間15分、3,5ユーロ。バルセロナが30分おきで所要時間20分、4ユーロの事を考えると、コレは高すぎ。

更に更に車内で大問題が発生しました。このチケットは窓口で買うだけでは十分ではなくて、乗車前に自動検察機に自分で通して日付けを押さないといけないらしいんですね。しかし時既に遅し。列車が発射してからその事に気が付きました。さもないと最悪罰金を支払う嵌めになるとかなんとか。「え、何ソレ」みたいな(怒)。「聞いてないよー」。おかげで到着までの約30分間はかなり緊張&不愉快な思いをしました。まあ、結局、駅員さんが見回りに来なかったので何事も無かったのですが・・・コレは不親切極まりない!イタリアだからしょうがないのか???皆さんも気を付けてください。



追記その1:腹が立ってたので忘れていましたが、この列車は街の中心までちゃんと連れて行ってくれます。そこは問題ありません。しかし上述のように料金とサービス(列車内はお世辞にも居心地が良いとは言えません。)を考慮すると、都市アクセッシビリティとしては中の下くらいでしょうか。

追記その2:市内から空港までの帰り道も同じ列車に乗ったのですが、2009年度は料金が上がり12ユーロとなっていました。今回は列車発着駅から空港内へと行きとは逆順序で進んでいったのですが、この空港と列車の連結構造は極めてシンプルだという事に気が付きました。各空港ターミナルから連絡通路が腕のように伸びているだけなので、アクセスは分かりやすいはず。問題は搭乗出口が1階で連絡通路入り口が2階であり、その案内表示の分かりにくさの問題だと思いますね。

もう一つは切符のセルフサービスの件ですが、これも帰り際に見てきました。よーく見ると確かに黄色いボックスが列車の前に幾つか並んでいました。



皆さんも気を付けてください。
| 都市アクセッシビリティ | 23:20 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする