地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 建築家、坂茂(Shigeru Ban):デザインの本質を見せ付ける見過ごされがちな彼のデザイン力 | TOP | スペイン国王夫妻、フアン・カルロス一世国王(Don Juan Carlos)とソフィア女王(Dona Sofia)日本訪問 >>
ホテルの歩き方:マドリッド(Madrid)のホテル:Hotel Spa Senator Espana
今日から新しいカテゴリーを始めたいと思います。その名も「ホテルの歩き方」。というのもヨーロッパ旅行でホテルを予約する時はほとんどブッキング(booking.com)で探して予約するのですが、そこに掲載されている口コミだけではちょっと物足りないし情報が少ない様な気がするんですね。写真も付いてないし。で、ネットで探してもホテル情報を詳しく掲載しているブログもあまり見かけない・・・。

海外旅行におけるホテルの比重は人によって様々です。思いっきりリラックスしたい人、寝られればいいという人、旅行に来た時くらいは超ゴージャスな気分を味わいたいという人・・・。僕は旅行に行く時は思いっきりリラックスしたい派なので、値段は少々高くても良い部屋を提供してそうなホテルを選びます。という訳で当ブログの新カテゴリ、「ホテルの歩き方」で照準を合わせるのは4つ星のリラックス派ホテルですのでご了承を。

さて、記念すべき第一回目は先週行ったマドリッド(Madrid)のホテル、Hotel Spa Senator Espanaからです。
基本情報:コンタクト

住所:Gran Via 70
Tel: +34915228265
Fax: +34915470892
メールアドレス:senator.espana@playasenator.com

今回はシングルルームを予約しました。朝食抜きで2泊172ユーロ。つまり一晩86ユーロ。4つ星ホテルとしては安い方ですね。

場所は、マドリッドの中心街を貫くグランビア通り(Gran Via)の終点近く、スペイン広場の直ぐそばに位置しています。マドリッドの中心街には徒歩5分、プラド美術館などにはホテルの目の前にあるバス停からバス5分+徒歩5分で行く事が出来ます。更に地下鉄駅Plaza Espanaの入り口が徒歩1分の所にあるので市内へのアクセッシビリティは申し分無いと思います。

チェックインカウンターの人達は英語が堪能でスペイン人にしては驚く程テキパキと働いていました。観光の質問などにもとても真摯な態度でしたし。ホテルの地下にはレストラン、そしてチェックインカウンターの前にはカフェ&バーがあり、沢山の観光客で賑わっていました。

今回通された部屋は10階の1005号室。部屋に入ってビックリ。



テラス付きのプチスィートっぽいじゃないですか!テラスからは王宮が見える見晴らしの良さ。





部屋は広々とした寝室と、コレマタ広々としたバスルームが扉で仕切られていて、その扉を閉めると廊下と遮断される為、室内は静寂そのもの。道路の騒音は勿論、隣の部屋や上階の音なども響きません。バスルームには日本人にはうれしいバスタブ付き。更に備え付け冷蔵庫の飲み物などはタダ。更に更にインターネットが無料というのはウレシイ。良くありがちな個室ではつながりにくいというわけではなく、アンテナがビンビンに立っていました。

朝食込みではなかったので朝食がどんな状況なのかレポート出来ないのですが、どうやら朝食は地下のレストランでブッフェっぽかったです。

キレイだし広いしサービスもいいし、総合的にこのホテルはお薦めですね。
| 旅行記:ホテル評価 | 23:06 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする