地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< ハプスブルグ家(Habsburg)のお膝元、ウィーン(Vienna)で過ごす2008年9月11日 | TOP | ウィーン旅行(Vienna / Wien)その2:スティーブン・ホール(Steven Holl)の建築:ロイジウム(LOISIUM Kellerwelt):行き方 >>
ウィーン旅行(Vienna /Wien)その1:都市アクセッシビリティ評価
前回のエントリで少しだけ触れたように、先週の水曜日から一週間足らずウィーン(Vienna / Wien)へ行って来ました。今回の主目的は仕事だったのでゆっくりと観光という訳にはいきませんでしたが、要所だけは押さえてきたので今日から数回に分けてレポートしていきたいと思います。

先ずは何時ものように都市アクセッシビリティ評価から。ウィーンへの飛行機は全てウィーン市の南東約20キロの所に位置しているウィーン国際空港(ウィーン・シュヴェヒャート空港( Vienna International Airport))に到着します。ここから市内へは鉄道かバス、もしくはタクシーを利用する事になるのですが、僕は一番手っ取り早かったバスを利用しました。

税関を出た直ぐの所に止まっているバスは30分毎に街のほぼ中心部に位置するモルツィンプラッツ・シュヴェーデンプラッツ( Morzinplatz, Schwedenplatz)へと我々を運んでくれます。料金は6ユーロで所要時間は約20分。これは早い!しかも安い!!本数が少ないのが気になりますが、所要時間だけでいったらフランクフルト並みです。つまりヨーロッパ最高峰のアクセッシビリティを誇ると言えると思います。

市内へのアクセッシビリティの重要性については当ブログで散々議論してきた所なのでココでは詳しくは書きませんが、都市アクセッシビリティ関連でどうしても書いておかねばと思うのが市内の状況です。ウィーン市内には縦横無尽に公共交通機関(地下鉄、バス、路面電車)が張り巡らされていて、何処へ行くのにも先ず不自由はしません。

しかしそれ以上に快適なのがこの街のスケール感なんですね。13世紀以来この地を支配してきたハプスブルグ家(Habsburg)の影響かどうか分からないのですが、この街は非常に人間のスケールに合わせて創られています。長く王朝が置かれた都市というのは王宮やら貴族の邸宅やらで何かとヒューマン・スケールを逸脱してしまう事が多いのですが、ウィーンは不思議と人間のスケールが保持されているように感じます。

そして環状路面電車が走っているリンク内だけでなく、少し中心地から離れた所でさえも至る所に大変賑わっている歩行者空間を見出す事が出来ます。



さて、アクセッシビリティ関連でもう一つ。帰りの空港での出来事だったのですが、驚くべき事に出国ゲートでの荷物検査が無かったんですね。あったのは飛行機チケットのチェックだけ。僕はココ数年、ヨーロッパ都市を旅行しまくっていますが、出国ゲートでの荷物検査が無かったのはウィーンが初めてです。これは気持ちが良い。

手荷物、ポケットの中の物、ベルトからラップトップまで全て空けなければならない苦痛と、長蛇の列を経ずに出国ゲートを通る快感といったらありませんでした。今では幾度となく繰り返される検問が当たり前になってしまったのですが、きっと以前はこんな風に素通り出来たんだろうなー、とか思ってしまいます。

テロを警戒しなくても良い、そんな時代がもう一度来るのでしょうか?不安ベースの社会から信頼ベースの社会への移行。もしくは未だ我々が眼にした事が無いような社会への到達。我々の人間性が真に問われる時代が来そうです。



しかしですね、こんな快感が続いたのはホンの束の間の事でした。ウィーン空港での荷物チェックは出国ゲートではなく、飛行機へ乗る直前の個別搭乗ゲートで行われていたんですね。

これははっきり言って不快感極まりない。普通なら搭乗手続き30分くらい前までに搭乗ゲートへ行けばよいのに、この空港の場合は1時間前に並ばなければなりません。更に一度搭乗ゲートを通ってしまうと、そこから出る事は出来ず、ほとんど監禁状態。つまり旅行の最後の醍醐味である空港でのショッピングが思いっきり楽しめないんですね。これはちょっと酷い。というかシステムとしてかなり下手だと思います。これによってウィーン市は観光客にしてもらえるはずの売り上げの何パーセントかを確実に失っていると思います。

その反対に僕が「へぇー」っと感心したのがコレ。





ウィーン空港のほぼ全域で無線LAN(インターネット)が無料で提供されているんですね。だから空港では至る所でラップトップを広げネットに繋いでいる人達を見かけます。このような試みは結構ありそうで無かったサービスだと思います。実際僕はヨーロッパの空港では見た事がありませんでした。バルセロナは勿論、パリやフランクフルトも有料でしたし・・・。

個人的にネットへの接続障壁は下げるべき(つまり無料化すべき)だと思うのですが、そういう意味で言うとウィーン空港のサイバースペース(大枠で言う所のパブリック・スペース)へのアクセッシビリティに関しては満点に近いような気がしますね。
| 都市アクセッシビリティ | 23:27 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする