地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< バルセロナ賃貸住宅価格事情と新築価格事情 | TOP | 最近日本ではスペイン語が流行っていると聞いて >>
スペイン留学について
最近、色々な所を通じてスペイン留学についての質問を受けます。多い時では一日に3通ものメールを受け取る事もザラでは無くなりました。メールを頂いた時は出来るだけ返事を書くようにしていますが、仕事の都合などから返事が遅くなったり出来なかったりする事が多々あります。この場を借りてお詫び申し上げます。

さて、今日僕がこのエントリを書こうと思った理由の一つはフランスに留学されている方の大変素晴らしいサイトに出会ったからです。

Madeleine Sophieさんによる「フランスへの日々」

彼は「何故フランスに留学するのか?」という質問に大変判り易く、且つ理路整然と答えられています。特に「EU拡大と世界最大統一市場における日本人の人材不足」を見据えた長期的戦略は、僕がこちらに来た理由と重なる所が多々あり、新鮮な驚きですらありました。事実僕は今スペインの公共機関で都市計画関連の欧州連合プロジェクトスペイン国内プロジェクトを担当しているのですが、このような環境で働き始めて5年近く経ちますが、カタルーニャ州政府、市役所関連は勿論、欧州連合プロジェクトですら未だかつて同じ境遇で働いている日本人に出遭った事はありません。

その一方で、日本人の人材需要は明らかにあると日々感じています。勿論中には「欧州の税金で賄われているプロジェクト、しかもアメリカや日本に対抗する為のプロジェクトになんで日本人が居るんだ!」という人も居ない事はありませんが、それを差し引いたとしても全く違う文化から来た日本人の発言を大変興味深く、チームに多様性をもたらすものとして見なしてくれるポジティブな意見が大多数を占めていると思います。

このような状況を考えた時、人生の中においてヨーロッパ留学という選択肢は大いに有り得ると思います。とは言っても留学は楽しい事ばかりではありません。僕も何度帰ろうと思った事か・・・。例えば言語問題。言語を身に付ける事は勿論簡単ではありません。それこそ血の滲むような毎日の努力が必要です。ちなみにバルセロナで生きていこうと思ったら、スペイン語に加えて英語とカタラン語が必要です。「スペインではスペイン語が話されている」と日本では思われていますが、スペイン語というのはスペインで使用されている4つの言語の総称なんですね。バルセロナを首都とするカタルーニャ地方ではカタラン語が日常語として使用されているので、生き抜いていく為にはカタラン語がある程度理解出来る事が必須なんですね。

しかしそんな途方も無い努力をしたとしても、苦労をする価値は十分にあると僕は思います。もっと言っちゃうと、僕達の世代辺りから(1970年代後半)、日本人の言語を取り巻く状況が変わってきているような気がします。生れた時からある程度豊かな生活をし、海外旅行が当たり前になり、海外留学すら誰でも気軽に出来る世代。この世代では英語が出来るという事が競争力にならなくなりつつあるのではないでしょうか?はっきり言って英語はしゃべれて当たり前の状況になりつつある。その上で第三言語をどうするか?に世界状況は変わってきている気がします。

そんな状況下における言語選択を考えた時にMadeleine Sophieさんの言われるように、EUオフィシャル言語であるフランス語という選択には全く賛成します。(余談ですが、ついこの間行われたユーロビジョンでもオフィシャル言語として英語とフランス語が併用されていました。なんて強いんだ、フランス語!!)その上で言わせてもらうと、スペイン語という選択肢もありだと思うのが僕の立場。

先ず第一にスペイン語を操れる日本人の圧倒的な少なさ。近年留学生が増えてきたとは言われるものの、留学メジャー国に比べるとまだまだ少ないというのが実情だと思います。
第二に世界市場におけるスペイン語圏の影響力の大きさ。スペインは元より南米そしてカリフォルニアを始めとする全米でスペイン語は話されています。そしてEUにおける近年のスペインの弾頭。特に当ブログで何度も取り上げている「地中海の弧」同盟はバルセロナがイニチアティブを取っていますし。などなど、挙げればキリがありません。

住み慣れた国を離れて他国で暮らす留学に困難は付き物です。それこそ毎日が戦いだと言っても言いすぎだとは思いません。そんな状況下で最終的に一番大事なのは「生きていく力」だと思います。どんな困難に遭遇しても考えて切り抜ける力と根性ですね。

皆さんがんばりましょう。
| 大学・研究 | 19:29 | comments(1) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
cruasanさん、ご紹介ありがとうございます。

僕自身は今はスペイン語までは手が回りませんが、スペイン語が出来る日本人の重要性は非常に良く分かります。アメリカのヒスパニック人口や台頭する南米を見ても重要性が増しそうだと思います。苦労してスペイン語を獲得すれば、似ている言語のフランス語やイタリア語の習得も容易になるそうですしね。

お互いがんばりましょう!
| Sophie | 2008/07/07 1:50 PM |
コメントする