地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< エンリック・ミラージェス(Enric Miralles)の建築その2:バラニャ市民会館(Centro Civico de Hostalets de Balenya)に見る建築の質:社会文化の表象としての建築:ミラージェスの場合 | TOP | マニュエル・ボルハ・ビジェル(Manuel J. Borja-Villel)の都市戦略:国立ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia)を通した21世紀の美術館の在り方 >>
ミーティング三昧
今週はミーティングの嵐です。とりあえず今日は午前中に2つ、ロボット関係のミーティングがカタルーニャ工科大学(Universidad Politecnica de Catalunya)内であって、その後駆け足でバルセロナバス会社(TMB(Transport Metropolitan de Barcelona))へと急ぐ。

先ず今日のロボットミーティングのお題は2009年に行われる人間・ロボットのインタラクションの実験を何処で行うかの話し合い。現行の法律では公共空間にロボットを置く事は出来ないので、実験を行う為にはそれを少し改正する必要があるんですね。何故ならロボットは車でも無いしバイクでもない。自転車でもないし人間でもない。それを動定義するかという事を含めて、僕達が担当するというわけ。まあ、時間をかければ何とかなるかなというのが僕の感じなのですが、何が起こるか分からないので早く決めてしまう事に越した事は無い。更にこの後、この法律を元にして欧州連合の法律にしてしまおうという裏があるので、結構気の長い話だ。

午後のバス会社との話し合いは、バルセロナバス路線改正プロジェクトバルセロナ新バス停プロジェクトお財布ケータイプロジェクトという現在進行中のプロジェクトとは別の新プロジェクト。まだ詳細は書けませんが、バルセロナ市役所(Ayuntamiento de Barcelona)、カタルーニャ州政府(Generalitat de Catalunya)は勿論、沢山の私企業やアメリカ、イギリスを始めとする大学等も参加する予定。気の長いプロジェクトになりそうなのですが、きっと面白くなると思います。

それにしても忙しい。まるでスペインに居るんじゃないみたいだ。おかしいなー。
| 仕事 | 22:23 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする