地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< バルセロナの新たなる都市戦略:ビルバオから学ぶバルセロナ都市圏再生の曙 | TOP | アルヴァロ・シザ(Alvaro Siza)の建築:コルネリャ・スポーツセンター(El Parc Esportiu Llobregat de Cornella)その3:シザの新たな建築形態言語での不思議な空間体験 >>
アルヴァロ・シザ(Alvaro Siza)の建築:コルネリャ・スポーツセンター(El Parc Esportiu Llobregat de Cornella)その2:行き方
以前のエントリ、アルヴァロ・シザ(Alvaro Siza)の建築:コルネリャ・スポーツセンター(El Parc Esportiu Llobregat de Cornella)でも書いたのですが、バルセロナに近接する街、コルネリャ市にはアルヴァロ・シザ設計による複合スポーツ施設があります。

この施設は公共の施設なのですが、会員にならないと中へは入らしてもらえません。(受付ホールは見学・撮影OK)この建築のメイン空間である天井に幾つも丸穴が空いたプール空間へは入場料(15ユーロ)を払わなければ通してもらえないんですね。「えー、高いなー」とか思いつつ、よく聞いてみたら毎週水曜日の午後は建築家達の為に特別にプール見学を無料でやっているとの事。さすがに世界のシザらしく、ここカタルーニャにおいても建築家達の関心の高さ・人気の高さには絶大なものがあります。

という訳で早速、仕事の合間に時間を作って見学に行ってきました。先ずは恒例の「建築の歩き方」から。

バルセロナの中心に位置するスペイン広場(Barcelona-Pl.Espanya)から国営鉄道FGC(Ferrocarrils de la Generalitat de Catalunya)に乗ってコルネリャ−リエラ(Cornella-Riera)駅まで行きます。コルネリャ駅にはスペイン広場から出る全ての鉄道(S33, S8, R6, S4, R5)が停車するので、スペイン広場駅に着いた時に目の前に待っている鉄道に飛び乗ればOKです。本数は限りなくあるので心配する必要は無いでしょう。スペイン広場からコルネリャーリエラ駅までは約15分です。

唯このコルネリャ駅というのは、以前紹介したアントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)の最高傑作と名高いコロニア・グエル教会最寄の駅である、コロニア・グエル(Colonia Guell)駅と同じ線上にあるので、教会に行った帰りにシザの建築に寄るという時間節約が十分に可能です。その場合は、行きにコロニア・グエル駅に止まる(S33, S8, R4)線に乗って、帰りはコロニア・グエル駅に到着した電車に乗って3つ先のコルネリャ駅で降りるという順序になりますね。

さて駅からスポーツ施設への行き方なのですが、とりあえず駅の地上に出ます。すると結構広い通りに出ます。



駅出口とは反対方向へ3分ほど進みます。





すると右手側に青の背景に黄色の文字でCaixa Laietanaと書かれた特徴的な銀行が見えるはずです。



そこを右手に曲がり、更に2分程直進します。突き当たりが自動車道なのですが、そこから直ぐに真っ白なスポーツセンターが見えるはずです。



駅からスポーツセンターまでは所要時間約10分といった所ですね。

アルヴァロ・シザ(Alvaro Siza)の建築:コルネリャ・スポーツセンター(El Parc Esportiu Llobregat de Cornella)その3:シザの新たな建築言語で不思議な空間体験をするに続く。
| 建築の歩き方 | 16:45 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする