地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< マドリッド旅行その4:ラペーニャ&エリアス・トーレス(Jose Antonio Martinez Lapena and Elias Torres)の建築その1 | TOP | スペイン、サパテロ新内閣(Jose Luis Rodriguez Zapatero):セレスティーノ・コルバッチョ(Celestino Corbacho)労働・移民相(Ministro de Trabajo e Inmigracion)とスペインの移民問題 >>
スペイン、サパテロ新内閣(Jose Luis Rodriguez Zapatero)
2008年4月12日、サパテロ首相(Jose Luis Rodriguez Zapatero)は第二期目となる新内閣名簿を発表しました。各種新聞で報じられている通り、今回の内閣の目玉はなんといってもカルメ・チャコン(Carme Chacon)の国防相(Defensa)就任でしょうね。以前のエントリ、スペイン総選挙その1その2その3で書いたように、今回の総選挙における彼女の活躍ぶりを考慮に入れれば当然と言えば当然といった所でしょうか。スペイン史上、女性が国防相に就任するのは始めて。大体、カタラン人が国防相に就任するのはナルシス・セラ(Narcis Serra)以来です。更に彼女は37歳と若く、しかも妊娠中ときているから自然と世間の注目は彼女に集まります。

ただ一つ引っかかるのは、もう既に国防省から保守的な不満の声が出ている事です。つまり若い女性に我々のトップが務まるのかと・・・。そしてそれは十分に予想できた事。サパテロは彼女を内閣の重要な要である国防相に任命した事で、一応総選挙の恩をカタルーニャに返しつつも、「もしまとめきれなかったら、後の事は知らないよ」という大変に微妙な立ち位置を与えたとも読める。(深読みしすぎか)

まあ、実際の所は一番実現したかった男女の数を平等にした上で、何処に女性でカタラン人であるチャコンを入れるかを消去法で選んでいって決まったぽい。つまりあまり何も考えてなかったというのが実際の所なのでは?

あと新聞を賑わしているのは新しく設立された平等相(Igualdad)に若干31歳のビビアナ・アイド(Bibiana Aido Almagro)が任命された事が注目されていますね。さっぱり知られていない彼女の抜擢には驚いた人が多いはず。アンダルシア地方で活躍する政治家を父親に持ち、小さな頃からスペイン社会労働党(PSOE)発祥の地であるアンダルシアで権力の中枢に居たというコネありあり且つ、現在フラメンコ振興団体(la Agencia Andaluza de Flamenco)のディレクターを務める彼女が、任命を知らされた時発した言葉が、「パパ、私大臣に任命されちゃった!(Papa, me van a nombrar ministra)」・・・ハハハ・・・大丈夫かスペイン!

ここまでは結構冗談なのですが、今回の組閣で注目すべきはセレスティーノ・コルバチョ(Celestino Corbacho)が労働・移民相(Trabajo e Inmigracion)に抜擢された事です。彼はバルセロナ近郊に位置するホスピタレット市(L'Hospitalet de Llobregat)の市長を長年勤めてきた実践派。ホスピタレット市というのはどんな所かというと、バルセロナ市内の諸問題を一手に引き受けているような所です。つまり「バルセロナモデル」と呼ばれる都市計画で綺麗な顔を創った末に出てきた吹き溜まりや、観光客のイメージを捏造する為に絶対に見せたくない一面を掃き溜めのように押し込んだ地域がホスピタレットなんですね。

故にホスピタレットの移民率は40%を超えるという、ちょっと普通では考えられないような状況が生じています。更に昨年は高速鉄道問題(AVE)の舞台になったのもホスピタレットだったという事は記憶に新しい所です。

そんな諸問題を長年扱ってきた市長がその実力を買われて大臣になったというのは納得のいく選択。特に今後、スペイン全土で大問題化するだろう移民問題に早くから直面し、解決策を現場で模索してきた彼の経験がきっと役に立つと期待されての事だと思います。

それにしてもここの所のバルセロナ郊外勢=リョブレガット勢(Baix Llobregat)の躍進はものすごい。カルメ・チャコンのエスプルーガス(Esplugues de Llobregat),現カタルーニャ州知事であり元大臣のホセ・モンティーリャ(José Montilla Aguilera)のコルネリャ(Cornellà de Llobregat)、そして今回のセレスティーノはホスピタレット(L'Hospitalet de Llobregat)。これこそバルセロナの本当の問題はバルセロナ市内ではなく、バルセロナ郊外に広がっているという証拠であり、それを解決している手腕が今、スペインに必要とされているという事なのではないでしょうか。

何故ならジョゼップ・フォンターナ(Josep Fontana)の言葉を借りれば、ヨーロッパが歴史的に大衆を野蛮人という地位に押し込める事によって発展してきたのと同じように、バルセロナという都市は「市民を蛮族という地位に押し込め」、郊外へと葬り去る事で成立してきた都市なのだから。
| スペイン政治 | 16:46 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする