地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< バルセロナ守護聖人の日: サンタ・エウラリア (Santa Eularia) | TOP | 人は何故生きるのか?:風の谷のナウシカ >>
パーソンカウンター(Person counter)
昨日はパーソンカウンター開発プロジェクトの為にフランスの某社と打ち合わせ。このプロジェクトはここ3年程関わっている比較的長期的なプロジェクトです。

パーソンカウンターとは何かというと、その名の通り「人の数を測る機械」です。デパートや展覧会場などに行くと良く見かけるのですが、公共空間という室外を対象にしたカウンターはあまり出回っていません。何故か?ずばり需要が無いからです。

この「需要が無い」というのは驚くべき事実なんですね。特に建築家や都市計画家、アーバンデザイナーはこの点に驚くべきであると思います。何故なら建築家は「人が何処から来て何処へ行くのか?」や「何人の人が通りを利用するのか?」といった基本的なデータを用いる事なく勘でデザインしていると言えるからです。「この通りは人通りが多いから」とか「ここにショッピングセンターがあるから人の流れの軸が出来る」とかいうのは建築家がよく使うお決まりの言語ですね。

建築学科出身で建築家だけが働く建築事務所に居た頃はそれが当たり前と思っていましたが、他の職業の人達と働く様になってからその思考がいかに異様かという事を認識するようになりました。建築家が使っている分析手法や言語は大変曖昧なものであって建築界では通用するかもしれないけれど、他分野の人を納得させようと思ったら先ず通用しません。これは建築家という制度の大衆化によって引き起こされた事だと思います。当ブログではそれを「建築家としての職能」という題名でシリーズ化しています。

さて、そんな背景があって僕がイニシアティブを取る事によって「パーソンカウンタープロジェクト」は始まりました。

とりあえず、現在開発されているカウンターを眺めてみると、歩行者の探知方法によってそれらは2種類に分ける事が出来ると思います。一つはカウンター自身が信号を発し人を探知する事によってカウントするというアクティブカウンター( Active Counter)。もう一つは人間の方が何かしら信号を発してそれを機械の方が感知して人の数をカウントするパッシブカウンター( Passive Counter)。

アクティブカウンターの代表的なものとしてはビデオカメラが挙げられます。以前のエントリで書いた様にこの種のカメラで最も優れているものの一つはAntonini Gianluca君が開発した離散選択モデルを用いたトラッキングシステムですね。

Antonini, G., Venegas, S., Bierlaire M. and Thiran J.-Ph. (2006): “Behavioral priors for detection and tracking of pedestrians in video sequences”, International Journal of Computer Vision 69(2):159-180.

アクティブカウンターでもう一つ優れていると思われるのが柴崎研究室が開発したSICK社のレーザーを使ったトラッキングシステムです。SICK社のLaser Range Findersはレーザーを発信し障害物に当たった時に返って来る反射光の時間差を利用する事により周りの障害物状況を誤差数センチの範囲で知り得るという優れたレーザーで、元々工場などでロボットが障害物を認識する為に創られました。

柴崎研究室はこのレーザーを床上20センチに設定する事により人の足首辺りをスキャニングし、人の動きを正確に測る事が出来るシステムを開発しました。こんな感じで(下記はイメージ図)



このシステムの大きな特徴は光などの自然環境に左右されないという事、ビデオよりもはるかに広い範囲をカバー出来るという事、広場における人の移動軌跡をほぼ正確に知り得る事が出来るという点です。この情報は上方斜め方向から撮ったビデオカメラからでは知り得ない情報です。何故ならビデオカメラの情報を平面に落とすには変換が必要だからです。

このレーザーを使った応用編として縦方向に用いて一枚のスクリーンを作り、そこを通った人の数を数えるというシステムが提案され既に商品化されています。計測範囲は高さ15メートル、幅26メートルまで可能で最大で25人毎秒を実現しています。こんな感じ(下記はイメージ図)



一方のパッシブカウンターの代表格は何と言っても携帯電話を使ったトラッキングが挙げられます。携帯電話の基地局情報から人のおおまかな位置情報を取得して人の移動軌跡を知るというものです。詳しくは以前のエントリで書きました

さて、これらアクティブとパッシブカウンターにはそれぞれ利点と欠点があります。とりあえずアクティブカウンターは実際のプロジェクトにはほとんど使えないという事を指摘しておきたいと思います。何故ならアクティブカウンターは必ずと言ってよいほど電源を必要とするからなんですね。公共空間で電力供給を確保するためには役所の許可が要ります。そして大抵の場合許可は下りません。それがビデオとなると尚更です。近年の監視社会に対する市民側の抵抗にはすごいものがあります。

これらの難関を突破して街路に設置許可が下りたとしても、もう一つの困難が待ち受けています。これらヘビーな機械は一度取り付けたら取り外しがナカナカ出来ないという事です。すると必然的に数箇所に設置という事になるのですが、アクティブカウンターは概して値段が高いんですね。よって限られた予算内で実現するプロジェクトで何台も機械を買うのは現実的ではない。

という訳でアクティブカウンターはアカデミックな研究課題としては面白い題材かもしれませんが実際のプロジェクトに用いるという現場の声としては使えないという結論になるわけです。

そこで僕が注目したのがパッシブカウンターです。パッシブカウンターの大きな特徴は電源が要らないという事です。そして電源が要らないという事は好きな場所に設置出来、且つ移動にそれほど手こずらないという事を指し示しています。そしてパッシブカウンターの中でも人の体温に反応するセンサーを用いる事にしました。こうして出来上がったのがEco Counter です。

特徴としては電源が要らないという事。持続可能時間は約10年間。サイズは盗難防止用の箱がA4サイズで標識などに取り付け可能なようにデザインされています。よって取り付け移動は5分足らずで済み、プロジェクトが進行している地域全体の街路をくまなく数台の機械で測る事が出来ます。これは非常に重要な点で幾ら一つの街路の歩行者人数が正確に分かったからといってもその情報は、それ自体ではほとんど役には立ちません。人数データは街路間で比べる必要があるからなんですね。故に自ずから複数街路のデータが必要になってきます。



欠点は何かというと、レーザーが図のように水平に出ているので人が重なって歩いている場合などには正確に人数を把握する事が出来ないという欠点があります。すなわち人がまとまってグループで歩いている様な場合にはデータとして正確さをかなり欠く事になります。

2005年のグラシア歩行者空間プロジェクトでマニュアルカウンティングの結果と照らし合わせた結果、その誤差は約5%−20%と開きがある事が分かりました。更に数えた歩行者の数のボリュームと誤差にも相関関係がある事が最近の調査で分かってきています。簡単に言うと100人以下だと誤差が20%以上になるけど、800人を超えると誤差が5%になるというような。

この機械はビデオカメラのように街路における正確な歩行者数をカウントしてはくれません。しかしそれでも僕達がこの機械を使い続けているのはそれ以上の便益があると考えているからなんですね。僕らは主にこの機械をその街路における利用パターンの解析に用いています。その表がこれです。



縦軸が歩行者数で横軸が1時間ごとをベースとした時間・日付けを示しています。このデータによると人は月曜から金曜までほぼ同じサイクルで街路に現れたりしている事が明らかに分かります。面白いのはこのデータは文化解析ツールとして用いる事も出来るという事です。スペインでは昼食を14時から16時までに取ります。データにはその傾向が明らかに出ています。更にこの傾向は週末になるとがらっと変わります。



上記のグラフが日毎の変化を比べた結果です。赤色とピンク色が週末の生活パターンを示しているのですが、平日よりも2−3時間程遅れてカーブを描いているのが分かります。これは週末には人はいつもより遅く起きて、夜も平日よりも遅くまで遊んでいるという事を表しています。

このような解析は一人一人の行動に注目するミクロな視点というよりはむしろ巨視的な視点を導入する事により可能になりました。人を群集としてみるという視点ですね。人は個人単位で見た場合、各々独自の動き方をする為に規則性を見出す事は大変に難しいといわざるを得ません。しかし、人を群集としてみた場合、そこにはある種の法則が存在する事が見て取れる場合があります。それらは常識として誰でも知っているようなごく普通の事がほとんどです。
しかし、それら誰でも知っているような当たり前の事をデータとして示した所にこそ価値があると思っています。
| 仕事 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(7) | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.archiphoto.info/trackback/567286
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/15 9:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/15 11:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/16 4:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/16 4:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/16 5:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/18 7:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/26 7:11 PM |