地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< ロンドン旅行その2:Sir John Everett Millais(ジョン・エヴァレット・ミレイ) | TOP | ロンドン旅行その4:Norman Foster (ノーマン・フォスター) の建築その2:スイス・リ本社ビル >>
ロンドン旅行その3:Norman Foster (ノーマン・フォスター)の建築その1:大英博物館
今回のロンドン旅行の目的の一つはフォスター事務所の建築を「この目で実際に見る」という事でした。やはり建築というのはその場に行かないと分からない事が多いと思うんですね。逆に言うと写真や書籍だけで建築を判断するのは不十分であり危険であると思います。だから僕は出来るだけ多くの場所と建築を訪れて実際に自分の目で見て自分の感覚で判断を下したいと思っています。そんな夢物語のような事が実際に出来てしまう自分の境遇を大変幸せにも思います。

さて先ずは大英博物館(The British Museum)から。この博物館は医者であったハンス・スローン卿の8万点近い個人コレクションを元に18世紀中頃にオープンした世界最古の博物館だそうです。世界最大級という収蔵品は180万年前から現在までの世界中の文化遺産を網羅し、その数なんと700万点。一日で見るのはとても無理。でも無料なので全然OK。開館時間は午前10時から午後17時30まで。木曜日は20時30までやってます。

さてフォスター事務所はこの大英博物館のグレートコートと呼ばれる中庭を整備する計画を請け負いました。この中庭は1857年に円形の図書館を増築して以来その周りに書庫やら倉庫やらを建て続けた結果、博物館の動線が混乱するという事態に陥ったんですね。そこへそれらの異物を取り除きオープンスペースとしつつ、中庭を中心に動線を整備しなおす事を目的として改修プロジェクトが始まりました。



建物正面はこんな感じです。ここをくぐって中に入ると左右にショップやら大階段やらが現れるエントランスルームへと入っていきます。



ここで目の前に3つの大きな長方形の開口が現れます。暗闇の中に浮かぶ3つの開口部からは大変に不思議な光が漏れていました。
直接光のように明るくまぶしいというのでもなく、優しく穏やかな光。これを見た時、シザの教会の開口部を思い出しました。





祭壇の向こうに2つの長方形の開口部が開いていて不思議な光がそこから漏れている光景ですね。シザの場合は壁の後ろに吹き抜けの光の筒を作っておいて2つの開口部からその光の変化を眺めるという仕掛けになっていました。フォスターのこの開口部にも同じような感じを受けたんですね。大変に不思議な光。こんな質の光はナカナカお目にかかれないと思います。





この開口部を抜けるとグレートコートと呼ばれる中庭へと導かれます。天井一面がトラスとガラスに覆われた大変に気持ちの良い空間。ありきたりな表現だと均質になりがちなトラス組を密度に変化をつける事で動きを出している。更にこのガラスにも少し細工がしてある様子。資料によるとこのガラスは紫外線を60%カットする遮光タイプのペアガラスであるとの事。又、昼には光を通して中庭を明るく保ち、辺りが暗くなるに従って曇りがかってくるという仕組み。





今まで建物外壁として雨風にさらされていたファサードが綺麗に磨かれて今では博物館のインテリアになっている。中庭をガラスで覆いつくすという大変シンプルなアイデアによってこれだけの事を成し遂げてしまうフォスター事務所には脱帽です。
| 旅行記:建築 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(36) | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.archiphoto.info/trackback/535195
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/07 6:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 5:51 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 6:27 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 6:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 6:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 7:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 6:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 6:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 6:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 6:59 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/11 3:58 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/12 5:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:39 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:41 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:50 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:54 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:04 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:08 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:14 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 7:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/16 7:18 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/17 3:32 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/17 8:25 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/18 9:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/19 7:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/21 11:05 PM |