地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< エドゥアルド・チリダ(Eduard Chillida) | TOP | DEA (Diploma de Estudios Avanzado) 取得 >>
2007-8年度仕事始め
長い夏休みが終わり今日から今年度の仕事が始まりました。一ヶ月ぶりに会う同僚達との再会を楽しみながらゆらりゆらりと仕事に取り掛かります。
官庁が一ヶ月も丸々休むという事にも驚きますが、それでも社会が回ってしまう事にもっと驚きます。

さて、仕事始めに先ずはやらなければならない事。自分が一ヶ月前に何をしていたのか思い出す事。それと関係書類の場所やファイルが何処のハードに入っているかを一生懸命思い出さなければならない。コレが結構難しい。仕事なんだから忘れる訳無いとか思うでしょ?でも一ヶ月も手を付けないアンド、バケーションで思いっきり楽しむとどんなに重要な事項でも忘れちゃうんですね、コレが。ハハハ。

実は笑ってられない現実が目の前にある。9月というのは一年の中でもかなり忙しい月なんですね。何故かというと年度初めなので今年度のプロジェクトが一斉に始まる訳です。と言うわけで明日から月の終わりまでずーとミーティング三昧。最も大切なのが17から始まるEU関連の国際会議。今年はEU関連会議はリズボンであるので1週間丸まるリズボン漬けの日々が始まります。内訳は前3日がダブリン・ヘルシンキ・バルセロナ共同プロジェクトの合同打ち合わせ。中2日がEU政府間パネル、最後2日がロボット計画会議。その後は何時ものように観光します。なんて言ったってポルトガルですからね、勿論シザでしょ。久しぶりなので楽しみです。
| 仕事 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.archiphoto.info/trackback/419959
トラックバック