地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 都市間競争 | TOP | ビクトルエリセ >>
22@BCNとジェントリフィケーション
今日は午前中22@BCNとプロジェクトの打ち合わせ。22@BCNとはバルセロナがバルセロナモデルとして売り出し中のヨーロッパで最大規模の都市計画です。僕達はこの計画に第一フェーズから関わってて何時の間にか僕が担当になってしまった。今日の議題は公共空間のデザインとバスルートとバス停について。と言うわけで、22@ディレクター始めそれらに関係する部署、私企業などの面々がずらりと並ぶ。言語は勿論カタラン語。きついなー。しかしながらこれらの分野はバルセロナでは僕たちが主導権を握ってて引っ張っていかなきゃならないのでとりあえず一生懸命やってみる。で、何とか終了。その後、グラシア市役所でうちのディレクターが話すと言うので聴きに行く。結構広い会場に100人くらいの市民が集まってた。ここは僕たちが歩行者空間計画を初めて実地した地区と言う事もあり市民の興味も自ずから向くのかたくさんの人が来てた。このグラシアという地区は80年代初頭に始まりその後街中に広がっていった鍼療法・スポンジ化といわれその後バルセロナモデルになった小さな公共空間挿入手法を一番最初に受け入れた地区です。その意味で昔から新しい事を受け入れる土壌があるような気がする。僕たちの計画に対してもたくさんの批判があるけどそれは今の環境が変わると言う事に対する単純な反応なのではないのか。いわゆる人間の持っている二つの矛盾:今の自分を保持しようとする自分と変わっていこうとする自分。歩行者空間・公共空間を増やす事で歩行者トラフィックは当然増加する。それに伴い小売店も繁盛するのは間違いない。まだ計画から1年しか経ってないけどその効果は火をみるより明らか。本質的な問題は実はそこには無い。最も気を付けなきゃならないのはジェントリフィケーションのほうですね。これは3年位前にその道の第一人者であるネイル・スミスがバルセロナに来た時にある小さな集まりの中で直接質問した事があります。その時彼が言った大変印象深かった言葉が「ジェントリフィケーsジョンはコントロール出来ない」と言ってました。うーん、革新を突いてる。歴史的中心地区活性化とかいろいろ話題になってるけど、経験から言ってコレはそんなに難しい事ではない気がします。誤解して欲しくないのはそれを達成するにはたくさんの困難、政治的なとか経済的なとか社会問題とかいろいろあって大変なんだけど、解く事が出来ないほど難問かというとそうではないし、ヨーロッパにはある程度の蓄積から定石のようなものがある。問題はそこではなくてその後に起こるジェントリフィケーションの問題なんですね。そちらのほうが大問題ではるかに難問。故に世界の知は今そちらのほうに全力を注いでいるわけです。日本人や海外の研究者はヨーロッパの中心市街地活性化には2面あるという事、階級制度にもとついていると言う事を知っておいたほうが良いですね。ヨーロッパの戦略は明らかにこの暗い面を見ないようにしてる。
僕たちの今のところこの問題に対しては打つ手なし。今出来ることは土地の価格変動と商店の入れ替わりスピードを定期的に観察する事ぐらいというのが現状です。誰か良い方法など知ってたら教えてください。即採用します。
| バルセロナ都市計画 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(36) | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.archiphoto.info/trackback/129878
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/06 5:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/07 7:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 6:57 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/08 7:00 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/11 3:59 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/12 5:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:39 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:41 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:51 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:55 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 5:57 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:04 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:08 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 6:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/13 7:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/16 7:18 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/17 3:32 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/17 8:26 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/18 9:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/19 7:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/21 11:05 PM |