地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< アルヴァロ・シザのセトゥーバル教員養成学校:「ふつう」であることの凄さ | TOP | 京都スマートシティエキスポ2016 >>
神戸市とバルセロナ市の連携プロジェクト
今年(2016年)6月、神戸市とバルセロナ市の連携プロジェクト:「まちづくりICTをテーマとするデータビジュアライズの国際ワークショップ」をバルセロナにて開催します。
←お申し込みはこちらからお願いします。
 

 
この企画の目的はズバリ以下の2点:
 
1. バルセロナ市のオープンデータ・ビックデータ分析とその政策手法を、参加型ワークショップを通して実際に体験してもらうこと。
 
2. バルセロナ市におけるオープンデータ・ビックデータ政策関連部署・機関を訪問することによって、バルセロナ市役所の政権交代に左右されない長期的な関係性を築くこと。
 
 
 
スマートシティの分野でトップを走るバルセロナは、オープンデータの分野でも世界的なリーダーと見做されています(バルセロナのスマートシティ政策についてはこちら:地中海ブログ:スマートシティとオープンデータ:データ活用によるまちづくりのイノベーション(横浜))。都市に関する様々なデータを非常に使いやすいフォーマットで提供し、それらを市民の皆さんに自由に使ってもらうことによって新たなる価値を生み出そうとしているんですね。

かくいう僕も、バルセロナ市に関する研究論文を執筆する際などは、バルセロナ市役所のオープンデータカタログから関連データを持ってきて、それを元に分析を進めることが多々あります。というか、それに慣れてしまっている状況下では、他都市の分析などを頼まれた際、「その都市に関するデータがオープンに使えるようになっていない」ということに違和感すら感じるようになってしまいました
←俗にいう職業病かもしれませんが、、、(苦笑)。
 
 
 
そんな雰囲気が漂うバルセロナにおいては、これら無償のデータを個人レベルで勝手に分析してみたり、それらを視覚化(ビジュアリゼーション)することによって、「自分たちが住んでいる都市への新しい見方を発見しよう」だとか、「自分たちが住んでいる地区の地域問題を浮き彫りにしよう」という動きが、それこそボトムアップ的に市民の間から現れるようになってきたんですね。
 
更に、それら市民側から上がってきた分析結果を踏まえ、バルセロナでは自治体側がそれらの提言を受け入れながら市の政策に反映させるという好循環が出来つつあります。
 
 
 
「このようなサイクルが何故生まれてきたのか?」、「それは具体的にどのように行われているのか?」、「バルセロナ市役所は何故そのような、「データをオープンにするといった政策」に踏み切ったのか?」、そして「市民はこれら自治体の動きに対して実際はどう思っているのか?」
 
それらの疑問に答える為、今回はワークショップという形を取って、実際にデータに触れてもらうことでより良く理解してもらおうと考えました。具体的には、バルセロナ市が提供しているオープンデータを使って、それらを視覚化してもらい、それを元に現地の人達の前で発表。その上で、自治体関係者とのグループワーキングなどを通して、オープンデータ活用先進都市、バルセロナのやり方を身を持って学んでもらおうというのが今回の趣旨となっています。
 
 
 
今回はバルセロナ市役所情報局(IMI)とバルセロナ自治大学(UAB)の全面的な協力のもと、在バルセロナの多くの公的機関・私企業などを巻き込みつつ、講演会を含む様々なプログラムを組んでいます。マニュエル・カステル率いるカタルーニャ・オープン大学(UOC)のICTと社会学研究グループもサポーターとして参加してくれたり(地中海ブログ:東さんの「SNS直接民主制」とかマニュエル・カステル(Manuel Castells)Movilizacionとか)、最近日本でも出版された「俗都市化ありふれた景観グローバルな場所」の著者であり僕の元同僚、フランチェスク・ムニョス氏が在籍するバルセロナ自治大学地理学部も参加してくれる予定です。
 


それらワークショップに加え、バルセロナ在住15年の僕が、「この機関こそ、はるばるバルセロナに来てくれた日本人の皆さんが見なければならない公的機関!」という部署を厳選し、それら各機関を回りつつ責任者などに話を聞くプロフェッショナル・ツアーを同時に開催します。そのツアーには、バルセロナのオープンデータ戦略やe-Government戦略を根本から創り上げたバルセロナ情報局、ビックデータという言葉が巷に現れるずっと以前から、まちづくりにビックデータを活用した政策提言を行ってきているバルセロナ都市生態学庁、バルセロナのスタートアップ政策を一手に引き受けているバルセロナ・アクティーバと22@エリアの街歩きなどを予定しています。
←若干の変更があるかもしれません。
 


このようなワークショップやプロフェッショナル・ツアーを通して、バルセロナの政権交代に左右されない長期的な関係性の構築を目指します。また、EU関連機関や欧州委員会などを巻き込むことによって、今後の欧州プロジェクト(Horizon 2020)の立ち上げも視野に入れています。
 


僕が知る限り、今までこのようなプログラムが行われたことは、バルセロナでは勿論、欧州レベルでも無かったのでは?と思います。
 
それはひとえに、現地のキーパーソンを見極め、それらの人達ときちんとコンタクトを取り、実のあるミーティングをセッティングすることの出来る人材不足にあります。世界広しと言えど、欧州の自治体レベルの都市計画やICT政策に深く入り込んだ日本人はそれほど多くはないのが現状なのです!
 


それ故に、日本の自治体の方々は、毎年3月、もしくは9月頃集中的にヨーロッパ都市へ視察にみえるのですが、往々にしてそれらの視察は表敬訪問に終わってしまったり、ある特定分野における覚書きなどに留まってしまっているんですね。
←まあ、それはそれで大変有意義なアクションであることは間違いないとは思うのですが、それら表敬訪問や覚書きの問題点は、政権交代でバルセロナ市側の担当者が変わる度に連絡が取れなくなり、いつの間にかその関係性が消えてしまう、、、という点に尽きます。
←そうすると、それらのプロセスをもう一度初めからやり直さなくてはならず、それが4年毎に永遠と続く事となり、その為だけに莫大な税金がつぎ込まれることになるのです。
 


しかしですね、在バルセロナ15年の僕の経験と知識、そしてバルセロナの公的機関で働いてきた間に構築してきた個人的な関係性を駆使すれば、バルセロナ市との長期的な関係性を築くことが可能です。それは大変難しいチャレンジだとは思うのですが、僕がコーディネートすれば不可能ではありません。
 
今回企画した神戸市役所とバルセロナ市役所連携プロジェクトは、そのような長期的な関係性を築くという観点に立ち、「両都市にとって有益なものにしたい!」という一心で立ち上げたものです。
 
参加者の方々を始め、両市にとって実りあるものとなることは間違いありません。皆さん、ふるってご参加下さい!

追記(517日):
2日間に渡る今回の神戸バルセロナ国際ワークショップを開催する場所が遂に決定しました!!!
その場所は、、、、な、なんと、、、サグラダファミリアに対峙するサン・パウ病院内にあるCasa Asia(カサ・アジア)でーす。
 


 
サンパウ病院(Hospital de la San Pau)は、ガウディのライバルであり当時のスペイン建築界の巨匠でもあったリュイス・ドメネク・イ・ムンタネール(Lluis Domenech I Montaner)がデザインした、カタルーニャ音楽堂と肩を並べるカタルーニャが誇るモデルニスモ建築の傑作中の傑作です(地中海ブログ:リュイス・ドメネク・イ・ムンタネール(Lluis Domenech i Montaner)によるモデルニスモ建築の傑作、サンパウ病院(Hospital de la San Pau):病院へ行こう!どんな病気も直ぐに治るような気にさせてくれるくらい雰囲気の良い病院、地中海ブログ:国際博物館の日(International Museum Day):世界屈指のロマネスク美術コレクションが凄いカタルーニャ州美術館(MNAC))。
 

 
 
ちなみにサン・パウ病院は世界遺産に登録されていたりします。
 

 
 
ということはどういうことかと言うとですね、、、そうなんです!!!今回のワークシップはなんと、「世界遺産の中で行われるワークショップ」ということなんですね!
↑↑↑
自分で言うのもなんだけど、これはちょっと凄いことだと思います。世界遺産の中でワークショップをする機会なんて、そう滅多にあるものではありません。




このような素晴らしい場所を提供してくださったカサ・アジアに感謝感謝です!!

| 仕事 | 17:08 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする