地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< ルーヴル美術館、来館者調査/分析:学術論文第一弾、出ました! | TOP | 皇室御用達の鯉料理の老舗、大黒屋その2 >>
新年あけましておめでとうございます2015
新年あけましておめでとうございます。



ここ数年、年末年始はボストン、ローマ、ロンドン、パリなどヨーロッパ各地で過ごすことが多かったのですが、今年は2015年の始まりを日本(名古屋)の実家で過ごしています。

昨年(2014年)は6ヶ月をアメリカ(ボストン)、5ヶ月をバルセロナ、そして残りの一ヶ月を日本で過ごし、ドタバタと足早に時間だけが経過していく毎日だった様に思うんだけど、そんな中でも印象深かったのは、やっぱりボストン滞在だったかな、、、と思います。



今回は2回目ということもあり、一昨年よりは勝手が分かってはいたのですが、やはり異国の地で過ごすのは「それなりに大変だったなー」というのが正直な感想かな‥‥。でも、まあ、新しい発見があったり、素晴らしい出逢いがあったりと、僕の人生にとっては大変有意義な滞在であったことは間違いありません(地中海ブログ:ボストン/ケンブリッジ市のカフェ事情:美味しいコーヒー屋さんについて)。



建築関係で言えば、ルイス・カーンの建築は本当に素晴らしかった!(地中海ブログ:ルイス・カーンのフィリップ・エクセター・アカデミー図書館(Phillips Exeter Academy Library):もの凄いものを見てしまったパート3:「本を読むとはどういう事か?」と言う根源を考えさせられた空間体験、地中海ブログ:ルイス・カーンのイェール大学英国美術研究センター(Center for British Art and Studies, Yale University)、地中海ブログ:ルイス・カーンのイェール大学アートギャラリー(Yale University Art Gallery))。



ポルトガルでの教訓から、僕は建築を語る時は自分の眼で見たものしか信じない事にしていて(地中海ブログ:アルヴァロ・シザ(Alvaro Siza)のインタビュー記事:シザ建築の特徴は一体何処からきたのか?)、他の人が何と言おうと、その建築を実際に訪れ、自分の5感で感じた事しか批評しないことにしているんですね。そんな僕の眼から見て、「ルイス・カーンの建築は本当に素晴らしかった」と、胸を張って言えると思います。 今度は是非、「最高に素晴らしい建築」と言われているキンベル美術館、そしてソークに行ってみたいと思っています。



バルセロナに帰ってきてからは、「待ちに待ったバケーション!」ということで、毎年恒例のガリシア地方(スペイン北部)に一ヶ月のバカンスへ行ってきました。今年の目玉は、何と言っても「リアル風の谷」よろしく、人知れずひっそりと佇んでいる修道院を発見出来た事でしょうか(地中海ブログ:本邦初公開!ガリシア地方の山奥にリアル風の谷があった!エルミータ修道院(Santuario de Nuestra Senora de las Ermitas))。



鶏の「コケコッコー!」という鳴き声と共に目を覚まし、庭で取れた野菜を食卓に並べる「田舎生活」を満喫していたら、それを妨害するかの様な電話がフランクフルトの銀行から掛かってきたりして、ブーブー文句を言いながらも向かったプレゼンテーションだったんだけど、日本では全く知られていない(と思われる)名建築に出逢ってしまうという、大変嬉しい誤算があったりしました(地中海ブログ:フランクフルトにある隠れた名建築:Ferdinand Kramerによるフランクフルト大学薬学部棟)。



そしてそして、11月には3年越しの論文がやっと陽の目を見るという大変嬉しいニュースが飛び込んできました(地中海ブログ:ルーヴル美術館、来館者調査/分析:学術論文第一弾、出ました!)。ちなみにこの論文、(自分で言うのも何なんだけど)欧米では結構話題になってて、(今のところ)フランス、イタリア、ドイツ、スペインの主要新聞や雑誌などからインタビューを受け、大々的に取り上げられる状況となっています。



そんなこんなで、「あー、去年も色々あったなー」とか思いつつ、ふと気が付くと、地中海ブログも今年で9年目を迎えることが出来ました。

最初の頃は単なるメモ程度のノリだったのですが、今では毎日約5000人ほどの人達に見て頂けるまでに成長し、ABcruasanとして公開しているTwitterも含めると、「1つの小さなメディアを形成しつつある」と言っても過言では無い状況になってきていると思います。



今年は去年までとは違ったスケールのプロジェクトが動き出したり、個人的に今まで踏み込んだことの無い領域に挑戦したりと、色々な意味で飛躍の年になるのでは?と期待をしています。いや、絶対そうします。

そして今年も「楽しい人生」、「豊かな毎日」を送ることをモットーに、毎日全力で生きて行こうと思っています。

今年も昨年同様、僕の独断と偏見で勝手なことを思いっ切り書いていこうと思っている「超わがままな」地中海ブログですが、引き続きご愛読頂ければ幸いです。

当ブログの読者の皆さんにとっても素敵な年となりますように。 そして今年も宜しくお願い致します!

Happy New Year!
Feliz Año Nuevo!(スペイン語)
Bon Any Nou!(カタラン語)
| 旅行記:建築 | 17:02 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする