地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< ももクロの「さらば、愛しき悲しみたちよ」のPVを見て思った事 | TOP | ハーバード大学の自然史博物館で飛行石を発見してしまった件 >>
ルイス・カーンのイェール大学英国美術研究センター(Center for British Art and Studies, Yale University)

前々回のエントリ、ルイス・カーンのイェール大学アートギャラリー(Yale University Art Gallery)の続きです。

ルイス・カーンの処女作であるイェール大学アートギャラリーから道を渡って直ぐ(真正面)、今度はカーンの遺作となったイェール大学・英国美術研究センターを訪れてみたいと思います。

ステンレス・スチール仕上げのパネルが規則的に並ぶ外観は、先程のアートギャラリー同様、大変静かな表情で我々を出迎えてくれます。一階部分に入っているAtticus Bookstore Cafeという本屋さんにはレストラン&カフェが併設されていて、イェール大学に滞在されていたnikonikoさんが「この街(ニュー・ヘイブン)で美味しいサンドイッチを出すカフェ」として紹介されていたお店です。

上の写真は南側から見た所なんだけど、向こう側に見える橋みたいなのは情緒が溢れまくってるイェール大学の校舎。そして道路を挟んで右手側に見えるのは言わずと知れたスターバックス。さすが創立1701年のイェール大学!スタバも情緒に溢れまくってる気がする(笑)。

さて、英国美術研究センターへはスターバックスの目の前、角っこがポッカリと空いている場所からアプローチする事になります。この辺は「非常に巧いなー」と思うところなんだけど、入口を「真っ正面に大々的につくる」のではなく、端っこにひっそりと、そしてさりげなく設けているんですね。ちなみに真正面にあるイェール大学・アートギャラリーの屋上から見たところがこちら:

トップライトが整然と並んでいるのが見て取れます。斜め前に建っているポール・ルドルフ設計のイェール大学芸術・建築学部棟側から見ると、カーンの処女作と遺作をこんな感じで見ることが出来ちゃう特典付き:

カーンの代表作2つとポール・ルドルフの建築が集まっている交差点は建築好きのメッカと言っても良いのではないでしょうか。もう一つちなみに、入口とは反対側の角っこ(つまりはポール・ルドルフ側)には地下へと降りて行く階段が備え付けられていて、街路レベルから一段下がった所にはレストランが併設されていました(なかなか良さそうな雰囲気だったけど、実際に入って食べてないから美味しいかどうかは不明)。

と、、、そんな事を思いつつ、イヨイヨ中へと入って行ってみます。

エントランスの扉をくぐると展開しているのがこの風景:

で、出たー!カーンの真骨頂、真上から振り注ぐ圧倒的な光の筒の登場〜。「いきなり来たか!」という感じなのですが、やっぱりこの真上からの光、しかもこれだけの量が一気に降り注ぐというはちょっと凄い。灰色のコンクリートの柱梁、そして温もりを感じさせてくれる明るい色を基調とした木材が絶妙なハーモニーを醸し出し、素晴らしい空間を構成しているのが分かります。

ちょっとずるい言い方かもしれないけれど、ここに展開されている空間の素晴らしさは、どんなに沢山の写真を載せても絶対に伝わらないと思います。やはり建築は実際に現地を訪れて自分の目で見て雰囲気を確かめ、そして物質を触ってみたりして、、、といったように、五感全てを使って体感しないと分からない芸術形式だな、、、と。そんな中でも、このエントランス空間を特別なものにしているのがこのデザインかな:

エクセター図書館でも見た、非常にぶ厚いコンクリートの量塊なんですね(地中海ブログ:ルイス・カーンのフィリップ・エクセター・アカデミー図書館(Phillips Exeter Academy Library):もの凄いものを見てしまったパート3:「本を読むとはどういう事か?」と言う根源を考えさせられた空間体験)。この厚み、そしてこの重厚感、そこにズドンという光の塊が合わさる事によって、この空間に「神懸かり的な「なにか」」を与えることに成功していると思います。まあ、エントランス空間にボイドを持ってくるのはある種の常套手段だとは思うんだけど、他の建築に見られる様に「ただ単に天井が高いだけ」っていうのとは全く違った空間の質がこの建築には見受けられるんですね。

「あー、この素晴らしい空間にずっと身を置いていたい」、本当にそんな気持ちにさせてくれる空間なんだけど、ここだけに居続けるわけにもいかないので、後ろ髪惹かれる思いで渋々2階へ行ってみる事に。で、この美術館のちょっと変わっているところは、2階へ行く為には小さな円柱形の階段室を通って行かなければならない所です:

「ほう、そ、そうなのか、、、」とか思いつつ、この薄暗く狭い階段を上っていってみます。デザイン的にはカーン後期の特徴であるキンベル美術館などで見られるトラバーチンとスティールの組み合わせの非常にスッキリしたデザイン。それを確認しつつ、2階に辿り着いたところに広がっているのがこの風景:

真っ正面に空いている2つの長方形の窓からは、さきほど下の階で見た「光の筒」が見通せるようになっています。背後に光の筒を用意しておいて、その光の束を壁に穿った穴から見せるように仕向けるのはシザがマルコ・デ・カナヴェーゼス教会で使っていた手法を彷彿とさせます(地中海ブログ:アルヴァロ・シザの建築:マルコ・デ・カナヴェーゼス教会の知られざる地下空間:真っ白な空間と真っ黒な空間)。

←まあ、時代的にはカーンが先でシザが後ですが。。。

全体の感じとしては、天井はフラット&天窓が無いのでどちらかと言うと薄暗く抑圧された感じを受けるんだけど、(正にその事が)さっき下階で見た光で満ち溢れていた吹き抜け空間と好対照を成しているかの様ですらあります。

そんなことを思いつつ、まずは先程見た光の筒で満たされているパティオの周りを回って見ることに。

基本的には、パティオとそこから漏れる光を中心として展示空間が展開しているという空間構成かな。道路に面している側面は壁として塞がれているので、この階の展示空間に入ってくる光源としては、先程のパティオからのものがその殆どと言ってもよいかと思われます。

で、実はこの階にはちょっとした仕掛けがあってですね、、、それがコチラ:

そう、円柱の階段室を出て振り返り様に歩いて行くと、さっき見たのと同じ様な吹き抜けがこちら側にも用意されているんですね。しかしこちら側のパティオには、空間のド真ん中にコンクリの円柱が「でーん」と居座り、まるでこの空間の主役であるかの様に振る舞っているという違いがあります。

このコンクリの円柱の存在感は圧倒的!そして勿論、さっき見た光の筒が降ってくる空間とどうしても比べてしまう‥‥つまりは「光の筒側のパティオ」では「光という目には見えない物質」が空間を形成し、コンクリ中心のパティオのこちら側では「人間が作ったコンクリの塊という目に見える物質」が空間を形作っている‥‥と、ここで少し補助線を引いておきます。

更にもう一つ付け加えておくと、光の筒のパティオでは天窓から「これでもか!」と大量の光が降り注いできてたんだけど、こちら側のパティオの天窓からの光はかなり絞られています。最後にもう一点。

この円柱なのですが、よーく見ると一階ごとに目地が付いていて、それが最上階だけ低くなっている事が分かります(‥‥と、ここでもう一本、補助線を引いておきます)。こちら側のパティオ(コンクリ中心パティオ)の空間構成がちょっと面白くて、円柱を中心とした吹き抜け空間を挟んで両側に図書室と資料室が備え付けられているんですね:

エクセター図書館でカーンが見せた、本を読む人の事を考え抜いた、光溢れる大変居心地の良い空間がここにはあります。

机のスケール、窓の高さ、照明との関係‥‥この空間を構成するそれら全てのファクターがこの上無いハーモニーを醸し出し、この空間を特別なものにしている事が分かります。

カーンの建築に対する批評なんかを読むといつも思うんだけど、大量の光を伴った厳格でマッシブな量塊が創り出す「神憑った空間「のみ」」が取り上げられ、それを支えているヒューマン・スケールのデザインが全く出てきません。しかしですね、カーンの建築を読む時は、こういうヒューマン・スケールに基づいた空間、個人レベルにおける人間の感覚を考え抜いた空間がその基礎にあることを忘れてはいけないと思う。それがあるからこそ、それとは対となる「神憑った空間」が生きてくるんだと、僕は強くそう思います。

と言う訳で、先程の円柱階段を通って今度は3階へ行ってみます:

この階は基本的に先程見た下の階と殆ど同じ空間構成になってるんだけど、真っ正面に見える2つの長方形の窓、そして階段室を出て振り返り様に2つの窓から見える風景が、僕達の居場所を教えてくれる羅針盤となっています。


ほら、さっき下の階に居たおじさんが見える。しかも居眠りしてる(笑)。

上の階も下の階も空間構成としては全く変わらないんだけど、この窓から見える風景が違う事によって、「今は上の階に居るんですよー」っていう事が分かる仕組みになっています。

←迷いがちな建築空間(都市空間)の中において、「いまはこの地点にいますよー」っていうナビゲーション機能は結構重要。

という訳で、今度はイヨイヨ最上階を訪れてみます。先程までと同様に円筒形の階段室を上っていくと、あることに気が付きます。「あ、あれ、、、この階の階段室だけ扱いが違うな、、、」と。

天窓を覆っているガラスブロックからは木漏れ陽が落ちてきて、更にこの階だけ微妙に天井高が下階とは異なっているですね(この階だけ天井高が低い)。その結果、4階へと導かれる階段室を訪れる時には、「この空間で抑圧される」という感覚を受けることになるのです。そしてこの円柱階段室を出た所に広がっているのがこの風景:

じゃーん!天窓からは光が溢れ、天井高が「これでもか!」と高くとられている、えも言われぬ空間の登場〜

……っていうか、こ、これは、、、ちょっと凄いぞー。。。光が溢れている‥‥。

そう、2階、3階と天井をフラットにしている理由、そしてこのクライマックス空間の前室的な扱いになっている階段室の天井高が少し低くなっている理由、それらは全て、この最上階にある展示空間を開放的に、そしてドラマチックに見せる為の演出だったのです!そして圧巻なのが、こちらの構造体:

見たこともないくらい重厚で肉厚なコンクリの塊が、「これでもか!」と、溢れる光に「なにかしらの力のようなものを与えている」かのようなのです:

「空間というのは光で構成されているんだ」という当たり前なんだけど忘れがちな事実を思い知らされる気分です。そしてその様な「光」を「空間に与えている」のは紛れも無い「構造体」だと言う事も。まさに:

「構造体は光を与え、光は空間を創る(Structure gives light, makes space, Louis Kahn)」

この空間デザインのテクニカルな部分を指摘しておくと、例えばこの梁なんかは、天井から下方にいくに従って三角錐台のような形をしているのですが、この形こそが、上方から降ってくる光が「如何に下方に拡散していくのかを視覚化する装置」となっていることに気が付きます。これはバロック建築が彫刻などを用いて実現する光の視覚化手法に他ならないことは、当ブログで散々論じてきたところです(地中海ブログ:ベルニーニ(Bernini)の彫刻その3:サンタンドレア・アル・クィリナーレ教会(Sant'Andrea al Quirinale):彫刻と建築の見事なアンサンブル)。

そんなことを考えながら、この光の筒のパティオの周りをぐるっと回ってみます:

やっぱりこの天井高と、そこから燦々と降ってくる光、そしてこの重厚な構造体がこの階の展示空間を他の階とはまるで別物にしていることが分かります。

また、この階だけは街路方面に幾つかの窓が開いていることも確認出来ます。大きな窓からは真正面に位置しているアートギャラリーが見えます。

更に圧巻なのがこちらの空間:

下階では図書室と事務室が入っていたところがぶち抜きで大広間を構成しています。横一杯に広がっているこの空間は、光の筒で満たされているパティオと、円柱のコンクリが中心にあるパティオ、それら二つのパティオを繋ぐ役割を果たしているんだけど、それら二つのパティオを行ったり来たりしている時、僕はあることに気が付いてしまいました。

「あ、あれ、、、このパティオ、一方には光の量塊が、、、もう一方にはコンクリの量塊があるな。。。」、、、と。

←いや、そんなことは最初から分かっていたし、上の方で散々書いた通りなんだけど、じゃあ、なんでカーンはわざわざそんなことをしたのかな、、、と。

←そう思ってしまったら最後、納得の行くまでこの空間を行ったり来たりしなきゃ気が済まないのがcruasanの可愛いところ(笑)。

←ちなみにグッゲンハイム美術館でリチャード・セラの彫刻とゲーリーの空間の取り合いを理解する為に、セラの彫刻の前を6時間くらい掛けて20往復し、警備員に不審がられたのは僕です(笑)(地中海ブログ:ビルバオ・グッゲンハイム美術館とリチャード・セラの彫刻:動くこと、動かないこと)。

と言う訳で、今回も3時間くらい掛けて30往復くらいしたところで、「はっ」と気が付いてしまいました。「あ、あれ、やっぱりこの二つの空間、構成的には全く同じことをやっているのではないか、、、」と。「で、でも、、、同じフレームワークで同じことをやっているんだけど、空間を構成している目に見える物質が違う、、、」と。

そーなんです!カーンはここで全く同じ構成の空間(ボイド)に全く違う二つの物質を満たすことによって、我々に世界の見方、物質の成り立ちを暗示しようとしているかのようなんですね。つまりは、一方では光で構成されている空間を(上の写真)。

もう一方では、コンクリの塊が「これでもか!」と存在感を表している空間(パティオ)をです。

←では、カーンはここで何が言いたかったのか?つまりは何を我々に見せたかったのか?

←それは空間に充満している物質、我々の空間を形作っている構成物質の原型を見せたかったのではないでしょうか?

つまりは一方の空間では、空間の中に充満しているんだけど目には見えない「光」という物質が空間を作っているという事実を視覚化し、もう一方では、その空間を作っている光を「コンクリ」という目に見える物質に置き換えて空間の中に置くことによって、我々に光と言う物質の存在を確認させているかのようなのです。そしてこれら二つの空間はそのまま「精神的な空間」と、「物質的な空間」と言い換えることも出来ます。

、、、これらの読み、この建築の解釈が当たっているのか間違っているのか、それは僕には分かりませんし、そんなことは僕にとってはどうでも良いことなのです。僕はこの空間を実際に訪れて、そう感じ、空間の意図をそのように読み取った。それこそが重要なんですね。そのような体験と、その体験に基づいた独自の解釈は、本や写真から得たのではない知識として今後の僕の建築家人生において確実な糧となってくれるからです。

それにしてもこの空間はちょっと凄い。今まで世界各地で色んなものを見てきたけど、この様な質を持った空間は初めて、、、かな。それと同時に、「こういう空間の物語の創り方もあるんだ」という事を教えられた気がしました。

何度でも繰り返すんだけど、ルイス・カーンの建築は、その建築の初源をトコトン追求した上で空間が構成されているので、その空間を通して人間活動の根源的な所を考えさせられます。そしてカーンの神掛った空間は、その空間に身を置く人間のことを考え尽くし、人間の為に創られたヒューマンスケールの空間があるからこそ、それとは全く反対側にある(神掛った)空間が活きてくる、とそう言うことが出来るかと思います。

その様な奥深さ、そこにこそ、カーン建築の素晴らしさがあるのです。

追記:

2018年7月6日から8日に掛けてイェール大学を訪れる機会があり、カーンの建築を再び体験することが出来ました。前回(2013年)は半日の滞在だったので、かなり駆け足でイェール大学周辺の建築を巡っただけだったのですが、今回は丸々2日間建築巡りに費やすことができ、カーン建築だけでなくSOMの図書館やサーリネンのアイスホッケー場なんかも訪れることが出来たんですね。

ポール・ルドフル設計のイェール大学芸術・建築学部棟では、思い掛けず卒業設計展を開催中だったのは嬉しかったかな。

また、芸術・建築学部の図書館なんかも自由に入れました。ここから15分ほど歩くと、サーリネン設計のアイスホッケー場が現れてきます:

このダイナミッックな建築形態は圧巻!夏なのでアイスホッケーはやっておらず、中に入れなかったのは非常に残念!更にそこから徒歩数分のところには、SOMが手掛けたベイネック稀覯本図書館(Beinecke Rare Book and Manuscript Library)が姿を現します。

構造が結構面白い:

内観はこんな感じ:

貴重な書籍はガラスに覆われた中央に配置されています。この図書館のシステムとしては自分で本を取りに行くのではなく、司書さんにリクエストして彼らが運んで来てくれるそうです。で、建築デザイン的には、薄くスライスした大理石を壁面に用いることによって光を浸透させることに成功しています:

古代ギリシャのパルテノン神殿なんかはこんな感じで大理石をスライスして内部に光を入れていたって昔聞いたことがあったけど、こんな感じだったのかなー、とか思いに耽ってみる。

で、いつも思うんだけど、欧米の有名建築を訪れると、かなりの確率でその建築を設計した建築家を賞賛するセクションがきちんと取られているんですね。例えばカーンなんかは、他の美術作品と一緒に平面図なんかが「芸術作品として」展示されてたりする訳ですよ。

そうこうしているうちにお腹がへってきたのでランチをとることに。全く知らなかったんだけど、イェール大学があるNew Havenはピザが名物らしく、全米でも五本の指に入るピザ屋さんがあるというのでレッツゴー!正直半信半疑だったんだけど、これがなかなか美味しかった!バルセロナで食べてたナポリ風ピザとはまた違った良さがありました。僕が行ったピザ屋さんの名前は、Yorkside Pizza。図書館の真ん前にあります。

| 建築 | 23:57 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
こんにちは。 はじめまして建築を学ぶ修士2年のyukaと申します。
見学記録、写真も多くあり雰囲気がとっても伝わってとても行きたくなりました。

3月のはじめに、卒業旅行でイェール大学・英国美術研究センターを訪れたいと思っています。
しかしながら、見学方法がわからず困っています。
もしよろしければ、当時どのように見学したか教えていただけないでしょうか。
突然のコメントにも関わらず、このような質問失礼します。
何卒よろしくお願いします。
| yuka | 2016/03/01 8:35 PM |
yukaさん、コメントありがとうございます。

卒業旅行でイェール、いいですね。
この英国美術研究センターは美術館なので、入場料を払えば誰でも見学できます(もしかしたら学生は無料だったかもしれませんが、忘れました)。

ちなみにこの目の前に建っているカーンのもう一つの建築も美術館なので入れますよー。更にその目の前にあるのがイェール大学の建築楽部棟、少し歩くとサーリネンのアイスホッケー場があったりと、イェール大学は見どころ満載です。

ぜひ楽しんでください。
安全で良い旅を!
| cruasan | 2016/03/02 6:50 AM |
コメントする