地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< アンダルシア州議会選挙2012 | TOP | アンダルシア州議会選挙2012:選挙の裏側に見えるもの >>
(速報)アンダルシア州議会選挙2012:民衆党(PP)の勝利、しかしスペイン労働党(PSOE)が連立を組んで政権に留まる可能性あり
たった今、アンダルシア州議会選挙の開票結果が出ました。結果は民衆党(PP)の勝利なのですが、絶対過半数獲得には至らなかった為、スペイン社会労働党(PSOE)と統一左派(IULV-CA)との連立によってPSOEが政権に留まる可能性が出てくるという結果に終わりました。



詳しい分析などは明日の新聞を待ってから書く事として、先ず気になったのは今回の投票率の低さです。現時点では詳しい投票率などは出ていませんが、4年前に比べ10%程低い数字が予想されています。昨今の経済危機と全く変わらない政治経済状況に嫌気が差したのか、人々の政治離れが伺われます。

そしてもう一つ今回の選挙を見ていて思ったのは、事前調査と選挙結果の大きな剥離です。と言うのも、事前調査では民衆党(PP)の圧倒的な勝利=絶対過半数が予想されていたんだけど、蓋を開けてみれば民衆党(50議席)、社会労働党(47議席)と、結構良い勝負だったんですね。そして統一左派の躍進も今回の選挙の特徴として挙げられるかもしれません。というか、今回の選挙で一番良いポジションを取ったのは統一左派だとさえ言えるかも知れないのですから。
| スペイン政治 | 05:33 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする