地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 今日はクリスマス!:本場ヨーロッパにおけるクリスマスの知られざる真実の姿 | TOP | 新年あけましておめでとうございます2012 >>
地中海ブログ、今年最も読まれた記事ランキング2011
早いもので、今年もあと残すところ2日となりました。師走という言葉通り、年末は何かと忙しくて、かくいう今日も朝から打ち合わせの為にカタルーニャ音楽堂へ。



年末、しかも結構朝早かったので、あまり乗り気じゃなかったんだけど、仕事だからしょうがない。「チェ!」とか思いながらも現場へ着いたら、思いがけずミーティングの前に副館長さんがコーヒーとクロワッサンを御馳走してくれた(嬉)。更に、何時もは館内撮影禁止なんだけど、「今日は特別」という事で、ホールの写真も撮らせてもらえる事に。早起きして来た甲斐があったなー。

さて、色んなブログを見ていると、年末という事もあって、何処のブログも「今年最も読まれた記事ランキング」とかやってるので、ちょっと僕もやってみる事にしました。と言う訳で早速、第五位:



第五位:「まるで森林の中に居るかの様な建築:サグラダファミリアの内部空間

去年の11月に行われたローマ法王の訪問に合わせて急ピッチで内部だけ完成させたサグラダファミリアの内部空間をレポートした記事。この内部空間は本当に凄くて、一般の人はもとより、建築家も「一見の価値ありかも」と思わす何かがあります。そう、まるでナウシカの腐海の奥底に居るかの様な感覚さえ催す程です。 そして今年の第四位は:



第四位:「ヨーロッパの公立大学の授業料について

ヨーロッパの大学情報って、アメリカの大学に比べたらやっぱりまだまだ未知な部分が多くって、特に授業料やコース終了後に授与されるタイトルが国や地域によって全く違うので、今後留学したいという学生さんなどに人気のある記事なのかなー?と思います。日本の若者の皆さんには、是非元気よく海外に出て行って活躍して欲しいものですね。 そして今年の第3位は:



第三位:「映画:愛を読む人(The Reader):恥と罪悪感、感情と公平さについて

 一昨年書いた映画評なんだけど、常に一定のアクセス数があって、大変息の長い記事となっています。コメント数も50を超えていて、それだけこの映画が人々の心を打ったという事でしょうね。本当に良い映画で、何度でも見たくなります。超おすすめ! そして今年の第二位は:



第二位:「スペインの新聞、La Vanguardia紙に載った村上春樹氏のインタビュー全訳

世にも珍しい村上春樹さんのインタビュー記事の全訳が堂々の第二位にランクインです。特に1Q84の続編を示唆した事は、このインタビューで初めて明らかになった事であり、この記事をアップしTwitterに投稿した瞬間に、まるで一点から波紋が広がっていくかの様に、瞬く間に波及していったのは、僕にとっては忘れられない体験でした。翌日には日本の主要新聞も、この記事を参考にした記事を載せてましたしね。「一次情報の出所がとうとうブログに移ってきたのか!」という事を身を以て体験した瞬間でもあったかな。 そして今年堂々の第一位は:



第一位:「スペイン人に教えてもらった、誰にでも出来る美味しいパエリアの作り方

この記事は今の所(12月30日現在)、はてなブックマークが約2800個程付いていて、はてなブの週間ランキングでも第3位にランキングしていました。日本人の皆さん、パエリア大好きですからね。納得の結果です。

と言う訳で、今年の地中海ブログ、最も読まれた記事ランキングはこんな感じになりました。 振り返ってみると、今年も色んな記事を書いてきたなーとちょっと感慨深いかな。一年のまとめの意味でも面白いので、来年もこのランキングシリーズは続ける事にしよう。
| バルセロナ日常 | 06:16 | comments(1) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
最も読まれたブログ http://mesaredonda-juanja.blogspot.com.es/
| Juanja | 2012/04/15 11:05 PM |
コメントする