地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペイン人に教えてもらった、誰にでも出来る美味しいパエリアの作り方 | TOP | 地中海ブログ、今年最も読まれた記事ランキング2011 >>
今日はクリスマス!:本場ヨーロッパにおけるクリスマスの知られざる真実の姿
今日はクリスマス!いつも何気なく横を通っているサグラダファミリアも、今日ばかりはスペイン人達のお祈りの力が届いているのか、いつもより輝いて見えるかな:



日本ではクリスマス、特に24日のクリスマスイブというのは「一年の内で最もロマンチックな夜」とか言う事になってて、街中には恋人達が溢れ、「ちょっとお洒落なレストランで食事を」とか、「大切な人にプレゼントを買って帰るかな」という人が多いかと思うんだけど、本場ヨーロッパのクリスマスと言うのは、何を隠そうコレとは全く逆なんですね。



そう、ヨーロッパにおける12月24日そして25日というのは一年の内で街中が最も静まり返る日であり、街路という街路から人影が一人残らず消える日、それがヨーロッパにおけるクリスマスという日の実態なのです。特に24日の午後5時頃からお店はどんどんと閉まり始め、24日の夜に開いてるレストランやカフェなんて殆ど無いくらい!だから「本場ヨーロッパでロマンチックな夜を」とかいう幻想を抱いて来た日本人の皆さんが辿る道と言ったら、何処のレストランも開いてなくて、挙げ句の果てには世界的に有名なMのマークの超高級レストランでマックバーガーをかぶりつくっていう惨めなクリスマスになる事は間違いありません(笑)。ちなみに下の写真はサグラダファミリア前店。サグラダファミリアがドアップで見える、この店の立地だけは本当に高級レストラン並み(苦笑)。



では何故クリスマスには街中から人が消えるのか?

何故ならヨーロッパにおいてクリスマスとは「家族みんなでキリストの誕生を祝う日」だからです。だからこの日ばかりは、公共空間で海産物やワインを楽しむ事が大好きなスペイン人と言えども、お爺ちゃんやお婆ちゃんの家に家族全員が集まって、こんな感じのスペインの家庭料理を、それこそ夜中まで家の中で楽しむ事が伝統となっているんですね(下の写真はメイン料理の前のつまみ、おなじみのイベリコ豚の生ハムなど。この後、スープ、サラダ、魚、肉、デザートなんかが「これでもか!」って言う勢いで出てくるんだけど、もう前菜でギブアップみたいな):



さてこんなクリスマスなのですが、僕がクリスマスと聞いて思い出す事と言えばやっぱりコレかな:

 

そう、僕が小学生の頃にテレビで良く流れていたJR東海クリスマスエクスプレスのCMです。特にこの牧瀬里穂のバージョンは歴史に残る傑作だと思いますね。

このCMを見てると、ホンのちょっと前まではネットや携帯なんか無くて「今とは全く違う社会が存在していたんだよなー」という事を思わずにはいられません。

確かに僕達の社会はテクノロジーの進歩のおかげで昔に比べて格段に便利になってきたし、その利便性のおかげで効率的な社会になってきつつあるとは思います。しかしですね、不自由だからこそ感じる事が出来る幸せ、不便だからこそ与えられる、もしくは与える事が出来る「喜び」って言うものも確かに存在すると思うんですよね。特にこのCMの牧瀬里穂の様に、携帯電話が無くて連絡がつかないからこそ生じる「待つ事の喜び」みたいな。そしてその様な感覚は、携帯電話が無い時代を知っている僕達の世代ではなく、産まれた時から携帯電話を持っている世代、それらのテクノロジーが空気の様に存在している世代にこそ深刻に生じる問題なのかも知れません。

「果たして僕達の社会はテクノロジーの進化と共に幸せな方向に向かっているのか、もしくは効率性と引き換えに、人間としての大切な何かを失いつつあるのか?」

携帯電話さえない時代のCMを見ていて、そんな事を思ってしまいました。
何はともあれ、

Merry Chrismas!
Feliz Navidad! (スペイン語)
Bon Nadal!(カタラン語)
| バルセロナ日常 | 01:15 | comments(4) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
自動改札でもなく、「切符」は人の手から人の手へ。
| u | 2011/12/25 11:11 AM |
はじめまして。
近々バルセロナに旅行の予定で、バルセロナを検索していて辿り着きました。レストランの記事など、いろいろと参考になります。(^^)

素敵な記事ですね。そして、懐かしいCM!
ほんとに、世の中が幸せな方向に向かっているのか、わからなくなることがあります…。
心理学者の河合隼雄氏も、子どもに「何を与えるか」ではなく、「何を与えないか」が大事だとおっしゃっていました。便利で物もあふれかえっている時代の子育ては難しいです。。。
| やこ | 2012/01/03 7:29 AM |
やこさん、初めまして、こんにちは。コメントありがとうございます。ちなみに、やこさん、今年のコメント第一号に輝きました!勝手にお祝いさせて頂きます(笑)。おめでとー。

子供って、無限の可能性を持つ事もあれば、それを閉じてしまう事も簡単で‥‥本当に我々大人達の責任って重大だなーと日々感じています。

バルセロナ来られるのですか!それは是非楽しんでいってくださいね。食べ物は美味しいし、街は面白いし、最高の思い出になる事を祈っています!
| cruasan | 2012/01/04 7:51 AM |
わぁ!お祝いありがとうございます。
景品が出るわけでもないのに、なんか嬉しいです。(笑)

調べるまでは、バルセロナがこんなグルメな街だとは知らず…、今から行くのがすごく楽しみになってきました。残念ながら、3日ほどのビンボー小旅行なんですけど…。(パリからの週末旅行です。)
こちらのブログで紹介してあったLa Paradeta(Born店)にぜひ行ってみようと思っています。美味しい魚介料理が食べたかったので。(マテ貝食べたこと無いのですごく気になります…。)注文や受け取りにちょっと不安がありますが、夫のカタコトのスペイン語に賭けてみます。(笑)
あと、ちょっと高そうですが、Buboのパティスリーが楽しみです。(どちらの店も、滞在先のすぐ近くなので。)
それとグラシア地区にも行ってみたいです。(^^)
バルセロナ行きが今からすごく楽しみです。
| やこ | 2012/01/06 7:39 AM |
コメントする