地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スマートシティ国際会議(Smart City Expo: World Congress)に出席して思った事その1:バルセロナ国際見本市会場(Fira Barcelona)の印象 | TOP | スペインの美人すぎるニュースキャスターその2:アナ・パストール(Ana Pastor):現代スペイン最強の女子アナ >>
スペインの松坂屋、エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingles)とルクエ(Lekue)
今週スペインは、火曜日(12月6日)が憲法記念日、木曜日(12月8日)が聖母受胎告知で祝日の為、役所や企業などに勤める多くの人がそれら祝日の前後(月曜日、水曜日そして金曜日)をお休みにするという裏技を使って(笑)、「10連休」というちょっと長めの休暇を満喫しています。「えー、夏休みでもないのに10連休?!」とかいう声が聞こえてきそうなのですが、10連休なんです(笑)。しかも2週間後にはクリスマスを含むコレ又2週間近くの冬休みも控えてますしね。「何時働いてるか分からない」、そう、これこそスペインで働く醍醐味なんです(笑)。

そんな中、僕はというと先週まで余りにも忙しくて全く手が付けられなかった「スペイン以外の仕事を進めちゃおう」と休日にも拘らず働く羽目に(悲)。家では全くやる気がしないので「図書館に行こう」と思い立ち、ビーチでお昼を食べた後、近くの大学図書館へ行ったらビックリ:



図書館の隅から隅まで学生達で一杯じゃありませんかー!「な、何故だー!連休中なのにー!!スペインの学生ってこんなに勉強熱心だったか?」とか思ってたら、どうやら連休明けに試験が控えてるらしい。な、何だ、そういう事ね(なんかホッした)。で、折角来たのに席が無く、俄然やる気がなくなっちゃって、更にお天気も良いので「散歩しよう!」と街中を歩いてたら今日2度目のビックリ!休日にも拘らずスーパーが開いてるじゃないですか!!祝日にスーパーが開いてるなんて「何事だ?」とか思ったので、思わず定員さんに「何で?」って聞いたら:

「コルテ・イングレスが開いてるからよー」

とか言う答えが返ってきた。 コルテ・イングレスというのは、スペインに君臨する大型デパートの事で、多分日本で言う松坂屋とか、そんな感じの位置付けになると思うんだけど、スペインにおけるコルテ・イングレスの存在感というのは物凄くって、ある意味、スペイン商業界を牛耳ってると言っても過言ではないと思います。象徴的なのが、コルテ・イングレスが休日営業する日にはFNAC(フランス系の大型デパート)も営業するし、街中のスーパーも営業するみたいな。



そんな強大な権力を持ったコルテ・イングレスはバルセロナ市内に5店舗あるんだけど、その内の一つ、カタルーニャ広場に面しているコルテ・イングレスは、何を隠そうカタルーニャが誇る大建築家、ラペーニャ&エリアス・トーレスが改修を担当しました(地中海ブログ:マドリッド旅行その4:ラペーニャ&エリアス・トーレス(Jose Antonio Martinez Lapena and Elias Torres)の建築その1、地中海ブログ:あまり知られていないバルセロナ近郊にある名建築:ラペーニャ&エリアス・トーレスによるCastelldefels城へと続くアプローチ空間)。



更に、ディアゴナル大通りを山の手に上って行った所にあるフランセスク・マシア店はボイーガス率いるMBMのデザインなんですよね(地中海ブログ:オリオル・ボイーガス(Oriol Bohigas)による伊東豊雄批判について思う事:バルセロナ国際見本市会場(Fira Barcelona)とSuite Avenue)。

で、先日所用でカタルーニャ広場にあるコルテ・イングレスに行ったら、何か知らないけど調理器具売り場の辺りに日本人観光客がやたらと群がってるのを発見。「何だ、何だ?」とか思って覗いてみたらコレでした:



そう、言わずと知れた日本で大人気(らしい)ルクエです。ちょっと見てたら、日本人のおばちゃん達が、各自両手に抱えきれないくらい大量のルクエを買い込んでいました(苦笑)。



ルクエなんて僕の住んでるアパートの下にある普通の食器屋さんにも山積みで置いてあるくらいなんだけど、「まあ、そんなに話題ならこの機会に一つくらい買ってみるか」という事で、ニンニクの皮むき機を購入してみる事に。



説明によると、この中に皮付きのニンニクを入れて、ゴロゴロと転がすと、簡単にニンニクの皮が剥けるとか書いてある。



「本当かー?」とか思いつつ、説明通りにニンニクを入れてゴロゴロと転がしてみたんだけど、これ、結構力を入れてゴロゴロやらなきゃいけなくって、思ったよりも労力がいる事が判明。



確かに皮が剥ける事は向けるんだけど、こんなに押さえつけなきゃいけないんだったら、包丁で皮向いて手を洗った方が手っ取り早いかな。



連休中に何度か試したけど、うーん、やっぱり相当ゴロゴロやらないと無理みたい。という訳で、お蔵入り。

ちなみにコレを買った後、ちょっと疲れたので休憩がてら屋上にあるレストラン兼カフェに行ったら、そこでも又々ビックリ!



カタルーニャ広場を見下ろす大パノラマが広がってるじゃないですか! 僕はバルセロナに11年住んでるんだけど、コルテ・イングレスのカフェに来たのは今回が始めて。まさかココにこんな絶景が広がっているとは思っても見ませんでした。場所も良いしコーヒーもそんなに高くないし、観光に疲れたらバルセロナの街並を見下ろしつつ、こちらで休憩するのも悪くないかもしれません。流石スペインの誇る松坂屋、コルテ・イングレス!恐るべしです。
| バルセロナ日常 | 06:14 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
にんにく皮ムキ器、オクラにするなら私に下さい、ってのは冗談ですが、そうそうエルコルテの最上階食堂、実はかなり穴場ですよね。

私もずっとその存在知らなかったんですけど、2年前弟が初めてバルセロナに来た時、一人で泳がせておいたらここで食事したらしく、すごく景色良かったよーって言われて、私なんて10年以上住んでて知らなかった所を来たばっかりの弟に教えてもらったんです。

実は観光客の方がよっぽど知ってる場所っていうのがあるんだなあ、とその時に思い知らされました。そして探検の日々は続く…。
| ay | 2011/12/08 6:44 AM |
ayさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうそう、ここの最上階、僕にとってはちょっとした驚きでした。観光客の皆さんの方が僕達よりも情報通というのは、時々痛感します。まあ、僕も名古屋の観光名所なんて殆ど知りませんしね(笑)。又今度お茶でもしましょう。
| cruasan | 2011/12/13 5:03 AM |
コメントする