地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< バルセロナの食べ歩き方:クロワッサン(cruasan)篇:カウントダウン第5位:Brunells | TOP | ヨーロッパ各国の意地と意地のぶつかり合い、ユーロビジョン(Eurovision)2011 >>
速報:スペイン南東部(Lorca)で地震発生
昨日、511日夕方頃の事だったのですが、スペイン南東部に位置するロルカ(Lorca)と言う街で、マグニチュード5.1の地震が発生しました。



この地震で少なくとも
8人の方々が亡くなった模様です。マグニチュード5.1と言うと、我々日本人にとってはそんなに大した事はないかの様に聞こえるかもしれませんが、地震への備えが殆どないと言っても過言ではないスペインにおいては、ウェブに掲載されている写真(El Pais紙から写真は拝借してきました)を見る限り、相当な被害が出ている模様です。



特に耐震構造など全くない建物の崩壊が結構あるみたいです。



更に人々は不安で一杯で、倒壊する恐れがある建物の中には居たくないので、広場などのパブリックスペースに避難している人なども見かけます。



奇しくも昨日は、イタリアで大地震があると言う、ある種の噂がたっていたのですが、それがスペインで現実の事となってしまいました。




まだ詳しい事は分からないのですが、情報が入り次第
Twitterなどでつぶやいていこうと思っています。

追記:

今日の新聞によると、昨日の地震は2回の大きな揺れがあったそうで、1回目がマグニチュード4.5、2回目が5.1だったそうです。今日までに9人の方の死亡が確認され、113人の方々が重軽傷を負われたのだとか。今回の地震でロルカにある80%以上の建物が影響を受け、地震に慣れていないスペイン人達は不安な日々を送っていると言う事が、メディアを通して伝えられています。この地方で大きな地震が起こったのは実は今回が初めてではなくて、1674年、そして1818年にも起こっています。


追記その2:

スペイン政府は今回の被害者に対して、死亡した人や後遺症が残った人などに対して日本円で約200万円(18.000ユーロ)までの見舞金、そして住む所が無くなった家族などに対しては、一年間に70万円(6700ユーロ)までの助成を約束しました。対応早いな!

| バルセロナ日常 | 08:28 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする