地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式を見ていて思った事:日本に増殖する結婚式教会について | TOP | あまり知られていないバルセロナ近郊にある名建築:ラペーニャ&エリアス・トーレスによるCastelldefels城へと続くアプローチ空間 >>
サグラダファミリア前で、カタルーニャの伝統「人間の塔」に遭遇
週末の朝は、いつもよりもゆっくり起きて、新聞を買いつつ近くのカフェでコーヒーとクロワッサンで朝食を取ると言うのが、僕の人生最大の至福の時の一つなんだけど、その後にサグラダファミリアを拝んで帰ると言うのが、最近の僕の日課になりつつあります。

前回のエントリで書いた様に、先週末はサグラダファミリア前に沢山の人達が集まって、「日本との連帯の日」を祝ってくれてたんだけど、一昨日通りかかったら何やら人だかりが出来て何かやってる様子。「何だー」とか思って覗いてみたら、先週末はどうやらサグラダファミリア地区のお祭りの日らしいと言う事に気が付きました
(地中海ブログ:今年のサンジョルディ(2011)は「日本との連帯の日」に:カタルーニャが日本を全力で支援してくれています)



受難の門前の公園には大きな舞台が設置され、そこでは民族衣装に身を包んだ小さな女の子達が、この地に伝わる(と思われる)踊りを一生懸命披露してくれてたんですね。何も知らずに通りかかった観光客達は大喜び!写真取りまくり状態!!「受難の門側がこんなに盛り上がってるなら、生誕の門の方はどうなってるのかな?」と思いつつ行ってみたら予想通り!あっち側はもっと凄かった!


先週末同様、交通を全て遮断した歩行者空間には、人、人、人の山。テレビカメラとかも来てて、「何かあるのかなー?」とか思ってたら、掛け声と共に、青い服を着た集団が円陣を組んで何かやり出した。「あ、あれはまさかー!」:



カタルーニャの心、人間の塔だー!!
18世紀から続くと言われている、この地に伝わる伝統、人間の塔って言うのは、まあ、簡単に言ってみれば組み立て体操の事なんですね。先ずはみんなで円陣を作り、上に登って行く人が落ちてきても大丈夫な様に、人の手でしっかりと安全ネットを作ります。そしてその土台の上に先ずは第一段目の塔が出来上がる:

それが出来たらその人達を伝って、第二段目、三段目と続くのですが、この塔、結構高くて不安定なので、崩れやしないかと、見てるこちらの方が、ハラハラドキドキ!



上に行く程、体重が軽い人が登る事になるんだけど、天辺は大概小さい子と決まっているんですね。で、その子が、片手を上げたら完成の合図なんだけど、もう、本当に直ぐにも崩れそうなくらい不安定なので、片手を上げて静止してる時間なんてまるで無し。



小さい子が頂上に辿り着き、手を上げるまでの時間、わずか
1秒足らず()。と言う事で写真は撮れませんでした(悲)。



降りる時は、上る時と全く逆の手順でやるんだけど、見てたら上から順番に、まるで上り棒を滑って降りていくかの様に、かなりスムーズに解体してました。周りからは大歓声と割れんばかりの拍手喝さい。サグラダファミリアの前でカタルーニャの国旗も沢山はためき、「カタランパワー炸裂!」って感じでした。そうこうしてたら、隣で緑色の服の一段が何やら円陣を組み出した:



どうやらもう一つ別のグループが今度は人間の塔を作るらしい。手順はさっきとそれ程変わらないんだけど、一段目が6人くらい居て、さっきよりも規模が大きそう。

あれよ、あれよと言う間に2段、3段と出来ていき、気が付けば、今度は3人くらいの小さい子達が頂上を目指して登ってる。



「今度こそ、頂上の子が手を挙げた瞬間を撮ってやるぞ!」と意気込んだんだけど、やっぱ駄目だった。だって、ホント、一瞬なんですよ!

この人間の塔は、カタルーニャの団結を表す、由緒正しい伝統行事で、良くお祭りの時なんかに各地でやられてるんだけど、こんな真近で見たのは今回が初めてでした。マンモスラッチーって感じだったかな()
| バルセロナ歴史 | 06:30 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
結構高いですよね。。。前にテレビか雑誌で見たことがあるような。
この人間の塔、実際に見てみたいものです。
バルセロナは前にイタリア人と一緒に旅行したことがあるくらい。
でも、20年以上も前の話なので、またぜひぜひ行ってみたいところ☆
朝にコーヒーとクロワッサン、これまた懐かしいです。
習慣づくと、必ずコーヒーとクロワッサン、ってなりますよね。笑
| スキニチーノ | 2011/05/26 4:40 PM |
スキニチーノさん、こんにちは。

そうそう、コレ、結構高いんですよね。あれ程の高さに積み上げるには、相当の集中力を必要とするはず。そして崩れた時の為に、下にはそれを支える人達が人間ネットを作って待機しています。これこそ、カタラン人達の団結を示す証!

朝食にコーヒーとクロワッサン、幸せの一時です。
| cruasan | 2011/05/28 5:16 AM |
コメントする