地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペインの美人過ぎるニュースキャスター、Maria Casadoさんって‥‥ | TOP | 日本に住んでるスペイン人達へ:Informacion importante sobre el terremoto para los espanoles que viven en Japon >>
バレンシア出張その1:ローマ時代の遺構を楽しみながら食事が出来るレストラン:ORIO
今週月曜日、バルセロナはカーニバル関連の休日だったのですが、(悲しい事に)僕は仕事で朝からバレンシアに行っていました。と言うのも、定期的に開かれているバレンシア州政府やバレンシア市役所の人達とのプロジェクト•ミーティングに参加する為だったんですね(地中海ブログ:バレンシア・バルセロナ・サラゴサ計画とカンプス(Francisco Camps)氏の汚職疑惑騒動)。このミーティング、いつもは州政府の建物で行われるのですが、今回は何故か中心市街地に位置する市役所で開かれると言うお達しが事前にあり、更に予定時間も朝から始まって13時から15時までの間中断、その後18時まで続くと言う、超変則的な時間割。「何か何時もと違うなー」とか不思議に思いながらもバレンシア入りしたんだけど、その答えが漸く判明。



どうやら先週から来週末(19日)にかけて、バレンシアでは世界的に有名な火祭りが行われているらしく、この期間は毎日の様に午後14時から市役所前の広場で花火や爆竹を上げまくる行事が行われるのだとか。と言う訳で、「どうせだったら、そのお祭りを皆で見よう!」と言う事になり、コーディネーターが気を利かせて予定を組んでくれたと、まあ、こういう事らしいんですね。

でかした、J君!何時もは、あまりパッとしないJ君だけど、やる時はやってくれるじゃないですか!!更に先週オープンしたばかりと言う、市役所から歩いて5分程の所にある、今バレンシアで話題騒然のレストランを予約してくれたとか何とかで、そこに皆で行く事に:



コンタクト
Orio:Euslal Taberna
Address: San Vicente Martir, 23
Tel: 963511992
Web: www.gruposagardi.com




入り口付近に沢山のピンチョスが並んでて、かなり美味しそう。



しかも天井には船らしきものがデコレーションされてたりして、「なかなか雰囲気が良いなー」とか思いつつも、「でも、ここって、そんな言う程特別か???」とか内心思ったりもしたんだけど、どうやら今日は僕達の為に、地下にある特別室を用意してくれているだとか。で、早速そこに降りてったんだけど、これがビックリ:



何と、ローマ時代の遺跡を利用した、かなりオシャレな空間じゃないですか!!!



昔の石が積まれている所に、赤い間接照明なんかを当てて、非日常的な空間を演出してる辺り、かなり絶妙!



僕達が食事をした空間はちょっとしたポケット空間みたいになってて、プライベートな感じで落ち着いて食事が出来る様になっていました。更にその床はガラス張りになってて、遺跡が直に見える仕掛けに:



ローマ遺跡の上に美術館を創って、そこを存分に巡らせるって言うアイデアに基づいたバルセロナ市歴史博物館がこんな感じになってるんだけど、このレストランの特別席はグループでその雰囲気を「これでもか!」って独り占め出来る様で、もう言う事はありません。これにはちょっとビックリしたぞー!!!



料理の方はと言うと‥‥「まあ、普通かな」って言う感じなんだけど、食事と言うのは、その料理の味と共に、それを味わう空間も重要な要素の一つだと個人的には思っているので、そういう意味で、今まで体験した事の無い空間での今回のランチは、大満足に足るものでしたね。星2つです!!!
| 地球の食べ歩き方 | 04:55 | comments(6) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
プログ楽しく拝見しました。
私は古いものや絵が好きなのですが,先日ある所で非常に目を引かれる油絵に出会いました。
陶器(たぶんマジョルカ)を描いた雰囲気よい8号位の油絵です。
サインはM・Biesaとありました。
持ち主も作品や作家が解からないようです。
たぶん,スペインの若手画家ではないかと思っています。
バルセロナにお住いのようですが,この作家をご存じですか。
私は5万円位で譲ってくれないか申しいれようかと思っています。
ご存じでしたらお教えください。
それでは。ワイズ
| waizu | 2011/03/10 3:06 PM |
スペルを間違えました。BiesaではなくBlesaです。
| waizu | 2011/03/10 3:09 PM |
Waizuさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

お返事が大変遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
と言うのも、先週起こった地震の為に、今でもゴタゴタしています。大変申し訳ないのですが、今回も最小限のコメントをさせて頂く事とします。

個人的には知らないのですが、確かにM.Blesaと言う画家がカタルーニャに居る様です。どうも調べてみた感じ、こちらではかなり有名な画家みたいです。

シッチェスと言う街がバルセロナから少し南に行った所にあるのですが、この街はカザスやルシリョールなどと言った画家の出身地、もしくはアーティストの溜まり場的な街として知られています。そこで活躍している(していた)画家の様ですね。

もし、もう少し詳しく、と言う事であれば、上のプロフィールの所に置いてある僕の個人メール宛に連絡頂ければと思っています。緊急時ですので、お返事は遅れるかもしれませんが、必ずご連絡差し上げますので。
| cruasan | 2011/03/18 2:22 AM |
ベルーサの情報,どうもありがとうございました。
スペインの美術事情は日本とは大分違って,生活の中に絵画などがあるようですね。
震災ですが,
私は埼玉ですがかなり揺れてガラス器などが落下して壊れたのと,自宅の壁に少し亀裂が入ってしまいました。
問題は福島の原発です,
私の住んでいる地域は現状の放射線数値は正常レベルですが,少し心配です。
またお願いですが,私はバルセロナの近郊に住む,YOICHI TANABEと言う日本人画家に興味があります。
現地での評価や評判などが有ればお教えください。
| waizu | 2011/03/19 3:10 PM |
Waizuさん、こんにちは。

地震、本当に大変な事になったと思っています。
当然の事ながらこちら、バルセロナでも連日報道などされていて、異国に居る身ながらも、日本の事を懸念し、僕に出来る事は無いかな?と切実に思っている毎日です。

さて、ご質問の画家なのですが、僕は聞いた事がありません。ネットで見たら、ホームページがありました。http://www.tasneemgallery.com/en/artists/YoichiTanabe.php

こちらを参照されるのが良いかと思われます。
| cruasan | 2011/03/21 9:48 PM |
返事ありがとうございます。
関東地域は日常生活を戻しつつありますが,計画停電と言う制度が実施されています。
私は自営なのでそう影響ないですが,計画停電によりサラリーマンは通勤に苦労し,製造業や飲食業の方も大変なようです。
また福島原発は,管理された冷却に至るにはまだまだ時間がかかりそうで気がかりです。
ただ私の周りや私自身も,実情平素に近い生活でそれなりにレジャーや余暇などは楽しめています。
さっそくホームページを観てみました,やっぱりYOIHITANABEは良い作家です。
それでは。
| waizu | 2011/03/27 12:47 PM |
コメントする