地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 世界一ロマンチックな映像その2 | TOP | ベルルスコーニの売春問題とか、2012年のスペイン総選挙を取り巻く問題とか >>
スペイン王室ネタ:フェリペ王子とレティシアさんの恋の軌跡のDVD(Felipe & Letizia)買っちゃった!
日本に10人程度と見られる、スペイン王室フェチの皆さん、こんにちは(笑)。前回のエントリでちょっとしたゴシップネタを書いたので、今日はその次いでにもう一つ。

何を隠そう僕、昔からゴシップとか大好きなんですけど、そんな僕を魅了して止まないのがスペインの王室ネタなんですね。元ギリシャのお姫様で、「女王様とお呼び!」って言われなくても思わず、「女王様〜」って呼んでしまうくらい気品に溢れまくってるソフィア王妃ネタは勿論の事、7年程前、フェリペ王子とレティシアさんの結婚騒動とか、もう面白くって面白くって、毎日テレビに齧り付いて見てたくらいです(地中海ブログ:グローバリゼーションの中における現在のナショナリズムについて:ワールドカップとカタルーニャ新自治憲章案)。そんなスペイン王室ファンの皆さんにとっては堪らないDVDが先日発売されちゃいました:



じゃーん、フェリペ王子とレティシアさんの出会いから結婚までを描いた超大作(笑)、その名もフェリペ&レティシア(Felipe & Letizia)!!!

これはですね、数ヶ月前に民間のテレビ局(何を隠そう、ベルルスコーニ伊首相が率いるMediasetグループ傘下のTelecinco)が制作した3時間弱のミニドラマのDVD版なんだけど、何が凄いって、実はこのドラマ、その殆どの部分が想像に基づいて作られているんですよ!つまり「彼らの出会いはこんな感じだろう」とか、「こんな風に事が進んでいったんじゃないの?」って言う「ノリと勢い」だけで作ってしまったドラマ、それがこのフェリペ&レティシアと言う訳なんです。

じゃあ、どうして7年も経った今になってこんなミニドラマが作られたのか?って言うと、実はフェリペ王子とレティシアさんが結婚した当時、その2人を巡ってスペインでは社会全体を巻き込んだ大論争が沸き起こり、未だにその残り火が消えてないからなんですね。それと言うのも、花嫁のレティシアさんの境遇と言うのがちょっと複雑だったからなんです。



(上の写真はアンカー時代のレティシアさん)
先ず第一に、彼女は王族や貴族の出身では無くて、ごく普通の家庭で育ったごくごく普通のお嬢さん。つまり民間出身。で、何をやってたのか?と言うとですね、実は彼女、スペインのキー局のアンカーを務めてたんですね。ちなみに彼女の後任のアンカーには、ドラゴンボールの18号そっくりのMaria Casadoさんが抜擢されています(地中海ブログ:似てませんかね?:テレビション・エスパニョーラ(Television Espanola)のメインキャスター、Maria Casadoさんと・・・。)。

 

って言っても、まあ、最近では英国王室のウィリアム王子と、その恋人、ケイトさんなんかに見られる様に、民間から王室に嫁ぐって言うのは結構普通になりつつあると思うんだけど、レティシアさんが他の人達とちょっと違っていたのは、実は彼女、離婚経験があったんですよ!

僕なんかは、「離婚?別にいいじゃん」とか思っちゃうんだけど、スペインと言う国は一応カトリックの国なので、将来の王妃が「離婚経験あり」って言うのは相当問題があるらしい‥‥。長い歴史を誇るスペイン王室にとっても、離婚歴のある女性を民間から迎え入れるって言うのは今回が初めての事らしく、その事が社会全体を巻き込んだ大論争を引き起こすなんて事は、スペイン王室だって初めっから予測出来たはず。

だからこそスペイン中が、「な、何―!そんな事あり得るのか!!!王様と王妃、そして王子の間で一体どんなやり取りがあったんだー!!!」って言う事の顛末が、国民の間で多大なる関心として沸き上がってきたと、まあ、そう言う訳なんです。

で、今回のDVDの一体何処がそんなに面白いのか?と言うとですね、上にも書いた様に、それら王様と王妃、そして王子などの間で交わされたであろう会話やシチュエーション、その時の状況など、それら殆ど全てを想像に任せて作ってる所なんです!何でかって、そりゃ、彼らがどんな風に出会ったのか?もしくは、どんな議論が王様達の間でなされたのか?などの正確な情報は入手不可能な為、それらは全て想像する、もしくはでっち上げるしか無い訳ですよ!だから見てて、「本当かな?」とか首を傾げざるを得ない所が多々あるんだけど、それがものすごく面白いんですね。

例えばですね、ドラマではフェリペ王子とレティシアさんは、とあるパーティーで出逢った事になってるんだけど、その時のやりとりなんて、僕的にはかなり笑える:

 

(上の映像で53秒くらいの所)
レティシア:レティシアと言います。
フェリペ王子:フェリペです。
レティシア:(笑いながら)知ってます。

しかも,その後、二人とも見つめ合いながら立食パーティーとかしてるし(笑)。

又、フェリペ王子が彼女宛に贈ったカルティエのイヤリングを、その晩のニュースでレティシアさんが耳に付けてるのを見て、フェリペ王子がガッツポーズを決める所など(12分12秒くらいの所)、もう、突っ込み所満載で、もしスペインにニコ動とかあったら、さぞかし盛り上がった事だろうなーとか思います。

そんな中でも僕的には一番印象的だったのが、何度話し合っても「ダメ」の一点張りの王様と王妃に対して、フェリペ王子がとうとう切れて、最後の賭けに出る場面:

「僕達の結婚を許してくれますか?もし駄目なら、僕は王位を投げ捨てます」

うーん、面白い!最近見た中では断トツに面白かったドラマでした。これだから止められないんだな、スペイン王室ネタ!
| サブカル | 05:37 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
ちわ〜っす。

王室好きなCRUAさん、では先日始まったReina Sofiaのミニシリーズも見てますか?

数日前新聞の広告で宣伝してるの見たんですけど、いまいち主役に華がないというか、レティシアのドラマほど話題になっていないようですが・・・。

今ググッてこの記事見つけたんですけど、視聴者を馬鹿にしてるのか?という内容だったとか。

http://www.publico.es/televisionygente/357382/sofia-cardados-de-algodon-de-azucar

私は今回は遠慮させて頂きますが、Reina Sofia命!のCRUAさんには見逃せない内容かも。しかし、もうちょっと見てみたい気を起こさせるような配役に出来なかったものか、ギモンが残ります・・・。
| ay | 2011/01/25 6:47 AM |
Ayさん、こんにちは。

Reina Sofia,見ました!って言っても、後半だけだったのですが‥‥。確かに、おっしゃる通り、レティシアほど、華は無かったし、話題にもなりませんでしたね。多分、物語自体が相当昔のお話なので、みんな忘れてるとか、それよりはリアルタイムのレティシアの方が親近感が湧くとか、そんな所じゃないですかね?

何はともあれ、DVD出たら速攻買います。
又、王室ゴシップで盛り上がりましょう!
| cruasan | 2011/01/29 6:30 AM |
コメントする