地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< モナリザの起源が遂に判明か?レオナルド・ダ・ヴィンチって実はカタラン人だったらしい | TOP | スペインの長―いクリスマスイベントの締め括り:東方の三博士来る >>
あけましておめでとうございます:2011年
新年あけましておめでとうございます。

ここ数年、年末年始はローマ、ロンドン、パリなどヨーロッパ各地で過ごす事が多かったのですが、そんな中、今年は何と、名古屋に来ています!と言うのも、クリスマス前に日本での仕事が重なった事などから、「それならいっそ」と思い立ち、約10年ぶりの日本の年末を楽しんでいると言う訳なんですね。「え、10年?」って・・・()、そうなんです!実は僕、渡西以来、冬に帰国した事が一度も無かったんですよね。

まあ、10年もの間、日本の年末を見てないと、さすがに忘れてる事が多くって、取り敢えず一番最初に驚いたのは、日本の冬の厳しさですね。って言うか、なんでこんなに寒いんですか!!!地中海性気候のバルセロナはともかくとして、去年行ったパリ、そして一昨年行ったロンドンに比べても、日本の方が圧倒的に寒いと思うんですけど・・・。「じゃあ、夏は涼しいのか?」って言うと、全くそんな事は無くて、今年の夏は亜熱帯の様に暑かった事を今でも良く覚えています。冬は極寒で夏は蒸し風呂・・・更に地震に津波・・・日本って自然環境的に見たら、住みにくい国ベスト5くらいに入ってるんじゃないのかな?まあ、だからこそ、こんな厳しい自然と共生する為に、科学技術が進歩したと言う側面もあるとは思うんですけどね。

その一方で、ちょっと驚いたのは、日本におけるクリスマスイブの華やかさです。これは以前のエントリでも書いた気がするんだけど、そもそもクリスマス発祥の地であるヨーロッパでは、クリスマスと言うのは「家族系のイベント」であり、その中でもイエスキリストが生まれた1224日と言うのは、親戚一同がおじいちゃんの家とかに集まって家族一緒に夕食を採ると言うのが、典型的なキリスト教国に住む人達の過ごし方なんですね。そしてこの日ばかりは、デパートや街中のお店は勿論の事、多くのレストランやバーですら、夜の営業はしていないと言う所が多いかと思われます。更に公共交通機関は22時頃で終わり。それを過ぎると、何時もは大勢の人で賑わうバルセロナのランブラス通りですら人影はまばらになると言う、まあ、つまりは一年の内で「最も街中が華やかでは無くなる日」、それが1224日の夜と言う訳なんです。

それが何処でどう間違ったのか知らないけど、日本ではクリスマスイブは恋人たちがお洒落なレストランでディナーをし、互いにプレゼントを交換し合った後、夜のネオン街へと消えていく・・・と、そんなロマンチックな夜と言う事に何時の間にかなってしまったんですね(苦笑)。更に何処へ消えて行くのか?と言うと、これ又、「ホテル・バチカン」だとか、「ホテル・ローマ」だとか言う、カテドラルを模したラブホテルの中で夜の営みを行うって言うんだから、日本人って本当に面白い。だって、数あるキリスト教のイベントの中でも最も神聖なイエスキリストが生まれた日に、あろう事か、カテドラルの中で、これまた、キリスト教では固く禁じられている「欲望の為の愛の営み」をするって言うんですから(苦笑)

そんなロマンチックなイメージを抱いた日本人カップルが、「日本がこれだけロマンチックなんだから、本場ヨーロッパではもっと華やかに決まってる!」とか言って、毎年沢山の日本人観光客の方々がクリスマス前後にヨーロッパに来るんだけど、個人的にはこの日ばかりはヨーロッパ旅行は避けた方が賢明だと思います。何てったって、1224日、25日は美術館、博物館は何処も開いてないし、公共交通機関も運行は極めて不安定。レストランだって開店してる所は限られてくるので、何だかんだ言って最終的にはMのマークの超有名レストランで寂しくディナーって事になるのがオチだと思いますね(笑)。ちなみに現在の日本マクドナルド社長の原田さんの奥さんは、僕が中学生の頃大ファンだった谷村有美さんです(どうでもよい豆知識)。

そんな事を思いつつ、「去年の今頃は一体何を考えてたのかな?」と、ブログを読み返してみたのですが、そこにはこんな事が書かれていました:

「僕は今、人生の中で最も充実し、一番楽しい時の中にいる気がしています。勿論失敗は沢山あり、無茶苦茶落ち込む事もあるけれど、それらを吹き飛ばすくらいの気力があり、何より毎日が輝いている・・・。」

この文章を書いたのはパリのホテルだったと思うんだけど、丁度一年経った今、不思議な事に僕はコレと全く同じ事を感じています。いや、正確に言うならば全く同じではありません。何故なら、僕の毎日はその光を失うどころか、一秒一秒キラキラと輝きを増して行っているのだから。

地中海ブログも今年で早や5年目を迎える事が出来ました。今年は去年までとは違ったスケールのプロジェクトが動き出したり、個人的に今まで踏み込んだ事の無い領域に挑戦したりと、色々な意味で飛躍の年になるのでは?と期待をしています。いや、絶対そうします。そして今年も、「楽しい人生」、「豊かな毎日」を送る事をモットーに毎日全力で生きていこうと思っています。

地中海ブログも昨年同様、僕の独断と偏見で勝手な事を書き続けていこうと思っているのですが、引き続きご愛読頂ければ幸いです。当ブログの読者の皆さんにとっても素敵な年になりますように。そして今年もヨロシクお願い致します!
| バルセロナ日常 | 21:21 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする