地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< サグラダファミリア工事続行か?反対か?を巡るカタラン人建築家達の意見 | TOP | あけましておめでとうございます:2011年 >>
モナリザの起源が遂に判明か?レオナルド・ダ・ヴィンチって実はカタラン人だったらしい
(最初に断っておきますが、これはトンデモ話です。)

一昨日の夜の事だったんだけど、Twitterの方でレオナルド・ダ・ヴィンチに関する驚きのつぶやきが流れてきました。それがコチラ:

"モナ・リザの目を顕微鏡で拡大すると文字が書かれていることが判明したと伊文化遺産調査委員会。右目には「LV」、左目にも「CEもしくはB」に見えると。"

「えー、そうなの!!」って、何気にダヴィンチコードとか大好きな僕は、この手の話にはかなり興奮してしまうのですが、そんな興奮も冷め遣らぬ昨日の新聞に、これまた驚きのダヴィンチ関連情報が載っていました。と言うのも実は最近、Jose Luis Espejoとか言う歴史家がレオナルド・ダ・ヴィンチに関する書籍、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密の旅(El viaje secreto de Leonardo de Vinci)」とか言う本を出版したそうなんだけど、その本に関する著者のインタビューが載ってたんですね。

で、タイトルに惹かれて興味本位で読み始めたんだけど、そしたらそのインタビューにすごい事が書いてあった!な、なんと:

「レオナルド・ダ・ヴィンチは元々カタラン人だった!」

とか書いてあるじゃないですか!!!「えー、そうなのー!!うそー!!!」って、かなり興奮して続きをどんどん読んでいくと、これまた、ものすごい事が書いてある。



バルセロナ近郊には「モンセラット」って言う、変わった形をしたお山があるのですが、そこの修道院は結構由緒正しい修道院で、黒い色をしたマリア像がある事で大変有名なんですね。

勿論、「何故黒いのか?」って言う謎もあるんだけど、それよりも何よりも、実はこのマリア像、見る角度によって、その表情を変えるってんだから驚きです。つまり左右どちらから見るかによって、その表情が笑って見えたり、怒って見えたりする訳なのですが・・・。で、これって何処かで聞いた事のあるお話だとか思いませんか?(ガクガクブルブル)

この著者によると、元々カタルーニャに住み着いていたダ・ヴィンチ家は、何らかの理由で13世紀頃にイタリアに移り住んだらしいのですが、実はレオナルド・ダ・ヴィンチって1498年の8月から1459年の3月にかけて行方不明になってて、その間の記録が一切残って無いそうなんですね。で、この間何をしていたのか?と言う事が専門家達の間で一つの議論を巻き起こしているそうなんだけど、この作者が唱えた仮説によると、実はレオナルドはこの間、カタルーニャに里帰りをしていて、その時にモンセラットへ行き、この黒いマリア像を見たのではないか?と言ってる訳なんですよ!で、この時見たこの黒いマリア像の「微笑み」に多大なるインスピレーションを受け、後に彼はモナリザの微笑を描いたのではないか?と言う、云わば、「モナリザはMade in Catalunya!」みたいな事を言ってるんですね!

「おー、何だその全く新しい発想はー!面白いじゃないですかー!!いいぞ、カタラン人!」

で、更に更に、レオナルドがカタルーニャに来たのには隠された理由があって、それは、この地で当時非常に盛んだった錬金術を学ぶ為だったとか。そして錬金術における最も重要な物質は黒色、モンセラットの黒いマリア像、モナリザの衣服は黒、モナリザの背景の中に見えるモンセラット山・・・。そしてそれらの背後に蠢く影、それが薔薇十字軍とフリーメイソン、そしてダヴィンチ家はカタリ派の血筋で、実はレオナルドが描いてきた絵画にはある暗号が隠されていて・・・

おー、おー、面白い!これはカタラン版ダヴィンチコードです!!!こんな(色んな意味で)面白いものを独り占めするのは勿体無い!と言う訳で、下記にインタビューの全訳をしちゃいました。興味のある方はどうぞ!吹き出す事間違い無し、特にインタビュアーの最後の質問なんて爆笑もんだと思います。

Q
=インタビュアーの質問
R
=著者の返答

Q:
今日は何故この場所を指定されたのでしょうか?
Q: Por que estamos aqui?


R:
(二人とも、このレストランのガラス窓から見える古い灯台と、その奥にあるゴシック教会の塔を背景としたバルセロナ港を見つめながら)何故ならここから見える風景こそ、レオナルド・ダ・ヴィンチと最も関連あると思われる所だからです。ココこそ彼が、La Anunciacionを描いた場所なのではないか?と思われるんですね。このようにして彼は、バルセロナにおける彼の存在の証を残したと言う訳なんです。
R: (Ambos miramos por la ventana panoramica del restaurante la entrada del puerto, con el antiguo faro y las torres de las iglesias goticas de fondo). Porque este es el paisaje mas asociado a Leonardo da Vinci en Barcelona. Queda reflejado en su cuadro “La Anunciacion”. De esta manera dejo constancia de su presencia en la ciudad.

Q:
レオナルドはバルセロナに一体何をしに来たのでしょうか?
Q: Y que vino a hacer?


R:
彼のバルセロナへの訪問は彼の家族と関係があります。彼の祖先であるGiovanni da Vinci40年近くバルセロナに住み、そしてバルセロナで亡くなりました。彼は多分、親戚などとは離れて暮らしていたのだと思われます。だからレオナルドにはバルセロナに、遠い従兄弟がいたのでは?と思われるんですね。
R: Su visita puede tener relacion con su familia. Un antepasado suyo, Giovanni da Vinci, vivio 40 años en Barcelona y murio aqui. Posiblemente dejaria familia. Leonardo seguramente tenia primos lejanos en Barcelona.

Q:
と言う事は、レオナルド・ダ・ヴィンチはカタルーニャ出身と言う事なのでしょうか?
Q: Leonardo seria de origen catalan?


R:
そうだと思います。彼の苗字と家紋はどちらもカタラン人のものです。Vinciと言うのは(私にとっては)、昔のカタルーニャ領土だったConflent地方で用いられていた苗字、Vincianoの省略形です。Vincaと言う苗字は当時のカタルーニャではありふれたものでした。家紋の方はと言うと、これは3つの縦線を伴ったカタルーニャのものであり、マヨルカ王国の紋章の別ヴァージョンだと考えられます。私の推論では、彼らはカタルーニャから来たのでは?と思う訳なんですよ。
R: Creo que si. Su apellido y su escudo son catalanes. Vinci, para mi, es un apócope de Vinciano, que esta en el Conflent. El apellido Vinçà era comun en Catalunya. Su escudo es un escudo de Catalunya con tres barras, lo que es una brisura, una variedad, del escudo que representa el reino de Mallorca. Mi hipotesis es que venian de Catalunya.

Q:
何故レオナルド・ダ・ヴィンチはカタルーニャを離れたのでしょうか
Q: Y por que la dejaron?


R:
多分、宗教的な理由の為に、13世紀の初頭頃、彼の家族はイタリアへ移ったのだと考えられます。多分彼らは異端であり、当時の多くのカタラン人やオクシタニア人達と同様に、異端尋問を逃れる為にイタリアへと移って行ったのだと考えられるんですね。だから彼らは苗字にVincianoと言う、元々の彼らの出身地を匂わす苗字を付けたのだと思うのです。フィレンチェにおいてVinciと言う苗字は、外国人の苗字と考えられています。
R: Creo que su familia iria a Italia por motivos religiosos a principios del siglo XIII. Seguramente serian herejes y se instalaron en Italia como tantas familias catalanas y occitanas que huian de la Inquisicion. Entonces se pusieron el apellido de Vinciano, porque era su lugar de origen. En Florencia, los da Vinci aparecen como una familia foranea.

Q:
そうなんですか!ダ・ヴィンチ家がカタルーニャ出身だと言うのは、コロンブスがカタルーニャ出身だと言う説を彷彿とさせます。
Q: Vaya, da Vinci de origen catalan como otro personaje celebre de la epoca, Cristobal Colon, segun indican algunas teorias…


R:
興味深い事に、実は彼らは共通の友達を通じた友人関係にあったのではないかと考えられます。Americo Vespucioと言う、レオナルドが若い頃の友人なのですが、彼らは共に、Giorgio Antonio Vespucciの弟子だったとも考える事が出来ます。
R: Curiosamente podian haber tenido un vinculo de amistad a traves de un amigo comun, Americo Vespucio, amigo de juventud de Leonardo, ambos seguramente discipulos de un mismo maestro, Giorgio Antonio Vespucci.

Q:
レオナルド・ダ・ヴィンチはカタルーニャに彼の起源を探しに来たのでしょうか?
Q: Y Leonardo vino a Catalunya para conocer sus origenes?


R:
レオナルドは1481年の9月にフィレンチェで消息を絶ってから、1483年の423日にLa Virgen de las Rocasの契約書にサインをするまでの間、何処に行ってたのかは分かっていません。彼が1年半もの間、何処に行っていたのかを知る人が居ないのです。これは私の推論なのですが、彼は実はこの間、モンセラットに行っていたのでは?と思っています。
R: Sobre el mes de septiembre de 1481 desaparece de Florencia y no se sabe nada de el hasta el 23 de abril de 1483, cuando firma el contrato para pintar “La Virgen de las Rocas”. Nadie sabe donde estuvo durante ese año y medio. Creo que el habria ido a Montserrat.


Q:
どういう根拠からそのような結論に達したのでしょうか?
Q: En que se basa para llegar a esta conclusion?


R:
先ず初めに、彼の絵画に現れるイコノグラフィーが挙げられます。それらの多くに、モンセラットを見る事が出来るんですね。更に2つの絵画を描く為に、当時、実際にモンセラットに来てもいます。その一つが、1842年に寄贈された聖ヒエロニムス(San Jeronimo)なんですね。
R: Primero, en la iconografia que aparece en sus cuadros. En varios se puede ver la montaña de Montserrat. Ademas, vino a pintar dos cuadros. Uno de ellos seria el “San Jeronimo”, datado en 1842.


Q:
彼はそれをモンセラットで描いたと言う事なのでしょうか?
Q: Lo habria pintado en Montserrat?


R:
その通りです。聖ヒエロニムスは19世紀にローマで発見されました。多分、ナポレオン軍が略奪しに入った時、修道院から持ち去ったのだと考えられます。フランス人達はモンセラットにあった絵画を持ち去り、そしてこの時、フランスのコレクションにそれらを加えたのです。当時はナポレオンの叔父がそれを持っていた可能性が高いのですが、後にそれをバチカンに売り払ったのだと考えられます。レオナルドがそれをモンセラットで描いたと言うもう一つの理由は、この聖ヒエロニムスに大変似ているPau Serraと言う、1776年に創られたレリーフが存在するからなんですね。こんな事が可能なのは、当時モンセラットに掲げられていたレオナルドの絵画からインスピレーションを受けたとしか考えられません。その上、それらにはモンセラットの風景やCavall Bernat、シエラネヴァダ山脈(Sierra)の特徴なども出現するのです。
R: Si. Este 'San Jeronimo' aparecio en Roma en el siglo XIX. Creo que las tropas napoleonicas se lo llevaron del monasterio cuando lo saquearon. Los franceses se llevaron cuadros de Montserrat, que fueron a parar a colecciones francesas. El tio de Napoleon pudo haberlo adquirido y luego lo vendio al Vaticano. Digo que lo pinto en Montserrat porque existe un relieve de Pau Serrra, hecho en 1776, muy parecido al 'San Jeronimo'. Solo pudo haberse inspirado en el cuadro de Leonardo, lo que lo situa en Montserrat. Ademas, aparecen paisajes montserratinos. Aparece el Cavall Bernat y unas rocas caracteristicas de la sierra.

Q:
もし聖ヒエロニムスがモンセラットに存在したのなら、何かしらの証拠が残っているはずです。モンセラットの修道士とはその事についてお話をしたのでしょうか?
Q: Si el “San Jeronimo” estuvo en Montserrat, deberia quedar constancia… Ha hablado con los monjes?


R:
彼らの意見を聞く為に今まで何枚もの手紙を出しましたが、返事はありませんでした。
R: Envie varios correos para pedirles su opinion y no he obtenido respuesta.

Q:
何が障害となっているのでしょうか?
Q: A que lo atribuye?


R:
彼らは秘密主義者なので何も話したくないのです。もし私の推論がバカバカしいものだと思っているならば、「そのような根拠は何も無い」とハッキリと示してくるものだと思うんですね。しかしながら何も言ってこない。つまり暗に私の推論を認めているのだと言う事です。反対に、「私の論に賛同する」と連絡をくれた方々が何人かいらっしゃいました。
R: A que son hermeticos. No les gusta airear sus cosas. Si considerasen que mis teorias son una tonteria, me lo dirian claramente, que no hay bases para sostenerla. Pero no me lo han dicho. Lo atribuyo al silencio administrativo. En cambio, hay gente que se ha puesto en contacto conmigo para ratificar extremos de mis teorias.

Q:
例えば
Q: Por ejemplo?


R: Andrea Hernandz
Retrato de Musicoに出てくる楽譜は、「モンセラートの朱い本Montserrat de Vermell Llibre)に出てくるものではないかと私に教えてくれました.
R: La musicologa Andrea Hernández me contacto para decirme que la partitura que aparece en el cuadro “Retrato de musico” es una de las piezas del Llibre Vermell de Montserrat.

Q:
皆さんどのようにあなたの論を捉えてらっしゃるのでしょうか?馬鹿らしいと思っているのか、もしくは扇情主義者だと考えているのでしょうか?
Q: Teme que consideren que sus teorias son una tonteria o sensacionalistas?


R:
私の仮説は別に扇情主義ではないと思います。何時も言うのですが、私は仮説作業を行っているのだと。今の所、誰も私の論に矛盾を唱える人は出てきていません。そんな事を指し示す文書もありません。唯一存在する文書と言えば、レオナルドが1504年にSalsesにある居城を訪れたと言う事を表す文書が存在するだけなのです。そしてそれは我々をモナリザへと誘う、彼の2回目の旅を確証する事が出来るだけなのですが‥‥。
R: No son sensacionalistas. Siempre digo que se trata de hipotesis de trabajo. Nadie me ha dado hasta ahora ningun argumento que contradijera los mios. No hay documentos. Los unicos que existen son sobre su visita al castillo de Salses en 1504. Como minimo, podria confirmar el segundo viaje, que nos llevaria a la “Gioconda”…

Q:
それについてお話をお聞きしたいのですが、その前に、何故レオナルドがモンセラットに行ったのか?について聞かせてください。
Q: Hablaremos de ella. Antes digame por que Leonardo iria a Montserrat?


R:
当時の修道士の長(Abad Comendatario)はその後、ローマ法王Julio IIになります。当時、カトリック両王はモンセラットをジェロニモス修道院にしたいと考えていました。そうする為に、工事もしていたのですが・・・。
R: El abad comendatario de esa epoca era el que se convertiria en el Papa Julio II. En esos tiempos los Reyes Catolicos querian convertir Montserrat en un monasterio de jeronimos.
Incluso se hicieron obras…

Q:
だから聖ヒエロニムスなのですか?
Q: Por eso el San Jeronimo?


R:
その通りです。モンセラットで一番高い所にある礼拝堂、一番高い壁、そして一番高い山の頂、それらは全て聖ヒエロニムス派に属するものであると言う事に我々は気が付くべきなのです。そしてモンセラットの美術館には3つの聖ヒエロニムスが展示されていますし、更にモンセラットの図書館には、4つの聖ヒエロニムスに関する揺籃印刷本(インキュナブラ)が所蔵されてもいます。つまり聖ヒエロニムスに対して、何かしら特別な視線が向けられているのです。そう考えると、レオナルド・ダ・ヴィンチに聖ヒエロニムスを描く様に依頼したと考えるのはごく普通で自然な事の様に思われるんですね。そして彼がモンセラットへと行った理由、それは研究の為でもありました。
R: Sí. Hay que tener en cuenta que la ermita mas alta, la pared mas alta, el pico mas alto de Montserrat son los de San Jeronimo. En el museo de Montserrat hay tres san jeronimos. En la biblioteca hay cuatro incunables de San Jeronimo. Habia un especial interes por San Jerónimo. Seria muy normal y logico que le encargasen el cuadro. Y tambien fue a Montserrat a aprender.

Q:
何の
Q: Que?


R:
錬金術です。モンセラットとサンクガットはその当時、大変重要な錬金術の中心地でもあったからです。錬金術はカタルーニャで生まれました。そこには、Ramon LlullArnau de Vilanovaと言う二人の錬金術師がいたからです。
R: Alquimia. Montserrat y Sant Cugat eran dos centros alquimicos muy importantes en esos tiempos.
La alquimia nacio en Catalunya, en la Europa occidental. Alli estan Ramon Llull y Arnau de Vilanova, que eran alquimistas.

Q:
他の絵画でモンセラットの風景が出てくるものはあるのでしょうか?
Q: En que otros cuadros aparecen paisajes montserratinos?


R:
例えばLa Virgen de las rocasでは、モンセラットのシンボルである3つの頂が出てきます。それらは男性のシンボルでもあり、洞窟が子宮を表してもいるCavall Bernat(モンセラットの近くの山)を表象しているのです。これらは皆、生命や肥沃さと言ったものを表すヘルメス主義者が用いるシンボルなんですね。レオナルドの絵画の中に、そのようなモノ達が散りばめられていると言うのは、余りにも偶然的すぎるとは思いませんか?彼の絵画はヘルメス主義のシンボルの宝庫でもあるのです。例えばモナリザ・・・
R: En 'La Virgen de las rocas', por ejemplo, aparecen tres cimas que son el emblema de Montserrat. También esta representado el Cavall Bernat, que es un simbolo falico, asi como la cueva representa el utero. Son simbolos hermeticos para representar la fecundidad, la vida. Son demasiadas casualidades. Sus obras son un compendio de simbolos hermeticos. Por ejemplo, la 'Gioconda'…

Q:
そう、ここ!ココこそ今日お話ししたかったポイントなのですが。
Q: Ahi queriamos llegar.

R:
「モナリザとは一体誰なのか?」と世界中の人が問うているのですが、それは適切な質問ではありません。「誰なのか?」では無く、「それは何なのか?」と問うべきなのです。そしてそれは一体何を表しているのか?と。
R: Todo el mundo se pregunta quien era la Gioconda, cuando la pregunta es que era, que representa.

Q:
それは何を表しているのでしょうか?
Q: Que representa?


R:
マリア、イシス、物質(ラテン語の物質を表す語、Materに由来する)、そしてこれらは全てイエスの母、マリアを表しています。と同時に、それらは錬金術における原材料、つまり「黒」をも表しているんですね。だからモナリザは黒い衣服を身に着け、そしてモンセラットにあるマリア像は黒色、黒い聖母、そしてそれは原材料‥‥。これらは全て関係しているのです。
R: Representa la Virgen, Isis, la materia, que viene de mater, la virgen madre. Al mismo tiempo representa la materia prima de la alquimia, que es negra, por eso va de negro y la Moreneta es negra, la virgen negra, que es la materia prima. Todo esta relacionado.

Q:
その不可解な微笑みは一体我々に何を語っているのでしょうか?
Q: Y que me dice de su enigmatica sonrisa?


R:
それはモンセラットの黒いマリア像(Moreneta)にインスピレーションを受けたのだと思います。レオナルドはモンセラットのマリア像の口の表現をそのままモナリザに重ね合わせたのです。両者の表現は酷似しているのですが、それは私が言い出した事ではありません。それを見極める為にはモンセラットの黒いマリア像を違う方向から眺めなければなりません。何故なら、方向によって全く違う表情が立ち現れてくるからです。ある方向から見た時は、その微笑みは軽く、もう一方の側から見た時は、その表情は険しいものへと変わるのです。つまり見る角度によって立ち現れる表情が全く違うのです。
R: Esta inspirada en la Moreneta. He cogido su boca y se la he superpuesto a la Gioconda. La expresion es muy parecida, y eso no lo he dicho yo. Para verlo, tienes que ver la Moreneta por uno de sus lados, porque cada lado es diferente. En uno, aparece una leve sonrisa, y el otro es serio. Depende de como la veas, es seria o sonrie.

Q:
モナリザの微笑と同じですね。
Q: Igual que la sonrisa de la Gioconda…


R:
そう、全く一緒なんですよ。又、モナリザが身に着けている衣服、それは神の神々しさを彷彿とさせ、このポイントもモンセラットの黒いマリア像と同じ特徴を持っていると言えるかと思います。では何故それらの事を、レオナルドは彼に絵画を依頼した人達に言わなかったのでしょうか?何故彼はモナリザを生涯死ぬまで手放さなかったのでしょうか?私はそれはレオナルドの大変重要な遺言だと考えているのですが。
R: Si, lo mismo. Podria venir de ahi. Tambien la ropa, sus velos, aludiria al caracter de deidad, de virgen negra, de gran madre. ¿Por que si era un retrato no se lo dio a quien se lo encargó? ¿Por qué lo tuvo hasta que murió? Lo veo como un testamento vital.

Q:
モナリザにはモンセラットも描かれているのでしょうか?
Q: Tambien aparece Montserrat?


R:
ハイ、何故ならレオナルドにとって、モンセラットは非常に重要な風景だったからです。モナリザには実際に存在する観測所から見た風景が描きこまれています。この絵画においては女性の肖像と同時に、風景が大変重要なものとして現れているのです。
R: Sí, es uno de sus paisajes vitales. En la Gioconda esta Montserrat visto desde un observatorio que realmente existe. En este cuadro es tan importante el fondo como la figura.

Q:
では、モンセラットの黒いマリア像(Moreneta)も又、謎めいたものなのでしょうか?
Q: La Moreneta tambien es misteriosa?


R:
ものすごく謎めいています。イタリア全土、そしてフィレンチェにはヨーロッパ中で信仰されていた「モンセラットのマリア」の為の教会が幾つもありました。それはベネディクト会や錬金術、そして異端と結び付いた黒いマリア像のシンボルでもあったのです。キリスト教会は異端だった彼らの教義を引き受けました。それらの一つが処女マリアだったと言う訳です。キリストの母は数世紀前までは実際には信仰の対象ではありませんでした。しかしテンプル騎士団がキリストに対する優位性を獲得したのです。その崇拝はカタリ派と関連付けなければなりません。そしてそれは又、イシス、そして肥沃さ、更には黒の信仰‥‥とても複雑な事象なのです。
R: Mucho. En toda Italia y Florencia habia capillas de la virgen de Montserrat, era venerada en toda Europa. Era el simbolo de la virgen negra, asociada a los benedictinos, a la alquimia y a lo que es heretico. La iglesia cristiana asumio como suyas doctrinas que eran hereticas, una de ellas es la de la Virgen. La madre de Cristo, siglos atras, practicamente no era venerada, pero con los templarios adquiere primacía sobre Cristo. Ese culto tiene que ver con el de los cataros. Representaria también a Isis, la tierra fecunda, negra… es complejo.

Q:
レオナルドはカタリ派と関連があったのでしょうか?
Q: Leonardo esta relacionado con los cataros?


R:
レオナルドの生まれた家は、薔薇十字団の様な秘密結社に関連するカタリ派を起源とした家系なのでは?と考えています。バラの花と言うのは知識と秘密のシンボルです。薔薇十字団とフリーメイソンはSanjuannismoに関連しており、それはカタリ派の教義でもありました。だから彼の絵画には、出現すべきでは無い所にSan Juanが描かれていたりするんですね。La Virgen de las rocasなんかがその良い例です。外典に書かれている一つのエピソードでもあるのですが、JesusSan Juanは子供の頃からの知り合いではなく、ヨルダン川で知り合ったのではないか?と私は思います。このSan Juanこそ、大天使によって選ばれたあのSan Juanなのです。レオナルドはSan Juanとマリアに、キリストよりも優位性を与えたのです。それはLa adoracion de los Magosと言う絵画においてハッキリと見る事が出来ます。その絵画において、キリストはとても傲慢な顔で現れ、その横にはそのキリストの行為に不満を抱いている老人の姿が描かれています。実はレオナルド自身もこの絵画に現れるのですが、キリストには背中を向けているんですね。これは、「カトリック教会の教義には賛成出来ない」と言う彼の態度表明に他なりません。
R: Creo que Leonardo deriva de una familia de origen catara, que estuvo en una orden secreta del tipo rosacruz. La rosa asociada a la sabiduría y al secreto. La rosacruz y la masoneria estan ligadas al sanjuanismo, y eso es la doctrina catara. En sus cuadros aparece San Juan cuando no tendria que aparecer. En 'La Virgen de las rocas', por ejemplo. Piensa que Jesus y San Juan no se conocieron de niños, sino en el Jordan. Es una lectura apocrifa. Este San Juan es elegido por el arcangel que lo señala. Ofrece la primacia a San Juan y a la Virgen antes que a Cristo, que es un simbolo de la iglesia oficial, romana. Eso se ve claramente en el cuadro '
La adoración de los Magos'. Jesus aparece con cara de caprichoso y al lado hay un viejo que lo desaprueba. Leonardo está en el cuadro dando la espalda a Cristo. Esta diciendo que el no esta con la doctrina catolica romana.

Q:
彼の絵画はシンボルで溢れていると言う事ですね。
Q: Sus pinturas estan llenas de simbolismo….


R:
彼はそれらの絵画を自分の仲間の為に描いたのではないのでしょうか?つまりそれらのシンボルを通して、分かってくれる人の為にだけある種のメッセージを伝える為に描いたと言う事です。そしてそれらはカタリ派の何者かによって画策された、隠された地図の様なものであり、誰かに依頼されて描いたものであるはずなんですね。
R: Creo que el hizo los cuadros para iniciados. Deberian ser de encargo, como hojas de ruta para los que se quisieran iniciar.

Q:
どのようにレオナルドと言う人間を見ますか?
Q: Como definiria a Leonardo?


R:
彼はとても賢く、頭の良い、しかし不節操で不安定な心の持ち主だったと思います。彼は沢山の事を中途半端で投げ出しているし、絵画を含め、何かしらのマエストロと言う訳でもありません。
R: Era una persona muy brillante, inteligente e inconstante. Dejo a medias muchas cosas y no era maestro de ninguna, ni siquiera como pintor.


Q:
しかし、彼は後世に絵画に関する偉大な指南書を残したし、多くの画家達は彼の事をマエストロだと捉えています。そして現在の多くの画家の中にもそう考える人達が沢山いますが‥‥。
Q: Pero dejo un gran tratado de la pintura y muchos artistas posteriores lo consideran su maestro, incluso muchos actuales…


R:
その指南書は読みましたけど、読むに耐えるものではありませんでした。間違いが多すぎるのです。彼の解剖学の研究も間違いだらけでした。レオナルドは偉大な解剖学者の弟子で、確かに解剖をしていたのですが、それは彼が弟子達の中で一番優秀だったからと言う理由なのでは無く、単に彼のマエストロがそうする事を許したからなのです。彼は他の多くの事と同様に、解剖学についてもアマチュアだったのです。レオナルドは画家としてはほんの少しの作品しか残してはいませんが、完成しなかったもの、途中で投げ出した作品の数はもっと多いのです。現代において彼のフレスコ画は崩壊しかけていますが、それは彼が適切な化学的調合を知らなかったからなんですね。
R: He leido el tratado y es infumable. Esta lleno de errores de todo tipo. Sus estudios de anatomia tambien estan llenos de errores. Era discipulo de un gran anatomista, hacia disecciones porque le dejaban, no porque fuese el primero. Era un aficionado, como en tantas cosas. Como pintor hizo pocas obras y acabo muchas menos. Sus pinturas al fresco se echaron a perder porque no hizo las mezclas quimicas pertinentes.

Q:
しかしレオナルドがもし錬金術を身に付けていたのなら‥‥
Q: Pero si era alquimista...


R:
錬金術に関しても彼はアマチュアだったのです。レオナルドは過大評価を受けている人物だと私は思います。そしてとても保護されている。彼は確かにシンボルに溢れる連作を描いてはいますが、人類の歴史の中でそれを成し遂げたのは何も彼一人ではないのです。ラファエロやミケランジェロの方が画家としては数段優秀だったと思います。彼らに比べると、レオナルドの絵画はインスピラーションに欠けると言わざるを得ません。もっと正確に言うと、彼の絵画はシンボルのカタログであり、重要な風景のカタログだと言う事が出来るでしょうね。何故なら彼は、ある特殊なグループの人達の為にだけ描いていたのですから。
R: Incluso en eso era un aficionado. Leonardo es una persona muy sobrevalorada. Lo veo como un protegido. Hizo una serie de cuadros llenos de simbolos, pero no es el unico. Rafael o Miguel Angel eran mas competentes como artistas. Sus pinturas estan carentes de inspiracion. Son mas bien un catalogo de simbolos y paisajes vitales. Pintaba para los suyos, para su orden.


Q: Racionero
(カタラン人)はあなたのこの著作のプロローグで、イグナチオ・デ・ロヨラ(有名な修道士)とモンセラットについての本を書く事を薦めていますが、これが次回の研究テーマになるのでしょうか?
Q: Racionero le alienta en el prologo de “el viaje secreto de Leonardo da Vinci” a escribir un ensayo sobre Ignacio de Loyola y su relacion con Montserrat.
Esta sera su proxima investigación?

R:
いえ、それはもうちょっと後にとっておこうと思っています。今やりたい事、それはヒットラーの伝記を書くと言う事です。
R: Aun no. Primero quiero hacer una biografía de Hitler.

Q:
まさか、ヒットラーがカタラン人だったなんて言うんじゃないでしょうね?
Q: No me diga que era origen catalan!


R:
残念ながらそれはありません。
R: Afortunadamente no.
| インタビュー集 | 08:17 | comments(9) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
すごい、クルワさん、私なら一週間はかかりそうな翻訳を、こんなにサラーっと。もしかして「ほんやくこんにゃく」食べてます?

それにしてもコロンブスでは飽き足らず、ダビンチまでカタラン人とは・・・。イタリアの有名人はみんな、下手するとベルルスコーニやジローラモさんまで、実はカタラン人だった!とか言い出しかねませんね。

ところでうちのGioさんが、その三票はHipotecaを肩代わりするのと引き換えに買った票、って言ってます。ていうかどう考えたって、まともな投票な訳ないですね。すごい、いつまでジタバタすんだか、この爺さん・・・。
| ay | 2010/12/15 11:14 AM |
Ayさん、こんにちは。最近寒いですね、風邪とか引いてませんか?

ほんやくこんにゃく!いやー、やっぱ、同年代って、そういう話がパッと出て来て、通じるから良いですよね!

イタリアの、あの3票には、結構な疑惑が付いてる様で、みんな何かしら言ってますね。

それはそうと、この間、ブログにアップされていた、スペイン人女性がやってる一口メモっぽいビデオ、とっても面白かったです!特に、髪の毛の中に靴下入れたり、ハンガー使ったり、女性の秘密を垣間見た気がしました!
| cruasan | 2010/12/18 4:53 AM |
こんにちは。いつも楽しく拝見してます。

口を開けながら翻訳を読ませていただきました(笑) 仮説あってこそ、絵画の読解はとても面白くなる!けど、レオナルドが元カタラン人ですか。。。黒マリアがモナリザへ影響を与えた、ですか。。。
背景に"実際に存在する観測所から見た風景"が描かれているなら、もう一度モンセラットに行って確認して来なくては!!
仮説は楽しい!!アハハ
| Ana | 2010/12/22 4:54 AM |
Feliz Navidad

プロモーションビデオhttp://www.youtube.com/watch?v=65mnLbxWJQc
を見ましたが、『ダ・ヴィンチコード』カタルーニャ編といった感じでした。
モナリザの微笑みがモンセラの黒いマリア(モレネッタ)様からのものとは思いませんが、当時アラゴン・カタルューニャ王国出身のボルジア家がローマ法王でしたから、「先祖がカタラン人」は、もしかしたらありかも。

それでは良いお年を!
| ユーイチ | 2010/12/22 6:12 PM |
Anaさん、こんにちは。

本当に、口を開けちゃいますよね、ポカーンって(笑)。
「次から次へとよく考えるな」とか思っちゃうけど、個人的にはカタラン人のこういう所が結構好きかも知れません。「次は何が出てくるんだろう?」とか、期待しちゃいますしね。
| cruasan | 2011/01/05 4:01 AM |
ユーイチさん、返事が少し遅くなりましたけど、メリークリスマス!

真偽はどうか分かりませんが、夢はありますよね。
僕は密かに、カタラン人の映画監督が、ダヴィンチコード、カタルーニャ版を創ってくれる事をかなり楽しみにしています(笑)。
今年中に出来ないかなー?

と言う訳で、今年もヨロシクお願いします!
| cruasan | 2011/01/05 4:05 AM |
読ませて頂きました。
こういう話大好きです。

本当かどうかは二の次にして、とにかく楽しくて、想像力を掻き立てられますね。

私も、黒マリアさんには大変興味があって、以前ブログにも書きました。http://blog.goo.ne.jp/tera-3/e/581efc45c51a640863147b04bc61b832

翻訳大変助かります。
| テラ | 2011/06/15 10:26 PM |
テラさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

このお話、結構良く出来てますよね。僕もコレ関連の話には弱くて、ついつい読んじゃいます。ちなみにゴシップとかも大好きです(笑)。

今度、テラさんのブログ、ゆっくりと読ませて頂こうと思っています!
| cruasan | 2011/06/16 5:04 AM |
はじめましてコメントさせて頂きます。モナリザの瞳楽しく見て来ました。私がフリーメイソンを知ったのは去年の都市伝説の番組でした。なんか歴史って面白いです。でもフリーメイソンの紀元がこんなに古いなんて知りませんでした。モナリザと今回の話し凄くぴったり来るような気がします。でも何故人はモナリザを見ると過激な行動をとるのでしょうか?分かる方がいたら宜しくお願いします
| R.I | 2014/06/18 10:52 PM |
コメントする