地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< オープンハウス in バルセロナ(48 OPEN HOUSE BCN)その3:ホセ・ルイ・セルト(Josep Lluis Sert)のパリ万博スペイン共和国館 | TOP | オープンハウスその4:ガウディのパラボラ空間が堪能出来る、サンタ・テレサ学院(Collegi de les Teresianes) >>
バルセロナの食べ歩き方:パラグアイ(El Paraguayo)
ちょっと最近硬い記事が続いたので、今日は一休みの話題です。

友人
M君夫妻(カタラン人)が1週間程韓国へ出張に行くというので、昨日のお昼は見送りを兼ねてランチを共にしてきました。M君とは知り合ってから、もうかれこれ3年程になるのですが、妙に気が合う事からちょくちょくランチやディナーなどを一緒にしてるんですね。どんな所が気が合うかと言うと、ズバリ食べる所かな(笑)。実は彼のご両親はバルセロナで数件レストランを経営してて、家族ぐるみで食べるの大好き家族らしい。だからM君も小さい頃からバルセロナ中のレストランを食べ回っているのだとかなんとかで、何時も僕に美味しいレストランを紹介してくれると言う訳なんです。そんな彼が、以前から「行こう、行こう」と言っていたお店が、今日紹介するパラグアイ。



ランブラス通りの終わり、コロンブスの塔を見ながら左手にちょっと入った、かなり薄暗くて泥棒ちゃんが生息してそうな怪しげな路地に、この店は位置しています。


コンタクト:

Address: Parc, 1
Tel: 933021331
Web: www.e-paraguayo.com


はっきり言って、僕一人だったら絶対来ない様な場所ですね。店の見た目もお世辞にも奇麗とは言い難い。「本当にこんな所、美味しいのか?」とか、かなり疑問に思いながらも、勧められるままに店内へ。




店内はこんな感じで、思ったほど悪くは無いか。今日のオーダーは全て
M君に任せる事にして、取り合えずパンと前菜をつまんでみる:



ローストビーフにタルタルソースを付けて食べるんだけど、お味の方は、まあ、普通かな。それを食べてたら、お肉に付ける塩とソースが運ばれてきた:




お塩の方は、
Sal Maldonと言われる、イギリスの北部で採れる特別な塩。上質なお肉に合わせる塩として、お肉系のお店では良く見かける一品です。この塩が出てきたって事は、今日の料理はかなり期待出来るかも。もう一つは見た事がないソースだったんだけど、ニンニクとオリーブオイル、バジルなどが入ったちょっとピリっとするソースだった。そうこうしている内に今日のメインが運ばれて来たんだけど、今日の料理にはちょっと度肝を抜かれました。見てください、コレ:



もう、見た事無い様な肉の塊!!これを目の前で豪快に切り裁いてくれて、それを目の前の鉄板で焼いてくれるんです!で、好みの焼き具合に合わせて、「今、頂戴」とか言って、食べると言う、焼き肉のステーキ版みたいな料理なんですね。




こんな分厚いステーキを目の前で焼くんですよ!ちょっとこんなの見た事ありません。しかもお味の方は文句無く美味しい!肉が無茶苦茶柔らかくて、お味は絶品!




付け合わせはシンプルにジャガイモだけなんだけど、コレだけで本当に満足。今回は8人で行って肉
3キロ頼んだんだけど、それでもちょっと食べきれないくらいでした。ここまでで本当にお腹が一杯で、「デザートはチョット」って感じだったんだけど、M君がDulce de Lecheを勧めてきたので、それをみんなでシェアする事に。



Dulce de Leche
って何なのか知らなかったんだけど、食べてみたら、何か懐かしい味。「あ、これって、コンデンスミルクじゃん!」。そう、色がちょっと違うけど、味は間違い無くコンデンスミルクそのものです。

勿論締めはコーヒーだったのですが、今日は余りにも肉の印象が強烈すぎて、写真撮るの忘れた!さすがに食通の
M君が勧めるだけの事はある。ただ、この店に来る時は、うーんとお腹をすかしてこなければいけないですね。あと、この辺りはちょっと危険地帯でもあるので、その辺はご注意ください。
| レストラン:バルセロナ | 07:19 | comments(6) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
cruasanさん、こんばんは。

今日紹介のパラグアイ・・・美味しそう〜!
ホント、お肉ボリュームが物凄いですね!!!
デザートだけでもかなり満足感ありって感じですけど・・・、
私も、お肉の後でもきっと「ついつい」手を伸ばしてしまうと思います。(笑)

余談ですが、この近くにMundial Barってありますか?
一度友人に連れて行ってもらったんですが、そのあたりだったような・・・。

あと、一人でも立ち寄れるお店で
cruasanさんがお勧めの所があったらこちらで紹介していただけらと思いました!
もし、今後機会があったら、宜しくお願いします!




| Grace | 2010/10/24 9:59 PM |
さすが肉eater南米恐るべしですね。
あのお肉の塊はすごい迫力です!!
カルソッツのコースはお肉も出るんですよね?
怖くなりました。笑
| yoco | 2010/10/26 6:19 AM |
Graceさん、こんにちは。
いやー、僕も本当に沢山食べた後で、「ついつい」ってデザートに手を伸ばしちゃう方なんですよね。デザートは別腹とは言うのですが、あれはやめられない(笑)。

Mundial Barは、確かここから歩いて20分程の所だったと思います。ボルン地区って言う、ピカソ美術館とかある地区があるのですが、その辺だった様な気がしました。

こちらこそ、もし機会があれば、その時は是非ヨロシクお願いします。
| cruasan | 2010/10/28 1:37 AM |
Yocoさん、こんにちは。
ホント、南米恐るべしって感じです。あんな塊見たことありませんでしたから。
カルソッツは、お店にもよるのですが、ネギだけでもOKだと思います。ネギだけって言っても、そのネギが大量に出てくるとこが恐ろしいんですけどね。あれもちょっと壮観な風景だと思います。
| cruasan | 2010/10/28 1:40 AM |
はじめまして、バルセロナのカフェを探していたらたどり着きました。
なかなか豪快なお肉ですね・・・
機会があれば是非行ってみたいと思いました!

Dulce de lecheは中南米でとってもポピュラーなデザートソースで
いろんな物にかかっています。
コンデンスミルクの缶を開けずにそのまま湯銭で一時間位
少し焦げて香ばしい。最近はすでに出来上がった物の瓶詰が売ってます。

文章が楽しくって、これからもちょくちょくお邪魔したいと思っています
頑張ってくださいね。
| Asa | 2010/11/01 6:54 AM |
Asaさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

このお店のお肉は、ホント、今まで見た事が無かった様な豪快さで、魂消ました!
そうなんですか、Dulce de lecheって中南米で人気のデザートなんですね。どうりで、アルゼンチンのレストランとかによく置いてある訳だ!それを少し焦がす・・・なんか、それを聞いただけでお腹がすいてきちゃいました。

これからもヨロシクお願いします!
| cruasan | 2010/11/03 7:32 PM |
コメントする