地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペインのゼネスト2010が終わった後で:スペイン人はゼネストやった後に、「あれ、何で俺達ゼネストやったんだ?」って考える? | TOP | 世界の食べ歩き方:パエリアの故郷バレンシアで食べるパエリア:La Riua >>
久しぶりにドリカムの「悲しいKiss」とか「二人のDifference」とか聞いて、日本文化の特徴に浸る
明日からバレンシアで交通と都市計画に関するカンファレンスが開かれるんだけど、それに参加するはずだった交通シュミレーションの世界的権威が突然行けなくなっちゃったので、僕が彼の代わりに発表する事に。と言う訳で、昨日から今日にかけてPowerPointと睨めっこしてるんだけど、昨日の夜、気晴らしにYoutubeを見てたら偶然にもドリカムの動画を発見してしまいました。



で、思わず見入っちゃったんだけど、やっぱ歌うまいわ、吉田美和!昔、和田アキ子が「歌が上手いと思う日本人歌手は誰ですか?」って聞かれてて、「美空ひばりと吉田美和」って答えてたのは印象的だったんだけど、彼女のライブ映像とか見ててすごいなと思うのは、CDなんかよりも全然魅力的な作品になってる所だと思うんですね。今の世の中、歌が上手い人は結構いると思うんだけど、でもその殆どはCDで聞けば十分なレベルなんじゃないのかな?もしくは最近の目覚しい技術の発達によって音程とか簡単に操作出来る様になってきた事などから、CDの方が圧倒的に聞き応えがあって、生で聞いたら「何じゃこりゃ!」って言う歌手の人なんかもチラホラ。逆にCDよりも魅力的、感動的なライブが出来るアーティストって言うのはそうはいない気がします。ドリカムなんか、その数少ないアーティストの内の一人だと思うんですけどね。

因みに上の曲は僕が中学の頃に良く聴いていた「悲しいKiss」と「二人のDifference」なんだけど、「二人のDifference」の歌詞とか、今聞いても結構絶妙だなーと思わされますね。特にサビの部分なんだけど、一番と二番では:

「私だけが忘れない。あなたは全て忘れて、毎日の中で少しも私を思い出さないの。」

となってるのに対して、クライマックスだけはこの部分が:

「私だけが忘れられない。あなたはもう新しい毎日の中で少しも私を思い出さない・・・」

となっているんですね。何が違うかと言うと、1番と2番では「私だけが忘れない」となっているのに対して、クライマックスでは「私だけが忘れられない」となってる、たったそれだけの変化なんだけど、そのたった一文字の変化で、「曲の物語全体に、これだけ劇的な変化を引き起こす事が出来るのか!」と当時大変な衝撃を受けた事を今でも覚えています。

昔、ジャック・ヘルツォークが審査員を務めた新建築の住宅コンペで金賞を受賞した作品にこんなのがありました:

「四角形を多角形の中に挿入する。それをどんどん変化させていく。ある所は部屋になり、ある所は廊下になる。わずかな差であるが、空間は激変する」(もう10年近く前だから裏覚え。でもこんな感じだったと思う)

と、説明文はコレだけであとはその四角形の中で多角形が少しずつ変化していく図が100個ぐらい書いてあるだけ。この作品を創ったのは菊池宏さんなんだけど、ドリカムの「二人のDifference」も本質的にはこれと全く一緒。これら2作品には音楽と建築と言う媒介芸術の違いはあれど、日本文化の特徴であり日本人が今まで最も得意としてきた「静のデザイン」が惜しげも無く展開されていると思う訳ですよ。静のデザインとは何か?と言うと:

“・・・日本芸術のお家芸である、「静のデザイン」が際立っていました。突破な事件を作り上げ、好きな人に対して「好きだ、好きだ」と強く押すのでは無く、ごくごく普通の日常を切り取りながらも、その風景を「差異化」する事で我々の記憶に残ろうとする。

僕はよくこのようなデザインの違いを「歌舞伎」と「能」の違いで説明するのですが、コノ映画は正に「能」型の映画だと思いますね。歌舞伎というのは毎回違 う事をやって派手さで勝負する。逆に能というのは、毎回大筋は同じなんだけど、ホンの少し細部を変える事で勝負をする。だから能を楽しむ為にはその違いが 分かる「鑑賞者の目」が大変重要な要素となってくるんですね。正に「違いの分かる男」(もう死語?(笑))が必要になってくる訳です。”(地中海ブログ:歩いても、歩いても(是枝裕和監督):伝統と革新、慣習と感情の間で:リアリズムを通して鑑賞者の眼が問われています

更に「二人のDifference」の素晴らしい所は、日本語の「言語としての素晴らしさ」、「日本語の豊かさ」すらも教えさせてくれる所だと思います。だって、こんな、たった一文字の変化だけで、これだけ絶妙な心の揺れ具合の違いを表す事の出来る言語って、多分日本語以外無いんじゃないのかな?少なくともスペイン語ではあり得ない気がします。

まあ、そんな事を思いつつ、取り合えず早いとこプレゼンを準備して、明日からはパエリアを食べまくる事にしようかな。バレンシアのパエリア・・・あー、今から楽しみだー!
| サブカル | 22:20 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする