地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< プラド美術館の成した歴史的大発見:ピーテル・ブリューゲルの新作発見 | TOP | バルセロナの古本市2010 >>
スペインを旅行中の観光客の皆さん、9月29日はスペイン全土でゼネストが行われます:バルセロナを中心とするカタルーニャの場合
スペインを旅行中の皆さん、もしくは明日929日にスペインを訪れる予定の皆さん、要注意です!明日水曜日はスペイン全土でゼネストが行われます。それに伴い、都市内で大規模なデモ行進等が行われ、公共交通機関を始めとする都市機能の多くが麻痺する事が予想されています。ちなみにバルセロナを中心とするカタルーニャ地方では公共交通機関などの都市サービスは以下に示す最低レベルの活動に抑えられる事になっています:

1.
電車とバス
6:30-9:30と夕方17:00-20:00に限り地下鉄、バス、近郊鉄道などが25%運行予定。バルセロナ−ジローナ−タラゴナ−リェイダを結ぶ中距離鉄道は運行しません。

2.
空港
バルセロナ空港はスペインの諸都市と結ぶ飛行機を
10%運行し、バルセロナ−バレアレス諸島間は50%の飛行機を運行する予定。バルセロナとヨーロッパの諸都市(フランクフルト、ミラノ、チューリッヒなど)を結ぶ飛行機は20%程になり、大陸間を結ぶ飛行機は40%程度になるそうです。カタルーニャ地方のその他の空港(レウス空港、ジローナ空港など)は10%程の活動に落ち込むようです。

3.
教育
小学校では
6人に一人の割合で先生が出勤し、幼稚園では全体の25%の先生が出勤するそうです。

4.
医療
救急患者と入院患者のサービスは
100%保証されています。

ゼネストとは言うまでも無くゼネラルストライキの略で、労働環境の改善などの為に労働者が全国規模で団結し、経営者に対して「労働の組織的な拒否」を持って要求達成を目指す行動の事なんですね。今回のゼネストは、今月9日に国会で可決された労働関連法の改正案に反発する形で組織されたものなのですが、その改正法には退職金の削減や、失業保険の削減、又、従業員を以前よりも簡単に解雇しやすくなる規約などが含まれていました。これに対して当然のように反発してきたのが、労働者審議会などで、「29日のスト突入は当然の事」であり、「改正法は過去のスペインの民主政治の中で、最悪の形での労働者の権利の収奪だ」と言う姿勢で臨んでいる様です。

スペインでは民主化以降、現在に至るまで合計4回のゼネストが行われてきました。第一回目は当時の年金法改正に反対する為に1985年の620日に行われたもので、二回目のそれは700万人以上が参加した、当時の経済政策に反対する為のものでした(1988年の1214日)。3回目は1994127日に行われた、失業者が350万人に達した労働法改正に反対したもので、最後が2002年の620日に行われたアスナール政権の労働法に反対するものだったんですね。今回のゼネストは現在の労動左派政権であるサパテロ政権が発足してからは初めてとなるゼネストです。

ここ23日は当然の如くどの新聞も明日のゼネストに関する特集を組んでいるのですが、どうも見てると1994年のフェリペ・ゴンサレス政権下において行われたゼネストと、2002年、アスナール政権下で行われたゼネストに今回の状況を比較している記事を結構目にします。何故なら当時行われたゼネストが両政権の「終わりの始まり」を引き起こした、正に大きなキッカケを作ったと見られているからなんですね。つまりメディアの関心は、今回のゼネストが現サパテロ政権の終わりの始まりになるのだろうか・・・と言う事なんですけれどもね。

まあ、こんなスペインのゼネストなんだけど、僕は生れてこの方、ゼネストと言うものを体験した事がありません。日本に居た頃はそんなもの想像すらしていませんでした。(はっきり言って、日本の建築設計事務所と言うのは、ゼネストなんて事とは全く無縁の世界なんじゃないのかな?)と言う訳で、今は不安と期待が入り混じる、正にそんな心境なのですが、明日は日本人の目から見た、ヨーロッパのゼネストの風景をしっかりと目に焼き付けておこうと思っています。
| バルセロナ都市 | 19:02 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
先日はコメントありがとうございました。
スペインのゼネコン、私は2度目の体験(前回はバルセロナに住み始めた頃でした)で、どちらの日も仕事、今回は明け方に歩いて出勤でした。
バルセロナはストよりも、それに便乗した暴動騒ぎで大変だったようですね。
| ウルコ | 2010/09/30 11:59 PM |
ウルコさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね、今回のゼネストは労組と言うよりも、この機を利用して騒ぎたいやからがやりたい放題やったと言うイメージが付いちゃいましたね。個人的には、(オーウェルの時代)もともと労働者の町だったバルセロナが、ソコまで落ちたか!と言う気持ちです。
| cruasan | 2010/10/03 3:53 AM |
コメントする