地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペインの民主主義始まって以来の歴史的なデモ:新カタルーニャ自治憲章案に関して | TOP | ブリュッセル出張:ユーロシティとかEU-JAPANセンターとか >>
スペイン、ワールドカップ優勝!:イニエスタのメッセージやカシージャスとサラ・カルボナルのハプニング映像など
昨日から今日にかけてスペインではお祭り騒ぎが続いています。理由は勿論、スペインのワールドカップ初優勝!!おめでとう、スペイン!!!!優勝が決まった瞬間、バルセロナでは花火上がりまくり、クラクション鳴りまくり、そして「Campeones, Campeones(チャンピオン、チャンピオン)」と叫びながら路上を走り回る人達が朝方まで途絶え無いくらいの盛り上がりを見せていました。

それにしても昨日の試合は久しぶりに胸が熱くなる様な場面が幾つもありましたね。先ずは何と言ってもイニエスタのゴール。そしてこの光景:



ゴールを決めたイニエスタはユニフォームを脱ぎ捨てたのですが、そこにはこんなメッセージが:

「ダニー・ハルケ、何時も一緒だよ」
“Dani Jarque, siempre con nosotros”

ダニー・ハルケとは昨年急死したエスパニョールでプレーしていたバルセロナ出身の選手の事で、イニエスタやプジョル、シャビなどとは昔からの親友だったんですね。試合中にユニフォームを脱ぎ捨てるとイエローカードを貰うなんて事は、当然イニエスタも分かってた筈。だけど、それをおしてでもこのメッセージを天国の親友へと送りたかったんでしょうね。

そして今回、個人的にすごく感動したのが、ゴールキーパーのカシージャスのプレーでした。PKなど次々に止める彼のプレーを見て、生れて初めて「ゴールキーパーってカッコイイ!」って思っちゃいました。若林君も真っ青のSGGK(スーパー・グレート・ゴール・キーパー)とは正に彼の事(笑)。「ペナルティエリアの外からならシュートを打たせても構わん」とか言いそう(笑)。そしてスペイン中が待ち望んでいた(?)今大会一番のハプニング映像がコチラです:

試合終了後、カシージャスにインタビューする恋人のサラ・カルボネロの映像です。この場面ほど、ロマンチックで幸せに満ちた場面は近年ナカナカお目にかかった事はありませんでしたね。正に少女漫画の世界そのもの・・・「見つめ合う二人、止まる時間・・・」みたいな(笑)。下記に全訳を載せておいたので、それと一緒に見ると、この場面がどれだけロマンチックであるかが分かるかと思います。うーん、若いって素晴らしい!!

サラ:(今回のワールドカップ)始まりは最悪だったけど、終わってみれば、ねえ?
カシージャス:(見つめ合う二人)何が聞きたいの?
サラ:じゃあ、今どんな気持か教えてくれる?
カシージャス:今、最高に幸せで、最高に満足してる、本当に。みんな、最初から最後まで本当に良く戦い、僕達のプレーは世界一に値するものだったと思う。ここまで来れたのは何時も僕を応援してくれた人達のおかげだと思う、お父さん、お母さん、弟・・・そして・・・(見つめ合う二人・・・カシージャス涙ぐむ)
サラ:落ち着いて。もうちょっとだけ試合の事を話しましょう、その後で・・・
カシージャス:(そうじゃなくて、僕は・・・)
サラ:え? (チュー!!!!!!!) (拍手:パチパチパチ)
カシージャス:じゃあ、行くから
サラ:(明らかに喜んでる表情で)何て事かしら!!えっと、じゃあ、又後で続けます、それでいいですかJさん?

Sara: Bueno, como empezo la cosa y mira ahora.
Casillas: Que quieres que te diga. Que te voy a decir.
Sara: Pues que me digas como estas, como te sientes.
Casillas: Me pillas en un momento muy feliz, muy content y superalegre, la verdad. Yo creo que nos lo hemos merecido de principio a fin y solo lo agradezco a la gente que me ha apoyado siempre, a mis padres, a mi hermano….
Sara: No pasa nada. Vamos hablar un poquito de partido y luego volvemos a (los).
Castillas: (No, yo…)
Sara: No? (Besito)
Casillas: Me voy.
Sara: Madre mia. Bueno, pues luego seguimos, Vale J?

追記:
今日の新聞(La Vanguardia 18 de Julio 2010, P15)に載ってたカタラン人に対するアンケート結果が面白かったのでココにメモしておきます。

質問:7月11日のワールドカップにおけるスペイン代表チームの優勝について、祝う気持ちがありますか?(つまりカタラン人とってスペインが勝った事に祝う気持ちになれるか?と言う事。更にこのアンケートは新カタルーニャ憲章が拒否された直ぐ後に実施されたと言う事も考慮すべき)

ハイ:87%
イイエ:3%
どちらでもない:1%
サッカーにあまり関心が無い:4%
スペインが何をしようがあまり関心が無い:5%
| サブカル | 23:22 | comments(18) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
昔Barcelonaに住んでいたので、時々ブログ読みながらノスタルジーに浸らせていただいています。
Iniestaのエピソード泣かせますね。Casillasと彼女も本当に微笑ましくて素敵なハプニングだと思いました。
カタルニアで代表の試合が盛り上がるなんて、ずいぶん感慨深いです。
| hitomikacky | 2010/07/13 12:22 PM |
いや〜ほんとに嬉しかったですね!! イニエスタが決めた時は朝五時半ぐらいでしたが、絶叫して嫁を起こしました。マルカやアスのWEBを読みあさり、スペイン全土の感動を分けてもらいました。あ〜一生に一度しかないこの瞬間、スペインのどこかにいたかったです。
| IKURA | 2010/07/13 8:49 PM |
この動画、どこの新聞サイトでもありましたが、
こ、こ、こ、こんなことを言ってたなんて・・・!!!!
辞書首っ引きで旅行レベルしかない僕のスペイン語では、
自分で実感できな合たのが、
すんごくくやしいです。

ああでも、すてきだなあ。
| KLE4c | 2010/07/14 5:53 AM |
本当に面白い試合でした。
サッカープレイを見るって言うよりサッカーというドラマを見ていた私ですが感動のシーンが山盛りな試合でしたよね。

特に感動したのが、試合が終わってウイニングランの時のプジョルの手にカタルーニャの旗があったこと。
LIVE映像では映っていたのに、録画再放送では割愛されていたのが残念でした(涙)。

私は学生時代イギリスの語学学校に通ったことがあって、その時の友人にカタルーニャ出身の子がいます。
彼がいつも「バルセロナはスペインじゃないんだ!カタルーニャなんだよ!」って言っていたんですが、そのカタランの人にとって今回のスペインW杯初優勝っていうのはどんな心境なんでしょう?

カタラン目線でのW杯スペイン優勝について、チャンスがあったら教えてください☆
楽しみにしています。
| マユ蔵 | 2010/07/15 9:33 AM |
Hitomikackyさん、こんにちは、コメントありがとうございます。
バルセロナに住まわれていたのですが?じゃあ、大先輩と呼ばせていただきます(笑)。そうそう、実は決勝戦の前の日には新カタルーニャ憲章に関するデモがあって、カタラン人のパワーを見せ付けられたばかりだったのですが、翌日のワールドカップもかなり盛り上がっていました。その辺の棲み分けも彼らの魅力の一つなのかも知れません。
| cruasan | 2010/07/16 1:32 AM |
IKURAさん、お久しぶりです、お元気ですか。
そうか!日本では朝方だったのですね!
イニエスタが決めた瞬間、バルセロナがまるで揺れるような歓声に包まれました。本当に歴史的瞬間だったと思います。
| cruasan | 2010/07/16 1:34 AM |
KLE4cさん、こんにちは。
この動画、近年見た中では一番ロマンチックな動画だと思います。もう、嬉しさと幸せさが画面から滲み出ているようですよね。カシージャスのプレイもすごかったけど、彼の涙とこの場面で、もう一気にファンになってしまいました!
| cruasan | 2010/07/16 1:39 AM |
マユ蔵さん、こんにちは、コメントありがとうございます。

前のエントリにも書いたのですが、この決勝戦の前の日にカタルーニャではカタルーニャの憲法とも言える新カタルーニャ憲章に関するマドリッドの判決に不服を申し立てるデモが行われました。その数なんと、110万人!!!まあ、中にはこのデモを独立の為のデモと勘違いしている人が多数いた事も事実なのですが、カタラン人のパワーを見せ付けられた一日でもありました。

その翌日に行われたワールドカップなのですが、こちらもデモに負けず劣らず大変に盛り上がっていました。多分、政治は政治、サッカーはサッカーという感じなのでしょうか?それに今回は、バルサから7人もの選手が代表団入りしていて、監督も、戦術などはバルサと似かよらざる得ないと認めていましたしね。そんな事もあって、みんな、当然のようにサッカー見て、当然のように応援して、当然のようにスペインの勝利に酔いしれていましたよ。

まあ、いずれにしても先週の土日は、カタルーニャにとっては歴史的な日であった事は間違いないと思います。
| cruasan | 2010/07/16 2:02 AM |
私も感動しましたー!優勝したこと、イニエスタのゴール!!
セルヒオラモスも亡き友人へのメッセージTシャツ着てましたよね!同じ想いを抱いてきた同志をすごく大事にしてるんだなぁって、感激しました。
日曜日は本当に遅くまでうるさかったけど、あの日は全然許せました(笑) 私もみんなと同様、興奮して寝つけなかったので。アハハ

カシージャスとサラの会話すべては理解できなかったけど、あの甘い空気は伝わりました〜 ラブラブでほのぼのでしたね
| Ana | 2010/07/16 7:10 AM |
スペイン優勝、良かったですね

今回、初めてスペインが国としてまとまったような気がします

W杯も初戦で負けたことが良かったのかもしれませんね
| col | 2010/07/17 7:29 PM |
Anaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は日曜日なのですが、もう、あの歴史的な日から一週間も経ってしまったのですね。あの夜は本当に明け方までうるさかったのですが、まあ、仕様が無いかなという感じでした。カシ―ジャスとサラは、最初の内、ものすごく批判されていた事もあって、凄くつらいワールドカップだったのでは?と想像してしまいます。その分、ものすごく良い形で終われてみんなハッピーだったのでしょうね。
| cruasan | 2010/07/18 12:25 PM |
COIさん、こんにちは、コメントありがとうございます。
そうそう、実は初戦で負けた事が良かったのかもしれません。
あれがあったから、絶対に次は負けられないというプレッシャー、そして特にカシ―ジャスへの良い意味でもプレシャーになったのではないのでしょうか?
| cruasan | 2010/07/18 12:27 PM |
こんにちは。以前世界遺産で調べていてこちらにたどり着いた者です。遅ればせながら…スペイン優勝おめでとうございます!ワールドカップ決勝戦、私も日本で観ていました!翌日の仕事は大分眠かったですが…
イニエスタやセルヒオラモスのTシャツを見てさらに泣けました。とても感動しました。カシージャスとサラの動画、本当にロマンティックですね。。
…バルセロナがまるで揺れるような歓声に包まれ…とはすごいですね実感されたとは本当にうらやましい限りです。
スペインに素敵な建築物とサッカーを観に、さらにさらに行きたくなりました。
| mikinoko | 2010/07/19 3:25 PM |
cruasanさん、こんばんわ。度々おじゃましています。

追記の記事、興味深く読ませていただきました。

新聞でそんなアンケートを取るなんてさすが、カタルーニャ!(笑)
独自の独立を目指していても、あの世紀の優勝はカタルーニャの人にもうれしい出来事だったんだなぁってことが分かってうれしかったです。
でも、小数派意見としてあがっていたコメント、「サッカーに興味がない」なんてカタルーニャでそんなコメントがあがってくるなんてちょっとビックリでした(笑)
| マユ蔵 | 2010/07/20 9:11 PM |
Mikinokoさん、こんにちは。
ワールドカップ決勝戦、本当に凄かったです。
イニエスタがゴールを決めた瞬間なんて、街のあちらこちらから、歓声が聞こえるわ、花火は上がるわで、凄かったですよ。こんな歴史的な瞬間をスペインのみんなと過ごせて、本当に幸せでした。
スペインは素晴らしい所なので、是非お越し下さいね!
| cruasan | 2010/07/21 4:59 AM |
マユ蔵さん、こんにちは。
カタルーニャって、見てて時々、「この人達って、アンケートフェチじゃないの?」って思うくらい、アンケートするんですよね(笑)。勿論、政治の事とか真面目なのもあるんだけど、中にはどうでも良い様なものもチラホラ。そこが又面白い所なんですけどね。
実はいるんですよねー、「サッカーに全く興味が無い」って人。特に女性に多いのですが、彼氏や旦那がサッカーばっかり見てて、全然相手してくれないので、サッカー憎んでるって人もチラホラいます(笑)。カタラン人の熱狂ぶりを見てると、その気持ち、分からないでも無いかなーと時々思います。
| cruasan | 2010/07/21 5:03 AM |
お久しぶりです。
このところ、寝る暇もないほど忙しくして、ようやくコメントできました。ふ〜。
でも、どんなに忙しくても眠くても、スペイン戦はほとんど見てましたよ。
大好きなプジョルやチャビが出てると思うと、です。
で、   今回の記事の中のアンケートで・・・
(カタラン人とってスペインが勝った事に祝う気持ちになれるか?と言う事。更にこのアンケートは新カタルーニャ憲章が拒否された直ぐ後に実施されたと言う事も考慮すべき)

ハイ:87%

カタラン人じゃないから、深いところでその意味を理解してはいないけれど、僕も間違いなくこの87%の中にいるなあと思いました。
あの日、カシージャスとプジョルが抱き合っているのを見て、僕も涙があふれました。



| Aki | 2010/07/22 1:40 AM |
Akiさん、こんにちは。

カシージャスの涙には僕もウルッときましたね。反対にプジョルがカタランの旗を羽織ってグランドを走り回ってる姿や飛行機から降りてきた時はかなり笑いました。今から4年後が楽しみです!
| cruasan | 2010/07/25 1:23 AM |
コメントする