地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< プロヴァンス旅行その5:ル・トロネ修道院(Abbaye du Thoronet)の回廊に見る光について | TOP | プロヴァンス旅行その7:天空の城、ゴルド(Gordes)の風景 >>
プロヴァンス旅行その6:ル・トロネ修道院の絶景スポット発見!
今回の旅行でル・トロネ修道院には結局3日間も来てしまったのですが、3日間も朝から晩までル・トロネの周辺を徘徊していると、今までは気にも留めなかった様々な事が目に入るようになってくるんですね。中庭の光の移り変わり然り、敷地の段差を利用した巧みな導線計画然りといった具合に。そんな中で僕的に大発見だったのがコチラです:



ル・トロネ修道院を山の上から見る絶景スポットの存在です。ル・トロネに来るのは今回で通算3回目なのですが、こんなスポットが存在する事は全く知りませんでした。たまたま、売店のポスターを見ていて、修道院を上から撮った写真があったので、何気無く売店のおばちゃんに聞いてみたら、この写真は山の上から撮ったモノだと言う事が判明。そこで、「そこには歩いて行けるのか?」と尋ねた所、「多分行けると思うけど、詳細は駐車場に隣接しているカフェのおばちゃんが知ってる」みたいな事を教えてくれたので、早速そちらに移動して聞いてみる事に。(この辺からなんか展開がドラクエっぽくなってきたなーと実感。「あー、この情報なら武器屋の店長が知ってるから、そこへ行って聞きな」みたいな(笑)。)



で、早速隣接駐車場カフェのおばちゃんを捕まえて真相を聞こうと思ったんだけど、どうやらこのおばちゃん、英語が全く通じない様子。スペイン語も駄目。唖然としていたら、アルバイトの男の子が助けに来てくれて、通訳をしてくれました(こちらのカフェには2人の年配の女性と若い男の子が居るのですが、この男の子は英語が通じます(20106月現在)。その子によると、このカフェの裏手には山へと続く「道なき道」があるそうなのですが、それに沿って20分程山を登れば、その辺から修道院が見渡せるのだとか。と言う訳で、早速山登りへレッツゴー!カフェの裏の道・・・コレですね。



ナルホド、これは確かに道なき道です。坂は急だし、道が草で覆われてる所とかあるし・・・まあ、そんな事はお構い無しにどんどんと上に登って行くと、15分くらい歩いた所でこんな表示が出てきます:



一応ハイキングコースになっているんですね。そんな様子はさっぱり無いのですが(笑)。で、その表示にしたがって登って行くと、その道なき道から次第にル・トロネの姿が見えてきます:



絶景かな、絶景かな。今までのエントリで散々強調してきた事の一つが、この修道院が建っている立地だったのですが、この写真を見てもらうと、この修道院がどれだけ深い森の中に建っているのかが一目瞭然かと思います。



もう、本当に凄いんですから!周りに何にも無いんですよ!!この光景は感動的ですらあります。

このスポット、絶対知られてないと思うんだけど、もしル・トロネに来られる様な事があったら、是非訪れて頂きたいスポットですね。今まで散々書いてきたように、修道院の内部空間は言うまでも無く素晴らしいんだけど、それがどんな場所に建っているのか?そしてそれには一体どんな意味があるのか?又、グローバリゼーションが進行する中において、このような風景が残っている事の素晴らしさと、それを残してしまえるフランスと言う国の懐の深さを考えさせられる良い機会になると思うからです。

重要:注意事項
タダ一つだけ注意点があって、僕が行った感じでは、坂が結構急なのと、道の状態が余り良く無いので体力に自身の無い人にはお奨め出来ません。あと、何度も強調するように、大自然の真っ只中なので、人の気配はさっぱり無くて熊が出そうな予感すらします。そういう意味で、正直ちょっと怖かったです。よって、一人で行くのが怖い人や、女性の一人登山などはお薦め出来ません。心身共に良く準備をして、数人で行くのがいいんじゃないかな?と思います。


ル・トロネ修道院情報のまとめ
地中海ブログ:プロヴァンス旅行その2:地球の食べ歩き方:フランス人って手先が器用なんだなーって思ったレストラン:ル・フォルマル(Le Formal)

地中海ブログ:プロヴァンス旅行その3:シトー会についてとル・トロネ修道院(Abbaye du Thoronet)の行き方

地中海ブログ:プロヴァンス旅行その4:ル・トロネ修道院(Abbaye du Thoronet)の窓に見る神業的デザイン

地中海ブログ:プロヴァンス旅行その5:ル・トロネ修道院(Abbaye du Thoronet)の回廊に見る光について
| 旅行記:建築 | 20:23 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
>cruasan様、
「粗い石」'01.01.28出版された
ル・トレネ修道院工事監督の日記を
本棚から、引っ張り出して再読始めました。
今だ、行けずに残念ですが、
コメントで嬉しくなりました。
バカンスはいいですね〜。
大阪は梅雨で鬱陶しい毎日、また、参院戦で
賑やかになります。ワールドカップで皆さん
寝不足だったですよ〜。
| Mory's | 2010/06/26 7:20 PM |
Morysさん、こんにちは、お久しぶりです!
ル・トロネ、本当に素晴らしい所でした。修道院の内部は言うまでも無く、その周りの環境も含めて、近年まれに見る体験だったと思います。
ワールドカップ、面白いですね!
なんだかんだ言って、僕も毎晩見ています!
日本がんばれ!!!
| cruasan | 2010/06/27 7:27 AM |
コメントする