地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< プロヴァンス(Provence)旅行2010その1 | TOP | プロヴァンス旅行その3:シトー会についてとル・トロネ修道院(Abbaye du Thoronet)の行き方 >>
プロヴァンス旅行その2:地球の食べ歩き方:フランス人って手先が器用なんだなーって思ったレストラン:ル・フォルマル(Le Formal)
プロヴァンス旅行の初日は、今回の旅で一番行きたかった場所、ル・トロネの修道院に朝一番で行ってきました。ココはいつ来ても思うんだけど、「こんな人里離れた所に、よくも、まあ、修道院なんか建てたもんだなー」と感心しますね、本当に。最寄の高速道路を降りて、クネクネ道を15分程走った所にある「ル・トロネ」という小さな小さな村から更に10分程森の中を入って行った奥深くにあるのですから。

で、そんなクネクネ道をやっと抜けて修道院の真ん前にある駐車場に入った所、嫌な予感が・・・。人の気配が全く無い・・・「怪しい」・・・。まさか、お休み??いや、そんな事は無いはず。フランスで616日は何の記念日でも無く、ごく普通の水曜日。でも全く人の気配がしない・・・と、そんな事を思いながら入り口まで行ってみたのですが、予想通り、扉が閉まってて、ドアの所に大きな文字で:

「洪水被害により、今日はお休みします」

との書き置きが



そうなんです!実は今週頭から南フランスを中心に大雨が続いていて、何でも昨日のニュースによると、コートダジュール地方バール県では18人の死亡が確認され、10人が行方不明になる程の被害が出ているそうなんですね。



ル・トロネのエントランス付近も大雨の影響で凄く事になっていました。

何週間も前からこの日が来るのを首を長―くして待ってたのに!!!でも、まあ、「自然災害だし、明日以降、また来ればいっか」と言う事で、急遽予定を変更してエクス・アン・プロヴァンスへ行く事に。

取り合えずエクスに着いたのがお昼過ぎで、せめて美味しいモノでも食べて元気を取り戻そうと思い、地球の歩き方に載ってたル・フォルマル(Le Formal)というレストランに入ってみました。



このレストラン、入り口がとっても小さくて、フルーツ屋さんの隣にあるのですが、見つけようという意志が無いと先ず見落としますね。



入り口を入ると、その先は通路になっていて、食事をするスペースは更にクルクル階段を下がった所に広がっています。



ナカナカお洒落な空間です。で、今日の一皿目がコチラ:



パイ生地上にマグロの刺身とか、その他諸々が載った料理。担当の女の子が、フランス語と、さっぱり聞き取れないフランス語訛りの英語で一生懸命説明してくれたんだけど、はっきり言ってマグロ以外何が載っているのかは不明()。でも、そんな良く分からない食材が結構良いハーモニーを醸し出していて、ナカナカ美味しかった。で、今日の二皿目がコチラ:



鴨肉のリンゴソースと付け合せ諸々。
これはバルセロナでも良く頼む料理なのですが、このお店がちょっと変わっていたのは、定番のリンゴソースと一緒にチョコレートソースが付いていた所です。最初は、「えー、チョコレート?」とか思ったんだけど、コレが意外と美味しかった。で、今回最も感動した料理がコチラ:




デザートに出てきたイチゴを使った、コチラも実は良く分からないくらい複雑な名前を持つ料理です(笑)。コレ、何が凄いって、この透明なカップが、飴で出来ていて、全部食べる事が出来るんですね。



こんな感じで、少しずつ壊しながら中のアイスクリームなんかと一緒に食べる事が出来ちゃいます。

このお店、地球の歩き方に載ってた中から適当に選んだんだけど、意外と良かったかも。少なくとも、一品一品の料理に対する手の込み様には恐れ入りました。フランス人って、手先が器用なんだなーと言う事が分かるレストランです()。ちなみにもう一つ分かった事は、フランスでは意外とミネラルウォーターが高いと言う事。今回のランチメニューの値段は2皿+デザート(グラスワイン付き)で25ユーロだったのですが、水とコーヒーを頼んだら、一人、32ユーロまで跳ね上がりました。

でも美味しかったし、久しぶりに名前がこんなに長い料理食べたし、まあ、いっか。
| 地球の食べ歩き方 | 23:58 | comments(5) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
いや〜、おいしそう〜。。うらやましい。。
中世の教会巡りだなんて、今すぐにでも行きたいよ〜。
こちら梅雨空の下、精神的にも梅雨空のような中で仕事してます。

僕は2000年の12月3日にエクス・アン・プロヴァンス行きましたよ♪
のんびりとした街の雰囲気と、カントリーな住宅見て回りました。http://www.joy-architect.net/22nanfutu.html
確か、通貨はまだフランだったなあ。
レストランではなかったけど、ド・ゴール広場に面したカフェでお昼食べて、とてもうまかったことおぼえています。

気をつけて旅行続けてくださいね。



| Aki | 2010/06/19 6:27 PM |
洪水たいへんだったみたいですね。
でも、涼しいですか?
私たちがいったときは異常に暑かったのかも。
上のお皿の盛りつけは、El Bulliとかサンパウ
などに似ていますね。でも、そういう料理として
30ユーロならリーズナブルかも。
セナンクのラベンダーとロマネスク、
私も長年行きたいくて、まだ実現してません。
続きを楽しみにしてまーす。
| kyoko | 2010/06/20 10:14 PM |
Akiさん、こんにちは。
エクスの辺りは本当にのんびりしていて、何日居ても飽きなくて、素晴らしいですね。特に建築家にとっては見るべきものが一杯で、何年かに一度くらいは又来ようかなという気にさせてくれる地方です。

kyokoさん、そうそう、洪水、すごかったんですよ、本当に。
ついた日なんて、嵐で、本当に大丈夫か??って心配したほどでした。
実は、来る前にピカピカ読んで勉強してきたのですが、猛暑&やぶ蚊多しって書いてあったんで、虫除け一杯持ってきたら、今週はセーターが必要な程寒くて、蚊は全滅したみたいです。虫が嫌いな僕にとってはラッキーでしたけど(笑)。
| cruasan | 2010/06/21 7:11 AM |
盛りつけ方だけで味がすでにわかると思いますが、おいしかったでしょうね!
| jkflora | 2010/06/22 7:07 AM |
jkfloraさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
盛り付け見てるだけでもおなか一杯になりそうですよね。
本当にたくさんの食材を使っていて、その絡み合いが又絶妙で、とっても美味しかったです。
| cruasan | 2010/06/26 3:43 AM |
コメントする