地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 国際オリンピック委員会(IOC)前会長のフアン・アントニオ・サマランチ(Juan Antonio Samaranch)氏死去 | TOP | リュイス・ドメネク・イ・ムンタネール(Lluis Domenech i Montaner)によるモデルニスモ建築の傑作、サンパウ病院(Hospital de la San Pau):病院へ行こう!どんな病気も直ぐに治るような気にさせてくれるくらい雰囲気の良い病院 >>
カタルーニャにとって一年で最もロマンチックな日、サン・ジョルディ(Sant Jordi)
今日はカタルーニャにとって一年の内で最もロマンチックな日、サン・ジョルディ(Sant Jordi)の祭日です。

サン・ジョルディと言うのはバルセロナの守護聖人で、元々この日は彼を祝う為の日だったのですが、その後、偶然にもセルバンテス(Miquel de Cervantes)とシェイクスピア(William Shakespeare)という歴史的な文豪の命日と重なったり、ドラゴン(マドリッド)に苛められる可哀想なお姫様(カタルーニャ)と言った様に、政治的意味合いを持たされたりして、何時の間にか、「男性は女性にバラの花を、女性は男性に本をプレゼントする日」という事に落ち着いたんですね。(サンジョルディの歴史など、詳しくはコチラ:地中海ブログ:サン・ジョルディ(Sant Jordi)とカタルーニャ(Catalunya)、地中海ブログ:サン・ジョルディ(Sant Jordi)とカタルーニャ(Catalunya)その2、地中海ブログ:カサ・バトリョ(Casa Batllo)とサン・ジョルディ(Sant Jordi)



そんなお祭り気分のバルセロナの中心街は、そりゃあ、もうすごい人。元旦の熱田神宮に勝るとも劣らない盛況ぶりです。



この日は街中の至る所を、カタルーニャの国旗を掲げた店が所狭しと軒を連ね、公共空間が真っ赤なバラの花で覆い尽くされるのですが、この風景は何度見ても圧巻です。



聞く所によると、今日だけでカタルーニャで売り捌かれるバラの花は六百万本に上るのだとか。「百万本のバラの花をー♪」っていう歌があったけど、その六倍!加藤登紀子さんも真っ青の数字ですね。

更に面白かったのは、これら大量のバラの花が一体何処から来るのか?というカラクリです。六百万本ものバラの花をカタルーニャ地方で生産していない事は明らかなんだけど、実はその大半(45%)はコロンビアから輸入しているんだそうです。へぇー、へぇー、へぇー。そして残りの30%はオランダから、10%をケニアとエチオピアから、5%をアリカンテから仕入れているのだとか。地元カタルーニャで生産されているのは10%程度なんだそうです。

さて、この特別な日にはカタルーニャの至る所で様々なイベントが催されているのですが、その内の一つが街中の本屋さんで行われているディスカウントセールです。今日だけは何処もかしこも10%OFFを謳っています。僕は結構本を買う方なので、この割引はものすごく嬉しい!と言う訳で早速何時も行く本屋さんに行ってみたのですが、ここもすごい事になっていました:



店の中も街路に負けず劣らず、元旦の熱田神宮並み。「うーーん、もう、あっちいけ!!」みたいな(笑)。押し合いへし合いを経て、なんとかお目当ての本を掻き集めレジに辿り着き、やっとの思いで購入完了。



ルンルン気分で外に出て見ると、今日見た中でもナカナカ綺麗なディスプレイをした花屋さんがバラの花を売っていたので、一輪買って帰りました。

何時も思うんだけど、カタラン人って人生の楽しみ方を本当に良く知っていると思います。季節の節目毎に何かしらの出来事を催して、平坦な日常にアクセントを付ける祭事の事を「文化」と呼んできたと思うんだけど、ちょとした仕掛けを創り出す事によって、カタラン人達は彼らの人生を何倍も豊かにしている。そしてそれを受け入れるだけの社会的な懐の深さがココにはある。我々日本人が彼らから学ぶべき事はまだまだありそうです。
| バルセロナ日常 | 23:09 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
はじめてコメントさせていただきます!

私もBarceronaが大好きで・・・と、言うよりかなりご縁が深く、
まるで故郷のよう?!に思っている一人です。
偶然最近こちらのブログを知りました。

サンジョルディ・・・ロマンチックですよね。
Cruasanさんの素敵な写真を見ていたら、思わずコメントしてしまいした(笑)
本当に彼らは、生活に“楽しみ”というエッセンスを散りばめる才能に溢れていますよね!

スペイン人(カタラン人!)の友人達とのやり取りが日々の暮らしのエッセンスになっていますし、毎日rtve.esと3Catalunyaをみて楽しんでいます。

今度サグラダファミリアを訪れる事がありましたら、
Gaudei&Naturalesへも足を運んでみてください。
友人の一人が監修に関わっていて名前も壁に書かれているんですよ!

Grace
(↑これは友人達が付けてくれました)

| Grace | 2010/04/24 12:07 PM |
Graceさん、初めましてこんにちは。コメントありがとうございます。
Rtve.es見て楽しんでるなんて、すごいカタルーニャ通ですね(笑)。カタラン人って最初はとっつきにくい人が多いけど、一度打ち解けてしまうと、無茶苦茶親切にしてくれたり、人懐っこい人が多かったりと、とても人間的な人たちだと思います。カタルーニャと言う地も、そんな感じで、すごく住みやすくて、僕も第二の故郷だと思って、毎日すごく楽しい日々を送っています。

実は今サグラダファミリアの直ぐ近くに住んでいるので、そのお店、今度覗いて見ます。
| cruasan | 2010/04/25 8:15 PM |
コメントする