地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペイン人のちょっとした自慢:ヨーロッパ初の近代小説、ドン・キホーテ(Don Quixote) | TOP | グローバリゼーションの中におけるローカリゼーション:何故カタルーニャの戦略は次々にポジティブな結果を生んでいるか? >>
新たなる経済モーターとしての医療:カタルーニャのバイオ医療戦略
ここ数日、各種メディアで医療やテクノロジー関連のニュースがやたらと目に付くなー、とか思ってたら、どうやら先週、バルセロナでBio-Europe Spring 2010と題する、ヨーロッパ最大のバイオテクノロジー系の祭典が行われていた様ですね。

この分野の動向に関しては当ブログでは何度か言及しています。と言うのもカタルーニャではバイオテクノロジーと医療を組み合わせた「バイオ−医療」分野を都市戦略上に位置付け、南フランスと協力体制を築いて「バイオ医療リージョンを創出しよう」という大胆な野望を持っているからなんですね(地中海ブログ:カタルーニャの打ち出した新しい都市戦略:バイオ医療( BioPol, BioRegio)、地中海ブログ:Euroregion(ユーロリージョン)とカタルーニャの都市戦略:バイオ医療を核としたクラスター形成)。まあ、この分野が21世紀をリードする最重要分野の一つである事は誰しもが認める所だと思うのですが、そこにいち早く目を付け、現実に巨額のお金を動かしてしまう、その行動力はさすがだと言わざるを得ません。

さて、ある国の特徴というのは、自然環境(水、森など)、社会的インフラ(道路、電力など)そして社会システム(教育、医療など)のそれぞれがどのように管理、運営されているか?に見る事が出来ると思うのですが、この内、スペインの特徴が際立っている事の一つに医療を挙げる事が出来るかと思われます。

何故か?

何故なら(驚くべき事に)スペインでは基本的に医療費がタダなんですね。風邪をひいて医者に行こうが、心臓の手術をしようが医療費は全部タダ。(何年もこのシステムの中で暮らしているとこの環境に慣れてしまって、「これが普通」とか思っちゃうけど、良く考えたら、これはすごい事だなー!)

この制度は独裁政権時代に確立されたシステムらしいのですが、友達のお母さん曰く、「フランコがスペインの為にした唯一の貢献だ!」と言っていました(コレが一般的な意見かどうか?は未確認)。しかしながら、最近では、このような「美味しい蜜」を吸おうと、違法行為ギリギリの際どい線を犯してまでもわざわざスペインに居住して、税金を払う事無しに医療だけ利用しちゃおうというあくどい行為が社会問題化してきているんですけどね。(地中海ブログ:健康ツーリズム:スペインの誇る医療サービスの盲点を突いた、グローバリゼーションの闇

こんな、健康天国スペインなのですが、面白い事にカタルーニャにはある傾向がある事が分かっていて、医療分野に関しては、比較的プライベートセクターの介入が強い事が以前から指摘されています。分かり易い例を挙げると、上述した様にスペインでは医療費がタダなので、カタラン人家族は病院関係(薬局の薬などは別)には一切お金を投資する必要は無いのですが、実際には、全カタルーニャ人口700万人の内、約170万人がプライベートな医療保険に入っていたりするんですね。ちなみに平均的なカタラン人の家族は全収入の内、約3.2%を薬やその他健康サービスに費やしているそうです。だからカタルーニャにはスペインの全病院数の約26%が集まっていて、そのクオリティを比較してみた場合、ベスト20位に入る病院の内、なんと14個がカタルーニャに集中しているのだとか。

更にカタルーニャが地域として医療に費やしている総額は(カタルーニャの)国内総生産の内、約7.2%を占めるそうで、それらの出費の内、34.1%はプライベートセクター関連なんだそうです。このようなパブリックとプライベートの混合による特殊な医療セクターモデルが、ヨーロッパでも稀に見る魅力的な雇用市場を創り出していると、そう見る分析も存在する程です。

こういう数字を見ていると、近年カタルーニャが打ち出したバイオ医療戦略は、ここ数年で出てきた「パッと出」の思い付きなのではなく、地域の特徴を生かした良く練られた戦略だと言う事が分かるかと思われます。この辺の戦略性はやはり目を見張るものがありますね。日本もボーっとはしてられません!
| 都市戦略 | 23:24 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
スペインが医療費タダって知りませんでした。そして、カタルーニャの意外な一面も。

>ベスト20位に入る病院の内、なんと14個がカタルーニャに集中しているのだとか。
↑ドメネク・ィ・モンターネのサン・パウ病院は、その中のひとつに入っているんでしょうか?(笑

| Aki(ジョイ設計) | 2010/03/19 10:01 PM |
Akiさん、こんにちは。そう医療費タダなんですよ。でも、日本人の方は、万が一に備えて必ず医療保険には入ってきてくださいね。
サンパウ病院は、その建物だけではなく、設備や医療技術もスペインを代表する病院の内の一つです。実は最近拡張しました。
| cruasan | 2010/03/21 4:28 AM |
コメントする