地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< パリ旅行2009その4:美術館における人の動きのコントロールについて:グローバリゼーション下に見るローコスト(チープ)観光現象その2:ルーブル美術館の場合 | TOP | パリ旅行その5:カミーユ・クローデル(Camille Claudel)の芸術:内なる感情を全体で表している彫刻作品、もしくは彼女の人生そのもの >>
新年明けましておめでとうございます:2010年1月1日パリにて
2009年最後の夜はエッフェル塔での打ち上げ花火を見る為に、トロカデロ広場(Trocadero)に行ってきました。予想した通り、すごい人の波!一体何処からこんなに人が沸いてくるんだ!と思う程の混雑振りでした。このパリの人込みは去年のローマは勿論、2年前のロンドンの人込みをも凌ぐ程じゃないのかな?もう地下鉄からすごい人で、全く身動きがとれない様な状況。「うーん、もう、みんな、あっちいけ!」みたいな(笑)。こうなったらもう闘いですね、本当に。
そうこうしている内に、どこからともなくカウントダウンの声が・・・
54321Happy New Year!!!盛大な花火と共に至る所で爆竹やら打ち上げ花火の嵐、嵐、嵐。そしてそこら中で恋人、友達、誰それ構わず、明けましてオメデトウのペソ(ほっぺにキス)。さっきまで陣地取りでいがみ合ってた隣近所も、あら不思議、一緒に新年を祝う者同士へと変貌しています。そして続いてシャンパンの洪水。去年は隣にいた若者集団に思いっきりシャンパンをかけられ、頭やコートなどがベトベトになってかなり気持ちの悪い思いをしたので、今年はなるだけシャンパンを持っていなさそうな人達の間へと潜り込んだのが功を奏し、あまり被害にあわずに済みました。
帰りはシャンゼリゼ通りのイルミネーションを見て帰ってきたのですが、こちらの夜景も素晴らしかった。


「生きているって素晴らしいな」と思う瞬間です。そしてこんな時、このような風景が、ふと自分の人生について、思いを巡らせてくれたりもするんですね。

人生って多分、上がったり下がったりの連続で、良い時もあれば悪い時もある。勢いに乗っている時は世界が輝き、何をしても上手く行く気がするし、逆に悪い時は何をやっても上手く行かない気がする。そして誰の人生の中にも、多かれ少なかれ、そのような「乗りに乗っている時」というのが存在すると思います。そして僕にとっての「その時」は正に「今である」と感じています。

僕は今、人生の中で最も充実し、一番楽しい時の中にいる気がしています。勿論失敗は沢山あり、無茶苦茶落ち込む事もあるけれど、それらを吹き飛ばすくらいの気力があり、何より毎日が輝いている。目の前にある困難に立ち向かうのが楽しいし、「努力して出来ない事は何も無い」、そんな気さえしてくる程です。

でも、ふと振り返ると、去年の今頃も同じ様な事を言っていた気がするんですね。そして今年の今は、去年の今頃に比べて何倍も人生が充実しています。だから来年の今頃は、きっと、もっと面白い事が待っている、そんな予感で一杯です。

地中海ブログも今年で4年目を迎えました。今年も僕の独断と偏見で勝手な事を思い切り書いていこうと思っています。そんな僕の我侭なブログですが、昨年同様、引き続きご愛読頂ければ幸いです。当ブログの読者の皆さんにとっても素敵な年になりますように。そして今年もヨロシクお願い致します。

| 旅行記:都市 | 01:13 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

シャンゼリセのイルミネーション、綺麗ですね。名古屋も名駅のツインタワーや栄でも、綺麗に輝いていますよ。

今年の年越しは雪が降り、積もっていましたよ♪
| travelman-archi | 2010/01/02 1:05 AM |
travelman-archiさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
名駅のツインタワーのイルミネーションはさぞかしきれいでしょうね。ここ数年、年末年始に日本へ帰った事が無いので、すごく懐かしいです。実は31日に、パリでは雪が少し降りました。バルセロナではめったな事では雪は降らないので、こちらも久しぶりに雪を見た気がします。
| cruasan | 2010/01/03 9:16 AM |
コメントする