地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< カタルーニャ美術館(Museu Nacional d’Art de Catalunya(MNAC))開館75周年記念展覧会:ドラゴンの違いに見るヨーロッパとアジアの違い | TOP | パリ旅行2009その1:ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)の超前衛的なデザインを支える基礎デザイン力 >>
今日はクリスマス:山下達郎のクリスマス・イブはヨーロッパのクリスマス事情を暗に意味している気がしたりして

今日は言わずと知れたクリスマス!

長年ヨーロッパに住んでいると、日本とヨーロッパの文化の違いやそのギャップに驚く事が多々あるのですが、その一つがこのクリスマスなんですね。

ヨーロッパの人達にとってクリスマスとは家族と過ごす大変重要なイベント、いわば家族系のイベントです。夜21時頃に家族全員で両親の家などに集まって、深夜までゆっくりと夕食を楽しむと言うのが、伝統的なクリスマスの祝い方だと思います。だからこの日ばかりは公共交通機関も夜22時頃には運転をストップ、タクシーさえ街中から消えます。勿論街中のレストランやバーはほとんどが閉まります。開いているのはごくわずかな観光客用のレストランだけ。街中から人の影がサッパリと消える日、それがクリスマスの夜と言う訳です。

それに対して何処でどう間違ったのか知らないけど、「クリスマスイブは恋人達の夜だ」なんて言って、お洒落なイタリアンレストランで食事をした後、プレゼントを交換して、その後、「ホテル・バチカン」とかいうラブホテルに消えていく・・・なんて事してるのは日本だけ。数限りあるキリスト教のイベントの中でも最も神聖な日に、あろう事か、「ゴシック教会」を真似たホテルの中で恋人と朝まで過ごすなんて、キリスト教に対する冒涜も良いとこですよね(笑)。こんな素晴らしい、もとい、不謹慎なイベント、一体誰が考えたのやら。

さてこの時期、僕の脳裏に甦がえってくるのが、JR東海の伝説のCMです。

「雨は夜更け過ぎにー♪」のアレですね。

何度か聞いている内に、ある重要な事に気が付きました。

「きっと君は来ない。一人きりのクリスマスイブ・・・」。

うん、いくら待っても絶対来ないでしょうね。だって、みんな、家族で食事してるから(笑)。そうか、コレはヨーロッパの事情を歌った歌詞だったのか!!!(半分冗談)ちなみにこの時期、本場ヨーロッパのクリスマスに憧れてコチラへ旅行する日本人の方も多いかと思われますが、24日の夜は上述したように、レストランはほとんど閉まっているので、Mのマークの超有名レストランでチーズバーガーを食べる羽目になる事、120%です。

そんな中僕はと言うと、今年の年末年始はパリへ行きます。久しぶりのパリ!美術館と建築巡りを思いっきり楽しもうと思っています。

それではメリークリスマス!!!

Feliz Navidad!

| バルセロナ日常 | 21:46 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
パリで修行していますショコラティエです。
もし、お時間があるようでしたら、お店にいらっしゃってください!
28日、29日、30日、31日(月曜から木曜)でしたら、お店の地下の厨房にいますので、多少商品の説明とおすすめを紹介できると思います。もしよろしければ、詳しいお店の情報をメール致しますが。別にお店の宣伝ではありません(笑)チョコ好きでしたら是非食べてみてほしいなあと思いまして。ちなみにうちのお店のスペシャリテはバジルのボンボンショコラです。変わったものでは葉巻のボンボンショコラとかがあります。Joyeux Noel !

| はりたしょこら | 2009/12/25 7:44 PM |
はりたしょこらさん、お誘いどうもありがとうございます。
是非伺わせて頂こうと思っていますので、お店の情報など、メールして頂けるとありがたいです(アドレスはプロフィールに載せてあります)。何日の何時ごろになるなどは、ちょっと申し上げにくいのですが、チョコ大好きなので(笑)、今からとっても楽しみです。
| cruasan | 2009/12/27 6:48 AM |
コメントする