地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< パン屋さんのパン窯は何故残っているのか?という問題は、もしかしたらバルセロナの旧工場跡地再生計画を通した都市再活性化と通ずる所があるのかも、とか思ったりして | TOP | チョコレートの匂いがする不思議な街、Viladecansで食べるランチ:SUC Restaurant >>
itchyさんとの出逢い:もう一人いた!欧州プロジェクト・マネージャー
大変嬉しい事に最近はブログを通して色んな方々とお会い出来る機会が多くなってきたのですが、昨日は、ブログに何時も切れのあるコメントを残してくれるitchyさんにお会いする事が出来ました。

(私の記憶が確かならばー)itchyさんが初めてコメントを残してくれたのは約1年くらい前だったと思います。ヨーロッパの北と南の違いに関する内容のエントリを書いた所、「実はそれはイメージであって、現実とは違うんじゃないの?」みたいな大変鋭い指摘をされていたんですね。正直言って「あ、やられた」と思いました(笑)。更に、短いコメントながらも、その行間には体験に裏打ちされたであろう深い知識が見え隠れしていたので、その時以来、僕にとっての「要注意人物」(笑)となりました。

そしてその後、僕が関わっている欧州プロジェクトに関するエントリを書いた際、またまたitchyさんがコメントをくださり、僕が全く知らない様な事まで指摘されているのを見るに付け、「やはり、この人はやり手だ!」と確信するに至ったという経緯があります。

そんなこんなで、「一度是非お会いしたいなー」とは思っていたのですが、名前は勿論、何処で何をされているのか?などは全て謎。文面から、ヨーロッパの北の方でお仕事をされているのでは?と思ってはいたのですが‥‥そんなitchyさんからお誘いのメールを頂いたのが先週頭の事だったと思います。

トントン拍子に事は運び、バルセロナにて、昨日お会い出来る事となったという訳です。

バルセロナでも一・二を争うオシャレな地区、ボルン地区で待ち合わせをして、近くのレストランへと移動。そこで色々なお話を聞かせて頂いたのですが、やはり思った通り、今まで色んな国で沢山の経験を積まれているとの事。どうりで彼のコメントの端々には、書物から得られる薄っぺらな知識では無く、自分の体験としての知識が溢れている訳だ!

「自分の体験に基つく知識の構築」、それこそ僕がココ何年かで成し遂げたい目標であり、今、こうして膨大なお金と時間を注ぎ込んで欧州に身を置いている理由でもあります。何故なら今後、ありとあらゆる情報がデータベース化され、何処に居てもどんな情報でもネット社会の神様=グーグルを通して手に入れる事が出来る世の中においては、経験として身体に蓄積された情報がどんどん価値を持つ時代に入っていくのでは?と思うからなんですね。自分の目で見た情報、耳で聞いた情報、五感を通して体験した情報などが、どんなモノにも代え難い時代がきっとやってきます。そしてそれはお金で買えるものでは無いし、クリックする事で得られるものでもありません。何年、何十年という時間をかける事でのみ、自分の中に蓄積されていくものなのです。

昨日お話を伺っていて、itchyさんは正にそのような事を実践されている類い稀な日本人なのでは?と確信するに至りました。

僕は欧州で5年程、欧州プロジェクトに携わっていますが、未だかつて日本人を見た事はありませんでした。とは言っても、ヨーロッパの大学などで研究職に付いている日本人は年々増えている様ですから、研究者として欧州プロジェクトに関わっていらっしゃる方は結構いるのでは?とは推測はしていました。しかしながら、僕らの様にプロジェクト・マネージャーという立場から、もしくは公的機関(大学じゃなくて市役所や政府)の側から、その国の人々に混じって欧州プロジェクトに参加している人は果たして存在するのか?と思っていたんですね。

そんな状況下、itchyさんの仕事は、僕にとってとても新鮮な驚きでした。(色んな人がいるもんだなー。)

itchyさんのお話によると、EUプロジェクトに関わっている日本人の方をもう一人ご存知だとか。itchyさんとも話していたのですが、欧州に限らず、世界中で欧州プロジェクトに関わっている日本人ネットワークが出来たら、素晴らしい事だと思います。ネットワークを作って、欧州の悪口、失敬(笑)、情報交換をしましょう!

Itchyさん、今日は貴重な時間をどうもありがとうございました。今後ともヨロシク御願いします。

P.S.
今日行ったレストランはボルン地区にあるカタラン料理のレストランなのですが、すごく美味しかったです。しかし、話に夢中になるあまり、写真取るのを忘れた!
| EUプロジェクト | 21:36 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする