地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 在バルセロナ&観光客の皆さん注意です!:バルセロナの地下鉄スリの典型例 | TOP | ヨーロッパの賃貸向け公営住宅(ソーシャル・ハウジング)の問題 >>
地中海連合:バルセロナーバレンシア軸連結問題
昨日はサンツ駅前にあるカタルーニャ州政府関連機関でミーティングがあったのですが、ミーティング中や休憩中、何気に地中海連合の話題、その中でもバルセロナ−バレンシア連結問題がにわかに活気付いている感じを受けました。

1995年以来、地中海地域(地中海の軸)の首都になる事がバルセロナの長年の夢だったのですが、去年の冬、奇しくもオバマ大統領が当選を決めた正にその日に、サルコジ仏大統領の助けを得て(情けない!)、ようやく地中海連合の常設事務局がバルセロナに置かれる事が正式に決定したんですね(地中海ブログ:地中海連合(Union pour la Mediterranee)の常設事務局はバルセロナに)。

それ以来カタルーニャは南フランスとどのように連携を図るか?という議論は結構積み重ねてきたし、新聞記事などの効果もあって、市民も相当な関心を払うまでになったのですが、その反対に、カタルーニャから下のエリアとの連携、バレンシアやアルヘシラスとの連結に関しては、はっきり言って沈黙を通してきたという事実があります。

何故か?

何故なら何にも考えてないからです(笑)。

半分は冗談、半分は本当なのですが・・・まあ、ココにマドリッドが一枚噛んでいるから問題が厄介になっていると言う事は言えると思います。つまりハブ空港(バラハス空港)を持ちつつ、その一方で港を持って無いマドリッドが「バレンシア港と連結したい」という下心を抱いている事と、「バルセロナ港とバレンシア港が高速鉄道で連結されたら、首都よりも競争力が強くなってしまって大変困る」というちょっとセコイ思惑を抱いていると言う事(その辺についてはコチラ:地中海ブログ:地中海連合(Union pour la Mediterranee): ペルピニャン(Perpinan)―モンペリエ(Montpellier)間の高速鉄道(AVE))。

でもスペインという国としてみた場合、両港の連結はシティ・リージョンという強力な競争力を持つエリアを創出する事が出来るという観点から見て、大変に有意義だと思うんですね(シティ・リージョンについてはコチラ:地中海ブログ:サラゴサ(Zaragoza)の都市戦略)。ちなみにバルセロナ港というのは、貨物量と交通量で言うとスペイン一で、コンテナ量で言うと3番目。船旅ビジネスにおいては世界第四位の地位に付けています。バレンシア港の規模もバルセロナ港とほぼ同じです。

そんな訳で、僕はずーっと、「カタルーニャとバレンシアの連結を一刻も早く考えるべきだ!」と言い続けてきたのですが、その甲斐あって(?)、ココに来て、両都市の連結議題が少しずつ熱気を帯びるようになってきました。まあ、僕のロビー活動が幸いしたというのは半分冗談で(笑)、実は3週間ほど前に、バレンシア出身の地理学者であり、今年のRamon Trias Fargas賞の受賞者であるJosep Vicent Boiraがカタルーニャとバレンシアの連結に関する著作(La Commonwealth catalano-valenciana. La formacio de leix mediterrani al segle XX. Les relacions economiques de Catalunya I Valencia)を発表したのが契機になったと思われます。彼はその著作の中で、Commonwealthという言葉を使って、カタルーニャとバレンシアが歴史的に協働してきた経緯などを引き、今回の地中海連合における「地中海の軸」が実現される事による経済・社会的インパクト、社会的統合や文化的交流などによる有益性など、数値などを多用しながら理論的な議論を展開しています。多分、今後彼のこの著作が「地中海の軸」を後押しする理論書として利用されるのは間違いないでしょうね。

更に先日の新聞(La Vanguardia 25 de Octubre 2009, P18)にはアンダルシア地方からフランスまでを結ぶ2つの案が詳細に検討されたリポートが載っていました。このリポートは既に10月末に欧州委員会の方に提出されたという事なのですが、面白かったのでちょっと紹介しておきます。

一つ目の案はアルヘシラスーマドリッドーイルンーリヨンという案で、もう一つはアルヘシラスーバレンシアーバルセロナーリヨンという案。前者の総距離は2200キロで1.000トンを運ぶのにかかるコストは94.000ユーロだそうです。それに対して、後者(地中海軸)の場合は、総距離が1.700キロで70.000ユーロで済むという計算結果が出ています。更に様々な交通手段による経済比較も載っていて、1.000トンのモノを1Km運ぶのに、トラックだと87.8ユーロかかり、船だと22.5ユーロ、電車だと17.9かかるという事です。

何はともあれ、地中海の軸構想、熱っぽく行きましょう、熱っぽく。



P.S.
昔、南野洋子が田代正志と主演していた病院ドラマで「熱っぽいの」っていうのがあったなー。ちなみに主題歌を歌っていたのはWINK。
| 都市戦略 | 18:22 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする