地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 今日から仕事始め2009 | TOP | Graciaにある小さなポルトガルカフェ A Casa Portuguesa:Pastel de Belenが凄まじく美味しいカフェ >>
ファビアン(Fabien Girardin)君来る:つけて味噌かけて味噌が大人気!
とあるプロジェクトの打ち合わせの為に、友達のファビアン君が昨日までバルセロナに滞在していました。

彼とは、もう、かれこれ5年もの付き合いになる大の仲良し。ちょっと前までボストンのマサチューセッツ工科大学のメディアラボに研究員として滞在していたので、なかなか会う機会がなかったのですが、どうやら心機一転、バルセロナに戻ってくるとか何とか。

彼については事ある毎に当ブログで何度か言及してきました。(地中海ブログ:携帯電話を用いた人の移動軌跡データに関する雑感、地中海ブログ:観光客の移動軌跡: Digital footprinting: uncovering the presence and movements of people from user-generated content by Fabien Girardin)。

彼と出会った頃、そう丁度僕がバルセロナ市当局で働き始めた頃に、ビーチの見えるカフェで散々繰り返したディスカッションが、「今までの人生の中で最も濃密な時間だったかもしれない」と思えるくらい、刺激的だったのを覚えています。今、形になってきている都市や交通分野のプロジェクトのほとんどは、あの時しゃべっていた事が元ネタになっていると言っても過言では無いと思えるくらいですから。

それらを纏めた彼の博士論文の公開審査が行われたのが7月。バルセロナ市内のポンペウ・ファブラ大学(Universidad Pompeu Fabra)の講堂だったのですが、有名人だけあって、さすがに講堂内は満員。Yahoo Research のDirectorや交通分野の世界的権威Jさんとか、そうそうたるメンバーが外部ジュリーを勤めていました。Jさんを紹介したのは勿論僕なんですが、Jさん、さすがに自分の分野だけあって、無茶苦茶するどい突っ込みとか入れるから、焦っちゃいましたよ(笑)。

昨日の夜は、ファビアン君と、ヨーロッパで最も革新的なベンチャー企業の一つ、Bitcarrierのマルティン君と3人で夕食会。一応、僕が主催者だったので、日本食をと思い、豆腐を買ってきて、日本から持ってきた「つけて味噌かけて味噌」を出したら、もう、皆、大満足。「何、コレ???見た目は悪いけど(笑)、食べた事無いくらい美味しい!!!」とか言ってたし。多分、コレ聞いて一番驚いているは「かけて味噌」本人だろうな。海外でこんなに受けるとは夢にも思わなかったでしょうし、これだけ喜んでもらえれば、かけて味噌も本望でしょうね(笑)。

そんなこんなで夜は更けていったのですが、又、このメンバーで、何か新しい事が出来たらなと思えるくらい、楽しい夜でした。
| バルセロナ日常 | 20:23 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
いつも興味深く拝見しております!
つけて味噌いいですねー。あの双子のCMは今でもやっているのでしょうか?
私は献立いろいろ味噌(笑)を使いますが、ナスとひき肉を炒めて味噌を絡めてパスタと混ぜて食べてもおいしいですよね。辛いのが嫌いじゃなければ鷹の爪をのせても旨いです。
| mitxiko | 2009/09/15 6:49 AM |
mitxikoさん、コメントありがとうございます。
ナスとひき肉の味噌味ですか!考えただけでヨダレが出てきそうです。
味噌って、本当になんにでも合うんですよね。
スペインの生ハムに負けないくらいの偉大な発明だと思います(ちょっと言い過ぎでしょうか)。
| cruasan | 2009/09/16 12:08 AM |
コメントする