地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< スペインで働くという選択肢:長期滞在を見込んだ建築家の場合その3:短期滞在と長期滞在に取るべき戦略の違い | TOP | ドメネク・イ・ムンタネール(Lluis Domenech I Montaner)によるサン・パウ病院(Hospital de la Sant Pau)の横に新しい病院棟完成 >>
バルセロナの食べ歩き方:バルセロナで食べる本格イタリアン・ジェラードのお店:CREMERIA TOSCANA
暑い、非常に暑い日が続いております。なんか、お天気お姉さん曰く、アフリカの方から熱波が押し寄せて来てて、スペインでは殺人的な日々が続いているとか何とか。と言っても、日本みたいにジメジメはしてないので、歩くだけで汗がダラダラ、不快感指数300%という事は無いのですが、日差しが強いので、もう、それこそ、日向に出ると皮膚に刺さって痛いという感じです。

さて、こんな暑い日にはヒンヤリしたものが食べたくなると言うもの。冷たい物と言えば、勿論アイスクリームです。「チュー、チュー、チュチュ」ですね。(知らない人はコチラ:)



僕は勿論リアルタイムでは知らないのですが、榊原郁恵って、昔は相当なアイドルだったんですってね。ものまね王座決定戦の、あの赤いジャケットを着たイメージしか無い僕には、想像も付きませんが。(どうでも良いですね(笑))

さて、今日はバルセロナで食べられる飛び切り美味しいイタリアン・ジェラードのお店を紹介したいと思います(実は以前紹介したとばかり思ってググッてみたけど出てこなかった・・・)

コンタクト
Address: Muntaner 161
Tel: 935393825

多分この店は、地元の人しか知らない穴場中の穴場。知る人ぞ知るという名店です。



角っこにある小さな店なので一瞬見逃してしまいがちなのですが、夏場、特に夜中には行列が出来る程の人気店です。フルーツを「これでもか!」と沢山使って作ったと思われるその粘っこく果汁満点のジェラードは、一度食べたら誰もが虜になるはず。



今日頼んだのは、レモン味とヨーグルト味のジェラード。暑い日&ちょっと食べ過ぎた食後などには、このコンビネーションに限ります。ちょっと酸っぱいジェラードは、街路の暑さを吹っ飛ばしてくれるかのようです。(ジェラードって誰が発明したのか知らないけど、ノーベル賞級ですよね。)

こんなに濃厚で、こんなにボリューム満点なのに、その値段、何と2.5ユーロ!!!しかも2種類の味を注文出来て、イタリアン・ジェラードらしく、カップからはみ出るくらいにサービスしてくれます。これで2.5ユーロは本当に安い!!!

いやー、本当に美味しい!夏はやっぱりコレに限ります。
| レストラン:バルセロナ | 23:43 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
暑いですね。もう毎日我慢大会です。

ココ、BornのSanta Maria del Mar教会の近くに2号店があります(Muntaner店の様に座れるスペースはないですが)。チョコ屋Buboのお向かい。青リンゴ味が大好きです。
| M | 2009/07/05 7:08 PM |
Mさん、コメントありがとうございます。
そうなんですか、全く知りませんでした。さすが食通のMさんです。
実は早速今日行ってきました。青リンゴが無かったので、それを口実に又今度行ってみようと思っています。
| cruasan | 2009/07/06 4:43 AM |
コメントする