地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< デイヴィッド・チッパーフィールド(David Chipperfield)の建築 :裁判都市(La Ciutat de la Justicia)その2:彫刻的階段による天井のデザイン | TOP | 渡辺千賀さんのOn Off and Beyondで「海外で働いている人の体験談募集」というエントリがあったので:スペインの場合 >>
ユーロビジョン(EuroVision Song Contest)2009:快挙!日本人(若田光一さん)初参加(ちょっとだけだけど)!!!
今年もこの季節がやってきました。毎年首を長―くして待っているヨーロッパ最大の歌の祭典であり、ヨーロッパの紅白歌合戦と名高い、ユーロビジョンの季節です。

「ユーロビジョンって何???」っていう人の為に簡単に説明しておくとですね、ユーロビジョンというのは、ヨーロッパの各国がそれぞれ代表歌手一人(一グループ)を選んで歌を歌い合い、全員が歌い終わった所で各国が投票をし順位を競い合うという、ヨーロッパ中の国と国の意地をかけた戦いです。

まあ、とは言っても、半分は冗談なんですけどね。でも、そんな半分冗談なんだけど、ヨーロッパ中が参加している人気番組という事もあって、動くお金が半端じゃない事も確か。ちなみに去年の視聴率は78%というコレマタ冗談のような数字を叩き出し、10億規模の経済効果があったそうです。(詳しくはコチラ:地中海ブログ:ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest)に見るヨーロッパの多様性と政治状況

さて、今年のスペイン代表はソラーヤ・アルネラス(Soraya Arnelas)だそうです。彼女はスペインのASAYANこと、大人気のオーディション番組、オペラシオン・トリウンフォ(Operacion Triunfo)出身の人気歌手です。

(ココだけの話、僕はオペラシオン・トリウンフォの大ファンなんですね。だって、面白いんだもーん(笑)。先々週から始まった2009年度版も毎週欠かさず見ています。スペインらしく、終わるのが午前1時なんですけどね。職場のみんなも結構見てて、木曜日はみんな眠たそうな顔をして職場に来ます。)

さて、そんなオペラシオン・トリウンフォ・マニアの僕の記憶が正しければ(私の記憶が確かならばー!)、元々スチュワーデスで、歌なんか歌った事も無かったというソラーヤが始めてテレビに登場したのが2005年の事だったと思います。映像があるかな?と思って探してみたらやっぱりあった。さすがYoutube!!!



結構印象に残ってて、というのもコレが初めての舞台とは思えない堂々とした歌いっぷりだったからです。しかも英語だし(Run to you)。既にこの頃から大物の予感を醸し出していましたね。今日はどんな舞台を見せてくれるか楽しみです。

それとは別にちょっと気になる事があったのですが、というのも今年のステージのデザインを手がけたのはニューヨークを拠点とするデザイナーJohn Caseyだそうなんですね。で、彼はロシア・アバンギャルドに大変興味を惹かれているとか何とかで、こんな発言をしています:

かつて1998年のモスクワでのTEFI賞でロシア人と仕事を共にした頃よりも前から、ロシア・アヴァン ギャルド期の芸術、とくに建築家に着想され、ひきつけられてきた。大会の舞台のデザインには、ほぼ全てが異なる種類のLEDスクリーンで構成される、現代 的なロシア・アヴァンギャルドを持ち込むことに挑戦した

ロシア・アバンギャルドについてはコチラ(地中海ブログ:エンリック・ミラージェス(Enric Miralles)の建築その3:バラニャ市民会館(Centro Civico de Hostalets de Balenya)に見る建築の質:実際に建築を訪れる事の大切さ

舞台デザインがロシア・アバンギャルドかどうか?というのは一先ず置いといたとして、床壁一面LEDスクリーンというのはちょっとすごい。しかも局所的に曲面にもなってるし。僕が小学生くらいの時にやっていた「Zガンダム」のオープニングで、コクピットの中が360度スクリーンっていうのがあって、小学生ながらにナカナカ良いイメージだなと感心していたのですが、それも結構現実になるのかなー?とか期待してしまいますね。



そうこうしている内に我らがスペイン代表、ソラーヤの番が回ってきて、堂々と歌い上げたか、と思ったら、ココでビックリな事が起こりました。何と、宇宙ステーションからの激励の言葉とかで、日本人宇宙飛行士の若田光一さんが、宇宙から英語でユーロビジョンに激励の言葉を送って来てくれました。

やりました、日本人のユーロビジョン初参加です!!!快挙です!!!ビバ・ハポン!!!

追記:先程(現地時間0:10)結果が出ました。今年はノルウェーが歴史的な勝利を収めました。スペインは下から2番目・・・来年がんばりましょう。
| サブカル | 23:17 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
こんにちわ〜。隠れユーロビジョンファンってけっこういるような。
目を疑ってしまうすごいレベルのだささとかキッチュなものが
満載で毎回笑えます。でも、モスクワは真剣だったようで、たしかに
セットにお金かかってました。あと、オープニングのサーカスは、
最初、ボルショイサーカス?と思ってみてたら、シルク・ド・ソレイユ
みたいで、さすがに洗練されてました。
ただ、今回は疲れていて途中で寝てしまってスペインのところを見なかったので、若田さんが出てたなんて、知らなくて残念(笑)
ソラヤはいろいろ叩かれてかわいそうでしたね。金髪じゃ逆に目立たない
とか、歌が下手とか・・・。ま、みんな半分冗談なんでしょうね。

| Kyoko | 2009/05/21 8:21 PM |
kyokoさん、こんにちは。
いやー、若田さんには本当にビックリしました。まさか!!!という感じでしたから(笑)。ソラヤは可哀想でしたね。下から2番目につけるような下手な歌い方はしてなかった気がするのですが・・・チキチキより下というのは、本人自身かなりショックなのではと思います。

実は僕の周りでもユーロビジョン隠れファンが多くって、月曜日の話題はユーロビジョンで持ちきりでした。
| cruasan | 2009/05/23 6:24 AM |
コメントする