地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< カサ・バトリョ(Casa Batllo)とサン・ジョルディ(Sant Jordi) | TOP | ワイン観光について:ワイン貯蔵庫の生き残り戦略:ワインと建築の協働 >>
バルセロナの食べ歩き方:クロワッサン(cruasan)篇:カウントダウン第7位:Hofmann
だいぶ間が空いてしまいましたが、バルセロナのベストクロワッサンのカウントダウンを続けたいと思います。第7位にランクインしたのは、旧市街はボルン地区(barrio del Born)の細い通りに位置するHofmannです。

コンタクト
住所:Flassaders, 44
Tel : 932688221



店頭には見事なお菓子の城が、店内には所狭しと美味しそうなお菓子が並んでいます。



このお店には色んなバージョンのクロワッサンが用意されていて、ノーマルタイプは勿論、ナッツ入りとかジャム入りとか。



どれも試して見たかったんだけど、今日は一先ずアーモンド入りとジャム入りを試してみる事にしました。

先ずはアーモンド&シナモン入り(cruasan con almendra y canela)から。



表面にたっぷりと砂糖が塗ってあるのが分かると思います。超甘党の僕には堪らない外観です。で、パクリ。ん?一口食べた瞬間に「何処かで食べたような味だな」と思ったんですね。でも何処で食べたのか?が思い出せない。何処だ?何処だ?・・・「そうか、昔大好きだったミスター・ドーナツのツイストに似た味だ!」と思い出しました。大好きだったんですよね、ツイスト。去年の夏、一時帰国した際に久しぶりに食べようと思ってミスタードーナツへ行ったのですが、もう作って無いと言われてしまい大ショックでした。このクロワッサンはあんな感じなので、ツイストが好きだという人には、堪らないと思います。

さてお次はジャム入り(cruasan con frutos del bosque)を試してみます。



中を開くと、たっぷりとジャムが入っているのが分かります。で、パクリ。ジャムの酸味が利いていて、表面の砂糖と程好くマッチしています。コレは珍しいクロワッサンです。しかもとっても美味しい!

ここのクロワッサンは全体的に甘党系=ミスター・ドーナツ系です。そっち系の人には大のお勧め店ですね。
| レストラン:バルセロナ | 22:27 | comments(2) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
12月3日から1週間 バルセロナに行きます。クロワッサンのおいしい店とチョコレートのおいしい店を教えて下さい。

38年ぶりに行くバルセロナです。当時はガウディの建物を見学するのが目的でしたが、建築を忘れて 行こうと思います、
| genji tsutsui | 2012/09/23 8:57 PM |
genji tsutusiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

クロワッサンの美味しいお店は、Gran via沿いにあるEscribaが良いのでは?と思われます。中心街に近く、行き易いですし。チョコレートもかなり美味しいです。お菓子では有名店ですので、住所等は検索すれば簡単に出てくると思います。

バルセロナでのご滞在、是非楽しんでください!
| cruasan | 2012/09/23 11:37 PM |
コメントする