地中海ブログ

地中海都市バルセロナから日本人というフィルターを通したヨーロッパの社会文化をお送りします。
<< 地中海連合(Union pour la Mediterranee): ペルピニャン(Perpinan)―モンペリエ(Montpellier)間の高速鉄道(AVE) | TOP | バルセロナ賃貸住宅価格事情:2008年第4四半期:賃貸住宅価格下落 >>
バルセロナの食べ歩き方:クロワッサン(cruasan)篇:カウントダウン第9位と第8位:Montserrat del RocとBolet
前々回のエントリ、「バルセロナにて村上春樹氏による講演会」の続きです。

講演会に入れなかったので、その腹いせにクロワッサンのヤケ食いツアーをしました。ツアーといっても一人ですけど(笑)。最初に行ったお店はクロワッサン特集第9位にランクインしたお店、Montserrat del Rocです。



コンタクト
住所:Travessera de Gracia 172
電話番号:932184743

場所は我が子のようにかわいいグラシア地区。偶然にも、講演会が行われた図書館と同じ建築家がデザインした図書館のまん前にあります。嫌味かー!!!



(余談ですが、この図書館のデザインはナカナカ良いですね。多分、コノ図書館の建築家ジョセフ・リナスの傑作に数えても良いと思います。)





その図書館を見ながらお店のショーウィンドウを見ると、コレマタ、美味しそうなお菓子と一緒にクロワッサンが並んでいます。



店内は昔の趣を残す懐かしい感じの駄菓子屋さんっぽいかな。早速クロワッサンを注文。で、早速パク。「ん」、なんとなく懐かしい味。何処かで食べた味だなー、と思いながらもナカナカ思い出せない・・・。3分後、「そうか!ポルトガルのクロワッサンの味に似てる!」

ポルトガルのクロワッサンというのは、フランスのそれに近いと思うのですが、ちょっと小さめで中身が濃いという特徴があります。ためしに後日、友達のポルトガル人を連れて食べに行ったら、彼も「うん、コレはポルトガルのクロワッサンだ!」と言っていました。バルセロナでポルトガル味のクロワッサンを食べられるのは、そう多くは無いと思います。モノ珍しさに試してみる価値ありかも。(値段は一つ0.75ユーロ)

さて、そんなクロワッサンを頬張りながら、次に目指すは第8位にランクインしたお店、Bolet。



コンタクト
住所:Major de Sarria 122
電話番号:932031974

場所はサリア地区です。「サリアかー、グラシアからはちょっと遠いなー」とか思いつつも、時間もあった事だし行ってみました。場所を携帯で調べてみたら、なんと第10位のお店の直ぐ近くじゃないですか!道を挟んで丁度反対側くらい。(行き方はこちら:バルセロナの食べ歩き方:クロワッサン(cruasan)篇:カウントダウン第10位:Foix de Sarria:地中海ブログ)

小さなお店ですが、ショーウインドウの飾りが素敵です。



店に入ると、とっても元気で愛想の良いおばさんが出迎えてくれました。で、クロワッサンを一つ。



で、早速パク。「うーーん」、ちょっとパサパサしてて、脂っこい。イマイチかな。ここのクロワッサンは僕の口にはちょっと合いませんでした。(値段は一つ1ユーロ)
| レストラン:バルセロナ | 22:48 | comments(0) | - | このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする